SEO対策でペナルティにならないように注意する

被リンクはSEO対策の要です。なかなかリンクもらえないし、時間はかかるし。それでも簡単に増やして行く人もけっこういるのですね。

羨ましい限りです。被リンク集めをしたいのだけれど、相手探しで悩まされ経験してきたことなのではないでしょうか。

せっかくお気に入りのサイトを見つけたのに、相手が自分のサイトよりもページランクが上で断られたり、ってことはよくあることです。辛いですね、被リンク。被リンク集めは、ときには精神的にもかなりの苦痛をともなって。なかなかできないのが原因で、とうとうSEO対策を止めてしまった友人がいました。かなり努力してたんですが、とうとうやる気さえなくなってしまったのですね。残念です。

被リンクの増加を目指している方は、多いのではないでしょうか。サイトを運営している方ならば、やはり検索で上位に表示されることを目標としている方も多いでしょう。そして、被リンク増加には他サイトの存在が欠かせないのです。

他サイトは、リンクしてもらうために必要なのはもちろんですが、その方法はいくつかの種類に分けることができます。最も一般的な方法の一つ、相互リンクでは、互いに了承をすることで高い効果を得ることができます。

しかし、自動で相互リンクを増やすサービスを使っていると、逆効果になってしまう可能性があるので、注意しましょう。

サイトのみならずツイッターのような、サイト外のサービスを積極的に利用していくことが、被リンク増加につながるのです。

SEO対策でブラックハットSEOやそれに準ずるグレーな手法はこれまで必ず通用しなくなる歴史を辿っています。その場かぎりの対策や過剰なSEOのテクニックに頼り過ぎないように十分注意したいところです。

たとえば陥りやすいミスとして、サイトに自ら悪意のある隠しリンクをすることはないと思いますが、気が付かずにペナルティとなる可能性があるので気をつけてください。

クローキングにも注意が必要です。特にモバイルサイトでは、3キャリアのユーザーエージェントを見てサイトを振り分けることが一般的に行われてきました。

クローラーだけに見せるページをあらかじめ用意しているだけでクローキングとなりペナルティとなる可能性もあります。またキーワードの連呼や出現数も検索エンジンからペナルティを受ける対象なので控えるのが無難です。

今はウェブサイトがそのまま広告となり。気軽にインターネットができる現在では、自分自身のホームページやブログをもつ方もけっこういまして、そうしたウェブサイトに日々日記をかく人も増えていますね。

たとえば、日記にスイーツに関しての記事を書いたとします。自分のお気に入りのお店なんかも紹介したりするでしょう。

このとき、そのお気に入りのお店のサイトアドレスを明記して、html言語でリンクを貼ったりしますね。そこをクリックすれば、すぐにそのお店のサイトへ飛べるという状態です。これは一つの広告ですよ。今はこうした広告がいわばあたりまえのようになっています。また、このリンクを貼った状態が被リンク。この被リンクが増えれば増えるほど、そのお店のサイトは質が高いと検索エンジンのロボットに認識されるのですね。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンは、各ウェブサイトページの情報を読み取って検索結果に反映させています。

対象キーワードを含んだテキストにより、検索キーワードにマッチングして表示されます。

検索エンジンは充実したコンテンツを持つサイトや、適度に被リンクのあるサイトを好みます。

逆に中途半端なコンテンツや、被リンクだらけのサイトページを拒否する傾向があります。

ですから自分のサイトを良質なものにするよう、努力をしなければなりません。バランンスの取れた良いサイトを構築することにより、良質な被リンクをゲットしやすくする環境にすることができます。

良質な被リンクを獲得する方法については、ディレクトリ型検索エンジン登録や、テキストリンクサービス、相互リンクなどもあります。