SEO対策にサテライトサイトを作ってみた感想

4月のペンギンアップデートが起こってからしばらくはパンダ以外ではグーグルの動きもあまり見られなかったのですが、ここ最近はまたペンギンらしき動きが活発化しているように感じます。

自分のメインサイトの順位が上がったと思ったら実は上位表示されていた他のサイトが複数圏外へ行っていたなんてことも最近よく見かけます。

個人的には私は今まで貼った被リンクをはがす行為はどちらかというと否定的だったのですが、最近はあえて過去に貼った被リンクをはがす事もしています。

もちろん、ただはがすだけではなくてその後は他のブログなどから新しく被リンクは送ります。

被リンクをはがすという事だけを考えれば、良いか悪いかという話は意見が分かれるかと思います。

ただ、過去に送った被リンクを消してメインサイトの順位が下がるようであれば、そのリンクは効果があるものと判断できます。

そういった意味ではリンクをはがすという行為は、自分の被リンク元のサイトなりブログなりがグーグルからどのように判断されているのかを簡単に見極められる方法の1つとも言えます。

被リンク対策を行う場合には、サテライトサイトが必要です。

SEO対策を意識するなら、必ずサテライトサイトは運営するものになると思ってください。

それでは、被リンク対策というものですが、特にサテライトサイトで重要視しなければいけないのがテーマの設定です。

単にリンクを掲載したようなサイトを作ればいいだけではありません。

正しいテーマを設定したうえで、サテライトサイトを作ることが求められているわけです。

テーマ設定ですが、本サイトに関連することが重要になります。

たとえば、特定のクレジットカードを紹介するサイトが本サイトだとします。

サテライトサイトは、「クレジットカードの審査内容」、「クレジットカードン活用方法」といったテーマにするわけです。

関連テーマでなければ、サテライトサイトの役割は果たせないと思ってください。

趣味でやっているブログのアクセス数を増やす為に、SEO対策を施すことにしたのですが、思うようにリンクが集まりません。

大小さまざまなブログに相互リンクのお願いをしているのですが、実際にリンクを貼ってくれたのは、その中の三割程度って所です。

自分でもメインサイトにリンクを貼る為のサイト、所謂サテライトサイトを作ってみたのですが、サテライトサイトもしっかりと更新したりSEO対策を施さないと、大量にサテライトサイトからリンクを受けても意味が無いそうですね。

他のサイトや、過去のページから文章をコピーするのは、無意味どころか逆効果とも聞きます。

私はサテライトサイトを1つしか作ってないので、何とか更新するネタもあるんですが、大量にサテライトサイトを抱えている人は、更新内容をどう用意しているのかちょっと気になりますね。

被リンクを増やすために有効な手段として、サテライトサイトを作ることが挙げられます。

ご自身で主体となるメインサイトに関連があるサイトを作り、

メインサイトへリンクを貼るというものです。

コンテンツを分けることで、入り口が広くなりますので、

メインサイトへの被リンクも確実に増えます。

しかし、ここで注意したいのがメインサイトの内容です。

せっかく被リンクの効果があっても肝心なメインサイトの内容が薄いのでは、

意味がなくなってしまいます。

メインサイトで何を伝えたいのか?

サテライトサイトではメインサイトへ繋げるために何を伝えるのか?

それぞれを明確にすることで、はっきりと被リンクの数字に現れてくるでしょう。

サテライトサイトはブログ形式でも良いので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?