SEO対策の内部要因とは?

Googleウェブマスターツールはサイト運営者にとって必須ツールです。

そして、ウェブマスターツールを利用している人でも知らない人がいると思われるのが、「自サイトへの被リンク数の確認」がこのツール上で行えるということです。

方法は、ウェブマスターツールにログインしたあと、「検索トラフィック」をクリックし、「リンク数の最も多いコンテンツ」か「最も多くリンクされているコンテンツ」の下部「詳細」をクリックします。すると、あなたのサイトのどのページが外部からリンクされているのかわかるのです。

そして、左側の「リンク数の最も多いコンテンツ」を見て、ドメインを検索し、そこが自サイトと相互リンクしている先であれば、リンク数が多いサイトを優先的に記事内で紹介しても良いでしょう。

こうして良質なコンテンツとリンクを共有していくことがとても大事なのです。

SEOとはサーチエンジン最適化のことですが、

ご存じの通り、サーチエンジンでは、

重要性の高いページほど上位に掲載刷るように出来ています。

そこでSEOで良い結果を出そうと考えるのならば、

このサーチエンジンにページの重要度を認識させなくてはなりません。

ページの重要度を上げるために、是非考えておきたいのが被リンクです。

この被リンクというのは、

外部からリンクをどれだけ受けているのかというもので、

一般的に、被リンクが多いページほど、

外部から重要な情報と見なされていると言える傾向があるのです。

つまり、サーチエンジンによるページの重要度を上げるためには

被リンクか重要になってくると言うことなのです。

そのためSEO対策の基本の一つとして考えられているのです。

SEO対策として被リンクを増加させる方法のひとつをご紹介します。あなたのサイトのほかに、同じ会社でサイトを公開している、もしくは得意先のサイトがある場合、そのページにあなたのサイトのリンクをはってもらうという手法もあります。

注意しなければならないのはただ貼ってもらえればいいというわけではなく、貼るページの位置が大切になります。

もっとも理想的なリンクを貼るポイントは、サイトのトップページです。サイトの中で最も多くの人が閲覧するのがトップページです。

そのページからリンクをたどることでそれそれの情報への導線が敷かれていますから、トップページ以下の階層にリンクを貼ってもらってもだんだんと効果が薄くなっていくのです。

自分のウェブページを検索エンジンの上位に掲載させるために必要なSEO対策ですが、SEO対策の内部要因とは何なのか?簡単に説明したいと思います。

SEO対策の通説は、外部要因と内部要因に分かれます。

内部要因とは自分のウェブページ内でSEO対策が可能なものです。

・〈title〉タグに含まれるキーワードが重視される。

・Hxタグも重要。サイトコンテンツの構造に沿って、大見出し・小見出しのタグを使用すること。

・〈strong〉〈em〉タグも有効である。

・サイトコンテンツの内、キーワードは全体の5%程度にしておくこと。あまりおおくのキーワードを使用すべきではない。

・フレームは一切使用しないこと。
などのポイントが内部要因対策として挙げられます。

被リンクを増やすことは、検索ランキングの上位に入ることにつながり、ランキングの上位に入ることは必然的にアクセスアップに繋がります。

さて、様々ある被リンク対策の中から、懸賞を使うというちょっと変わった方法をお伝えしましょう。

SEO的に非常に有効な手段でして、多くの企業も実践しています。

これは、懸賞を実施することにより、アクセスを集めて、商品やサービスを紹介、

メルマガに登録などにも繋げる事があります。

そして、懸賞情報に登録すると、大きな被リンクアップにもなるでしょう。

今ではYahoo!、gooなど、懸賞情報が当たり前にありますので、そこに登録してもらうことで、大手のサイトから被リンクを獲得できます。

定期的に行うとその力は絶大ですので、ぜひ検討してみてくださいね。