SEO対策と内部リンク

ウェブページを持っている人は、被リンクを増やすために何かしらの策を講じているという方も多いのではないでしょうか。

特にアフィリエイトサイトを所有しているという方は、被リンクを増やすことが成功への第一歩と言えます。

では、被リンクを増やすためにはどういった方法があるでしょうか。以下でいくつかみていきたいと思います。

1.相互リンク

ページ同士でリンクを行う相互リンクは、被リンク数を増やすための方法の基本中の基本です。ただし、恣意的に相互リンクを作成しすぎるといったことを行うとGoogleかた処分の対象となる可能性があるため注意が必要です。

2.サテライトサイトの作成

サテライトサイトの作成は、効果の高い被リンクの方法の1つです。メインとなるサイトに誘導するサイトを多数作成することになりますが、あまり内容が薄い場合には、効果がほとんど得られないケースもあるため注意しましょう。

ホームページは、様々なタグによって成り立っています。

被リンク対策においては、これらのタグとキーワードの使い方が大きなカギを握っているのです。タグの中でも特に重視されているのがタイトルタグです。ページの最上部に表示され、検索エンジンも重視するものです。

このタイトルタグ部分に重要なキーワードを利用することによって、このサイトによる被リンクの有効性が飛躍的に高まるのです。しかし、注意点もあります。それはキーワードを詰めすぎないということです。客観的にみて不自然なキーワードの羅列になってしまいますと、検索エンジンも不審だと判断しかねません。特に重要なタグ部分であるだけに、慎重にキーワードを選ぶ必要がありそうです。

自サイト内の記事同士でリンクを貼り合う「内部リンク」のSEO対策的効果はどうなのでしょうか。昔は内部リンクも被リンクの1つとしてSEOに数えられていましたが、現在はユーザーにとって有益なサイト作りの一環として、非常に有効な手段といえます。

内部リンクは、記事内のワードから関連記事へつなげるリンクと、関連記事として、その記事を読んだ人が興味を持ちそうな他の記事へのリンクのリストの2種類があり、どちらも積極的に設置したほうがいいリンクです。

また、同内容の新しい情報更新記事を書いた時には、古い記事から新しい記事へもリンクを貼っておくと、ユーザーにとっての利益があがります。関連記事リストもツールまかせではなく、自分で選定するようにすると、よりナビゲーション効率もアップするでしょう。

自分で運営しているサイトのアクセスがこのところ伸び悩んでいるので、今は被リンクの数を増やすことに励んでいます。

被リンクというのは他のサイトからリンクされることなのですが、被リンクの数が増えるとそのサイトからの訪問者が増えるだけでなく、検索エンジンでのページランクもアップするんです。

今はyahooやgoogleなどの検索エンジンからサイトに来る人もとても多いので、ページランクが上がって表示される位置が上に来れば、それだけ自分のサイトのアクセスもアップします。

被リンクを増やすために今はまず有名なサイトと相互リンクしたり、自分のサイトを充実させたりしています。被リンクを増やすには地道な努力が必要ですが、必ずアクセスアップにつながると思っています。