カテゴリー別アーカイブ: seo対策2

SEO対策と内部リンク

ウェブページを持っている人は、被リンクを増やすために何かしらの策を講じているという方も多いのではないでしょうか。

特にアフィリエイトサイトを所有しているという方は、被リンクを増やすことが成功への第一歩と言えます。

では、被リンクを増やすためにはどういった方法があるでしょうか。以下でいくつかみていきたいと思います。

1.相互リンク

ページ同士でリンクを行う相互リンクは、被リンク数を増やすための方法の基本中の基本です。ただし、恣意的に相互リンクを作成しすぎるといったことを行うとGoogleかた処分の対象となる可能性があるため注意が必要です。

2.サテライトサイトの作成

サテライトサイトの作成は、効果の高い被リンクの方法の1つです。メインとなるサイトに誘導するサイトを多数作成することになりますが、あまり内容が薄い場合には、効果がほとんど得られないケースもあるため注意しましょう。

ホームページは、様々なタグによって成り立っています。

被リンク対策においては、これらのタグとキーワードの使い方が大きなカギを握っているのです。タグの中でも特に重視されているのがタイトルタグです。ページの最上部に表示され、検索エンジンも重視するものです。

このタイトルタグ部分に重要なキーワードを利用することによって、このサイトによる被リンクの有効性が飛躍的に高まるのです。しかし、注意点もあります。それはキーワードを詰めすぎないということです。客観的にみて不自然なキーワードの羅列になってしまいますと、検索エンジンも不審だと判断しかねません。特に重要なタグ部分であるだけに、慎重にキーワードを選ぶ必要がありそうです。

自サイト内の記事同士でリンクを貼り合う「内部リンク」のSEO対策的効果はどうなのでしょうか。昔は内部リンクも被リンクの1つとしてSEOに数えられていましたが、現在はユーザーにとって有益なサイト作りの一環として、非常に有効な手段といえます。

内部リンクは、記事内のワードから関連記事へつなげるリンクと、関連記事として、その記事を読んだ人が興味を持ちそうな他の記事へのリンクのリストの2種類があり、どちらも積極的に設置したほうがいいリンクです。

また、同内容の新しい情報更新記事を書いた時には、古い記事から新しい記事へもリンクを貼っておくと、ユーザーにとっての利益があがります。関連記事リストもツールまかせではなく、自分で選定するようにすると、よりナビゲーション効率もアップするでしょう。

自分で運営しているサイトのアクセスがこのところ伸び悩んでいるので、今は被リンクの数を増やすことに励んでいます。

被リンクというのは他のサイトからリンクされることなのですが、被リンクの数が増えるとそのサイトからの訪問者が増えるだけでなく、検索エンジンでのページランクもアップするんです。

今はyahooやgoogleなどの検索エンジンからサイトに来る人もとても多いので、ページランクが上がって表示される位置が上に来れば、それだけ自分のサイトのアクセスもアップします。

被リンクを増やすために今はまず有名なサイトと相互リンクしたり、自分のサイトを充実させたりしています。被リンクを増やすには地道な努力が必要ですが、必ずアクセスアップにつながると思っています。

お金に余裕あるならSEO業者に頼みたいところです

被リンクとは超簡単に端的に言うと、自サイトへのリンクを他のサイトに貼ってもらうことを言います。例えばAサイトから被リンクを受けているというのは、Aサイトに自分のサイトのリンクが貼っていることを言います。

被リンクは質にもよりますが、SEOの効果があると言われています。

それは被リンクによってもグーグルなどの検索エンジンがサイトの評価を下しているからです。

例えばある優良サイト(ページランクが高い)や同カテゴリーのサイトから受けている被リンクは検索エンジンにとって印象が良いわけです。つまり高い評価を与えてくれるわけです。

サイト運営してる方なら誰でも直面する問題ではないでしょうか。

被リンク増やすのはSEO対策・アクセスアップにはかかせませんからね。

ちなみに自分も運営してた時ありますが、なかなか難しい問題ですよね。

お金に余裕あるならSEO業者に頼みたいところです。

その他手法はいろいろありますが、一番手軽なのは時事ネタ書くことではないでしょうか。

時事ネタ書くとアクセス増えやすいですからね、それに応じて被リンクも増えるでしょうし。

最近、知人がブログで時事ネタ扱ってアクセスが急増したのには驚きました。

まあこれはブログ系に限ってしまうかもしれませんが・・・

SEO対策の主な目的は集客です。集客といえば1番始めに思いつくのはやはり広告ではないかと思いますが、web上のリスティング広告を含め、今や顧客がその店舗、サイトを訪れるきっかけは、広告に匹敵する勢いでキーワード検索結果が急伸をみせているのです。

とはいえ、もしSEO対策が大掛かりなシステム構築など、高額な人件費等の費用がかかるものであったら、ここまでSEO対策が行われることはないでしょう。SEO対策は、自分で行えば費用は実質0円です。業者を頼んだとしても、顧客管理システムの導入などと比べればずっと低価格に行うことができます。

さらにその費用対効果が高いというのも大きなメリットです。適切なSEO対策は「やった分だけ効果が出る」というのがSEO対策なのです。

サイト運営者なら誰もが気になる「被リンク」ですが、サイトを開設してもすぐにアクセスを集めるのはなかなか難しいです。

興味を持ってくれる人がいなければ訪問してくれないのですから、他人に興味をもたれるコンテンツを作らなければいけません。

色々な分野を取り入れるのも良いですが、まずは一つのジャンルに集中して伸ばしてみてはどうでしょう。

音楽、小説、イラスト、ニュースについてなどカテゴリーは様々ですが、ご自分の好きなことについてコンテンツを作成するのが一番です。

あとはサーチエンジンに登録するのがまず第一歩です。

どこにも登録しない状態だとサイトに訪問してくれる人はほぼゼロだと思います。

アクセス数を増やすにはいかに被リンクを増やしていけるかが最大のポイントになります。

SEO対策で隠しリンクをすることにメリットはない

被リンクと言えばSEO対策でとても大切な要素の一つです。そして、被リンク数は多ければ多い程良いと今のところは考えられています。しかし、実は最近では被リンクは数だけでは意味がなくなってきています。

というのも、被リンクの質もSEO対策には重要な要素になってきているのです。つまり、いくら多くの被リンクがあって、その質が低ければあまり意味がありません。もっと言えば、質の低い被リンクは逆効果な事さえあるのです。

なので被リンクを増やす際には、その質にも気を使った方が良いと言えるでしょう。例えば数は少なくても質の高い被リンクを集める事ができれば、かなりのSEO対策の効果があると言えるでしょう。是非参考にしてみてください。

悪質なアフィリエイターがやっている集客術やSEO対策がどういうものかをご存知でしょうか。

例えば、大手のインターネットショップでは、広告のバナーを貼り、そのバナーを貼ったサイトから人がやってきたときにはそのバナーが貼られているサイトに対する報酬が支払われるわけです。

しかし、まともに集客を行うことが出来ない悪質なアフィリエイターというのは、こうしたバナーを踏ませるために隠しリンクによって足跡をわざと残させるようにするのです。

タグを変更しますとバナーの大きさは極小にまで小さくなりますので、これを利用しますと背景色に同色の隠しリンクを混ぜて簡単に足跡を踏ませることが出来るようになるわけです。

こうした悪質なユーザーの影響で、必要以上の隠しリンクは検索エンジンに対してマイナス評価しか与えません。

アフィリエイトで大きな収入を得るためには、まずサイトに訪問する人が多くなくてはなりません。

多くの訪問者を呼ぶ為には、自分のサイトの良さをアピールして共感を得ることです。

その中で共感を得ると「被リンク」が増えることにも繋がります。

被リンクが増えれば、他の人の目に触れる機会も増えるので、アフィリエイトの収入も比例して増えることになりますね。

もちろん、ただアクセス数が増えれば収入が増えるという訳でもありません。

より、質の良いwebサイトでなければリピーターは増えません。

一度サイトに訪問してきてくれた人が、再度訪れたいと思うようなサイトでなければならないのです。

その為には需要のあるコンテンツを充実させることが大切です。

SEO対策のサテライトサイトについて

被リンクをたくさん増やしたいのであれば、常に被リンクに関する情報収集を怠るべきではないと私は思っています。

SEO対策における被リンクの重要性はすでに各メディアで語られていますが、その実態については情報が錯綜している部分が多々あります。

被リンクの受け方はどうに受ければ1番良いのか?なども、かなり多くの媒体でさまざまな説が発表されており、被リンクを増やそうという人にとっては、なかなか判断に迷ってしまうのが現状です。

ですから、被リンクに関する情報というのは、絶えず収集しておかなければならないのです。インターネットの世界では、昨日正しかったことが今日覆っている可能性もあるので、いつまでも昔の情報にすがっていたのでは、十分なSEO対策ができないケースもあります。

各種情報メディアなどからしっかりと被リンクに関する情報を収集し、被リンクの知識に対して時代遅れにならないことが、とても大事です。

SEO対策として、被リンクを増やすことは必須と言っても過言ではないと思います。

被リンクを増やす方法でディレクトリサービスに登録して被リンクを増やす方法を簡単に解説しようと思います。

ディレクトリといわれる、サイトをカテゴリ分けしたサイト集に登録することでアクセスアップを増やします。

アクセスアップすることで結果的に被リンクを増やすことに繋がります。

ディレクトリサービスに登録するには、登録審査を行っているサービスに申し込むことでできます。

有名なところでは、Yahoo!が運営している「ビジネスエクスプレス」やNTTコミュニケーションズ子会社のクロスリスティングが提供している「クロスレコメンド」があります。

SEO対策でサテライトサイトが欲しいという方はブログを購入するといった方法もあります。ブログ売買サイトがありますし、長期間休止中のブログを貰い受ける事も出来なくもないでしょう。ブログというのは始めるのは簡単で、続けて頑張る人ってあんまりいません。

ですから休止中のブログって探すとたくさん見つかります。そこで自分のメインサイトのテーマと関連しているブログを購入する、または貰い受けて自分で改修しましょう。リフォームみたいな感じです。これならSEO対策のために一からサテライトサイトを作る手間と時間を減らせます。

もしかするとタダで貰えるかもしれないので興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。僕が思いつくくらいですから、この手法はもうやっている人とかいそうな気がします。良かったらSEO対策の参考にしてみてください。

SEO対策時のクローキングはスパム行為?!

副業としてアフィリエイトに参入している人が増えているようです。この不況の中、将来の収入に不安を持つ気持ちもよくわかります。

副業でサイト運営をする方は、限られた時間で、サイト制作をして稼ぎをあげなければなりません。

そのためには、無駄な作業を徹底的に削ることが大切です。そこでオススメしているのが、ロングテールを狙って稼ぐ手法です。ロングテールならば、SEO対策を最小限で検索上位表示することができます。

基本さえ押さえておけば、わざわざ被リンク用のサイトも作る必要がありませんし、少ない作業でアクセスを集めることが可能です。

まずは、ロングテールを狙い、稼いだ副収入で外注を雇い、被リンクサイトなどの制作を依頼するいうサイクルを続けていれば、いつか収支がプラスになるときが来ると思います。

クローキングはSEO対策時には知っておきたいことです。ファントムやステルスというふうにも呼ばれています。人間がアクセスした時に見るページと、クローラーがアクセスした時に見るページを変えています。一例としては、人間がアクセスした時に、Flashページを見せ、クローラーがアクセスした時にはHTMLのシンプルテキストを見せます。

同じURLにアクセスしているにもかかわらず、ページが変わるのは、ブラウザの User-Agent それから IP アドレスを用いていて、アクセスが判別できるからです。

Macromedia Flash 、GIF/JPEG画像が用いられたページは、bodyタグ内にキーワードがテキスト文字として認識しないため、検索エンジンに認識されません。そういうときにも、クローキングによって解消することができます。

本日は晴天です。となりの空き地の様子がキレイに見えています。キレイに見えているので、毎年のように咲く彼岸花数輪が見えました。彼岸花が咲く季節になると行っておきたい場所があります。それは、山の中ではあるのですが、山道の脇道に咲き乱れる彼岸花ロードです。そこは、まるで天国に続く道のようでした。しかしながらその光景を見ることができたのは、2から3年程前のことで、昨年はそんなにキレイに並んでおらずぽつぽつという感じだったのを覚えています。

今年は気候に恵まれた年になったと思うので地面である土手も見えないくらいに咲き乱れていることを期待して見に行きたいと思います。さて今年はどんな感じに裂いているのでしょう。もし今年もぽつぽつという状況であれば、今年は数年前に撮影した写真と比較をしてブログにアップしたいと思います。予想ですが、ひとりくらいはいいねを付けてくれると思います。