カテゴリー別アーカイブ: seo対策5

SEO対策の内部要因とは?

Googleウェブマスターツールはサイト運営者にとって必須ツールです。

そして、ウェブマスターツールを利用している人でも知らない人がいると思われるのが、「自サイトへの被リンク数の確認」がこのツール上で行えるということです。

方法は、ウェブマスターツールにログインしたあと、「検索トラフィック」をクリックし、「リンク数の最も多いコンテンツ」か「最も多くリンクされているコンテンツ」の下部「詳細」をクリックします。すると、あなたのサイトのどのページが外部からリンクされているのかわかるのです。

そして、左側の「リンク数の最も多いコンテンツ」を見て、ドメインを検索し、そこが自サイトと相互リンクしている先であれば、リンク数が多いサイトを優先的に記事内で紹介しても良いでしょう。

こうして良質なコンテンツとリンクを共有していくことがとても大事なのです。

SEOとはサーチエンジン最適化のことですが、

ご存じの通り、サーチエンジンでは、

重要性の高いページほど上位に掲載刷るように出来ています。

そこでSEOで良い結果を出そうと考えるのならば、

このサーチエンジンにページの重要度を認識させなくてはなりません。

ページの重要度を上げるために、是非考えておきたいのが被リンクです。

この被リンクというのは、

外部からリンクをどれだけ受けているのかというもので、

一般的に、被リンクが多いページほど、

外部から重要な情報と見なされていると言える傾向があるのです。

つまり、サーチエンジンによるページの重要度を上げるためには

被リンクか重要になってくると言うことなのです。

そのためSEO対策の基本の一つとして考えられているのです。

SEO対策として被リンクを増加させる方法のひとつをご紹介します。あなたのサイトのほかに、同じ会社でサイトを公開している、もしくは得意先のサイトがある場合、そのページにあなたのサイトのリンクをはってもらうという手法もあります。

注意しなければならないのはただ貼ってもらえればいいというわけではなく、貼るページの位置が大切になります。

もっとも理想的なリンクを貼るポイントは、サイトのトップページです。サイトの中で最も多くの人が閲覧するのがトップページです。

そのページからリンクをたどることでそれそれの情報への導線が敷かれていますから、トップページ以下の階層にリンクを貼ってもらってもだんだんと効果が薄くなっていくのです。

自分のウェブページを検索エンジンの上位に掲載させるために必要なSEO対策ですが、SEO対策の内部要因とは何なのか?簡単に説明したいと思います。

SEO対策の通説は、外部要因と内部要因に分かれます。

内部要因とは自分のウェブページ内でSEO対策が可能なものです。

・〈title〉タグに含まれるキーワードが重視される。

・Hxタグも重要。サイトコンテンツの構造に沿って、大見出し・小見出しのタグを使用すること。

・〈strong〉〈em〉タグも有効である。

・サイトコンテンツの内、キーワードは全体の5%程度にしておくこと。あまりおおくのキーワードを使用すべきではない。

・フレームは一切使用しないこと。
などのポイントが内部要因対策として挙げられます。

被リンクを増やすことは、検索ランキングの上位に入ることにつながり、ランキングの上位に入ることは必然的にアクセスアップに繋がります。

さて、様々ある被リンク対策の中から、懸賞を使うというちょっと変わった方法をお伝えしましょう。

SEO的に非常に有効な手段でして、多くの企業も実践しています。

これは、懸賞を実施することにより、アクセスを集めて、商品やサービスを紹介、

メルマガに登録などにも繋げる事があります。

そして、懸賞情報に登録すると、大きな被リンクアップにもなるでしょう。

今ではYahoo!、gooなど、懸賞情報が当たり前にありますので、そこに登録してもらうことで、大手のサイトから被リンクを獲得できます。

定期的に行うとその力は絶大ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

SEO対策をするなら評判の良い業者を使おう

グーグルのペンギン、パンダアップデートが導入されてから期間も経ちましたが、サイトを作成してSEOもかけていく私にとってはパンダよりもペンギンアップデートのほうがコワイです。

パンダの場合、多少コンテンツが被ったくらいでペナルティを受けるなんて事はほぼありません。

これはパンダ導入後の今も普通に上位表示されているサイトを見まくればよくわかります。

ただペンギンの場合、特に被リンクを自分で付けて行っている人はちょっと注意が必要かもしれません。

自分で被リンク記事を書いて自分でリンクを送っている人はパターンがいつのまにか同じになってしまうと思います。

グーグルが自動検知でペナを与えているのだとしたら、被リンクのパターンが似通っているのもすぐに検知できます。

そういった方は一度自分の被リンクパターンを確認してみることをおすすめします。

SEO対策を本格的にするとなると、SEO知識の乏しい素人には限界があります。

そうなってくると質の高いSEO対策を実施してくれる業者などに依頼することになるのですが、この際にはできるだけ評判の高い業者を利用するようにしたところです。

SEO対策をするならば、対策にかかった費用以上の効果を見込めるような対策でなければなりません。

SEO対策サービスを提供する業者を比較しているウェブサイトも存在するので、そのようなコンテンツを有効活用して、確実に効果をもたらしてくれる対策をしたいところです。

そうすれば、運営するサイトが利益を生み出してくれる優れたコンテンツとして機能してくれることでしょう。

評判が全て真実というわけではありませんが、やはり質の高いサービスを提供している業者の評判は高まりやすい傾向があるのです。

サイトの被リンクが増えることにより訪問者も増えていくのは最早必然です。

最近では「ソーシャルブックマーク」を上手く活用して被リンクを増やすという方法もあります。

ソーシャルブックマークとは、ネット上で共有公開ができるブックマークサービスのことです。

自分の好きなサイトや他人のお気に入りのサイトをネット上で公開ブックマークしてお互いに良いサイトの情報を共有できるのです。

このサービスを上手く活用できたことにより多くの被リンクを獲得し、アクセス数も飛躍的に増えるというサイトが多く出てきました。

これはブックマーク数が数字として公開されているものが多いので人間心理により相乗効果が大きく期待出来ます。

ブックマーク数が多ければ多い程、被リンクは増えていくという訳です。

ツイッターでSEO対策

被リンクを増やす事で、自分のページの評価が上がり、検索の上の方に表示させる事ができます。そうする事で、より多くの人に見てもらう事ができますから、この被リンク増やしは皆さんやりたいと思っているのではないでしょうか。

しかしいざやってみようと思うと、自分ではなかなか難しいという声もよく聞きます。そして、被リンク増やしを業者に依頼をしたいと思っている方も多いですよね。

そんな方のために、業者の選び方を紹介します。まず、やはり評判の良い大手に依頼をするのが一番安全だと言えるでしょう。

比較サイトやランキングサイトできちんと業者の人気や評判を調べ、慎重に選ぶ必要があります。

ウェブサイトのアクセス数を伸ばすために必要なことは、被リンクと宣伝です。これに勝るSEO対策はありません。

被リンクとは、あなたのウェブサイトがどれだけほかのサイトにリンクを貼られているかということです。

もちろん、数が多ければ多いほど良いというわけでもなく、良質なサイトからの被リンクはあなたのウェブサイトの信憑性も高め、それは検索結果にも反映されます。

宣伝とは、もちろん、あなたのウェブサイトの存在や長所、更新情報を知らしめることですね。

上記の要件を満たすツールが、ご存知のツイッターです。これを使わない手はありません。

ツイッターでウェブサイトの更新情報をツイートすることによって宣伝になりますし、リンク付きでツイートすれば、ツイッターという限りなく信頼の高い場所からの被リンクが獲得できるということにもなるのです。

被リンクを増やすにはSEO対策は重要です。

被リンクを増やすために、色んなSEO対策をしているという人は多いです。

そんなSEO対策をするにはツールを使うのが手っ取り早いです。

SEOツールのなかには、検索されやすいキーワード情報を表示してくれるものや、HTMLのソースを表示して確認できるものもあります。

キーワード情報を調べるときなんかは非常に便利ですし、ソースを簡単に確認するときなんかにも重宝します。便利なSEOツールの中には無料で使用できるものもあります。

無料といっても有料ツールよりも機能が劣っているということはありません。

そのどれもが有料ツール並みの性能を持っていて、初めてSEO対策する人には大変助かりますし、便利なので無料ツールを使ってSEO対策を簡単に行っている人は多いです。

SEO対策として更新されているウェブサイトを選ぶ

インターネットというのは無限大に広がる世界であり、その中では一つのページなど砂粒以下の存在です。

そんな存在を大きくするためには、とにかく人目に触れる方法を考えなければいけません。

そのためには検索サイトでキーワードに対する検索結果などで人目に触れるように工夫したりするのが一般的で、検索結果を上げるためには「被リンク」が重要と言われています。

被リンクを増やすためには、様々なブログやサイトと交流を持って情報の交換などによってコンテンツを充実させていくのが理想です。

しかし現実的にはそんなことをやっている暇はありませんので、SEO対策業者に被リンクの増加を依頼することになります。

業者が作ったブログなどからリンクを貼ることで、被リンクが増えているように見せ、検索サイトのクローラーに良いコンテンツだと認識させる必要があります。

最近では大手検索サイトがSEO対策業者からのリンクに対してペナルティを科すという方針を発表しているため、下手なSEO対策業者に被リンクの増加を依頼してしまうと逆効果にもなりかねませんから、注意が必要です。

ホームページ上でネットショップを展開しております。

しかし、アクセスのない毎日で、当然ながら売り上げもありませんでした。

そこでなんとかしたいという思いで、調べたら、被リンクサービスの申し込むといいと知って申し込みました。

やっとアクセスがのびてきました。そして売り上げにも繋がってきました。

とてもうれしい毎日です。

自分のウェブサイトをリンクとして他のウェブサイトに貼り付けてもらえるなら、自分のウェブサイトのサクセス数が増えることが期待でき、結果としてそれが上位検索表示され、SEO対策となります。

しかし何年も更新されていないサイトに自分のウェブサイトをリンクとして貼り付けてしまうなら評価を下げてしまったり、そこからのアクセス数が急激に減ってしまうかもしれません。

もしそうならSEO対策にはなりません。常に更新され、新しい情報を提供している優良ウェブサイトには常にアクセスがあります。そのようなウェブサイトに自分のものをリンクとして貼り付けるならユーザーは安心してアクセスしてくれることでしょう。

自分のウェブサイトを他のものに貼り付ける前に、そのウェブサイトについて調べることは重要です。

SEO対策のやり方

外部SEO対策のために、被リンクをたくさん集めているという人は少なくないと思います。

このときに重要になるのが、アンカーテキストの内容です。

たとえば抜け毛対策のシャンプーを特集したサイトへのアンカーテキストであれば、

「このサイト」とか「こちら」というような、アンカーテキストよりは、

「抜け毛 シャンプー」などの上位表示したいと思っているキーワードをアンカーテキストにしたほうが効果的だということです。

しかしこの手法、実はやり過ぎは禁物です。

最近はこのアンカーテキストを1つのものだけにすると、不自然だと判断されて、スパム判定されることもあるようです。

「抜け毛 対策」「抜け毛 シャンプー」「おすすめシャンプー」などの関連したアンカーテキストでの被リンクも増やしたほうが安全でしょう。

そもそもSEO対策というのは、自分のサイトがYahooやgoogleなどの検索サイトで、上位に表示されるようにする様々な対策を指します。こうすることで、検索サイトからの閲覧者を増やすことができるため、企業が作ったサイトの知名度を上げることに一役買っています。

SEO対策のやり方というのは、自分のサイトの被リンク数を増やしたりして、検索サイトからのページランクを上げることで、検索サイトの検索結果のランキングを上位にするのですが、この被リンク数を増やすことは一般の人には少し難しいものとなっております。

なぜなら、ほかにページランクの高いサイトを持っていないと、いくら被リンク数を増やしたからといって効果的ではないからです。

ですから、ページランクの高いサイトを持っている人と相互リンクをするなど、力の持っている人に頼むことが大切となります。

友人からストロベリーティーをもらいました。今までアップルティーやレモンティー等は飲んだ事はありましたが、ストロベリーティーは初めてです。一体どんな味なのだろうと興味津々で飲んでみました。

Tパックになっていて、カップにお湯を注ぐとイチゴの甘い匂いが漂ってきました。しかもその匂いは強く部屋中がイチゴの匂いで充満したのです。それはとろけるように甘く良い匂いで、目を閉じたらお菓子の国にでも来てしまったような気がしました。

私は甘党なので砂糖を入れて飲んでみましたが、とても美味しかったです。以来、ストロベリーティーにはまってしまいました。友人からもらった物はすでに飲み終わり、新たに自分で購入し毎日のように飲んでいます。

美味しいだけでなく心も癒される紅茶です。