カテゴリー別アーカイブ: seo対策6

サイト制作時にはSEO対策も考えよう

被リンクという言葉、特に自分のホームページを持っていたり、ブログをやっているという方は一度は耳にした事のある言葉かと思います。しかし、聞いた事があるだけで何の事だかよくわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

被リンクとは、「リンクされている事」を指します。

そしてこの被リンクの数が多い、つまりは多くのサイトにリンクをされると、検索の順位が上がり、自分のページが検索サイトの上の方に表示される効果があるのです。

SEO対策の一環としてこの被リンクはとても重要になってきますので、自分のホームページなどを持っていて、それらを多くの人に見てもらいたいと思っている方は、是非この被リンクを増やすようにしましょう。

ホームページを立ち上げて商売をしていますが、やはり最大の課題はSEO対策です。

 
もっとも効果が高いといわれているのが相互リンクであることはわかっていますが、やはりさまざまな手法を使って複合技でやるべきですね。

 
私の場合はメインを相互リンクに据えていますが、サテライトサイトの作成にも力を入れています。

被リンクの価値は、なにも検索エンジンの順位向上だけのものではありません。

他のページからリンクされることにより、そこに「こういう情報がある」と示すことができたり、また単純なアクセスアップにも繋がります。

そこが、被リンクの価値になります。

多少の処理が入るとはいえ、アクセス数によって順位も上下しやすい検索エンジンですが、その評価項目にリンク数が入っておらずとも、間接的にSEO対策にもつなげることができるのです。

また、その上で、どのようなページにどのようなリンクが張られたか、ということを調べることで、自分のサイトに関する需要や、自分のサイトに関連した情報を得ることができます。

Webのツールを公開していて、どこかから紹介される場合などがそうですね。

被リンク数を増やす為に衛星サイトを自分で作っている方はたくさんいると思います。

自分でリンク元になるサイトを作ればSEO業者を利用する費用も節約できるし、他の運営者が管理するサイトにいちいちご機嫌伺いに訪れる必要もありません。

しかし1つのサイトを作るには、意外と大きな手間と時間がかかります。

その時間と手間を削る為に、同一アカウントで複数のブログを開設できるブログサービスを利用する方も多いですが、できればサテライトサイトのドメインは分散させた方が安心です。

検索エンジンは同一ドメインからの被リンクが多いサイトより、被リンクのドメインが分散されているサイトの方を上位表示する傾向があります。

これからサイト制作をしようと考えていて、SEO対策がウェブサイトには重要だとわかっているならば、ぜひともSEO対策を考えたサイト制作をするべきです。

サイトを制作してしまってからSEO対策をするとなると、サイトを根本から見直すということにもなりかねません。

プロでなくともできるSEO対策もあって、キーワード構成や被リンク数などがそれにあたります。

キーワードの出現率なども検索エンジンの上位表示に関係してくるので、とことん頭を悩ませてサイト制作をするとよいでしょう。

これらのSEO対策の知識は無料で閲覧できるウェブサイト上にもたくさんあるので、じっくりと知識を蓄えてからサイト制作に乗り出すのも、ひとつの手段だといえるでしょう。

ホームページのアクセスアップを目指す場合SEO対策は必須といえますが、なかでも被リンク数の増加はアクセスアップのための重要なポイントととなります。

ホームページのアクセスアップを目指す場合、検索エンジンで上位に表示されることが最も大切といえます。

そのためにはホームページのページランクを高めることが大切になります。

このページランクとは、グーグルなどがひとつひとつのホームページに対してランク付けをし、そのランクが高いものが検索エンジンの上位に表示されるというものです。

このページランクの判定の一つに、被リンク数の数がどれくらいあるかというものがあるのです。

ただし、どんな被リンクでもよいかというとそうではなく、質の高い被リンクであるかなどが重要になります。

SEO業者を利用して検索順位アップ

私はずっと自社サイトが検索順位で伸び悩んでいるのが悩みでした。

なかなか希望する検索キーワードが上位にいかない、順位がうろうろしているのを気にかけていました。

その時に電話営業がかかってきて、検索順位をアップする手段がありますがやりませんかという内容でした。話だけでも聞いてみようと聞いてみると、被リンクを増やして検索順位をアップするという方法でした。

SEO対策ではよく聞く手法で、外部効果を狙ったものです。値段は2年間で30万円、自身で被リンクを稼ぐのが大変だった私は依頼してみることにしました。

結果的に効果は良かったですが、途中アップデートがあり、順位は山を作るように急降下しました。そのあと持ち直しましたが、その間に業者はそのような結果は教えてくれません。

私が感じたことはSEO対策を他社にお願いしたとしても効果がいいか悪いか判断するくらいの知識は自分で身につけておかないといけないということです。他人任せではダメだと感じました。

単価の高いアフィリエイト広告はライバルも多くいます。

同じような情報が乱立している場合、自分のサイトが有用なサイトとして被リンクを受ける確立は非常に低くなります。

それで特定のジャンルの中でもさらに絞り込んだ情報を提供することで被リンクを受ける可能性を少しでも高めることができます。

その一つの方法がロングテールSEO対策です。

ロングテールSEOは様々なキーワードを盛り込んで複合キーワードで検索上位に表示されるようにすることです。

これはライバルを減らすことができ、そのジャンルに関して一歩踏み込んで検索するユーザーが訪問しやすくなります。

こうしてアクセスを増やすことで被リンクを増やすことにつなげることができます。

そのためにはどんなユーザーがどんな複合キーワードで検索するかを予測する必要があります。

色々な人に見てもらうためSEO対策しましょう

以前は被リンクを行うだけでサイトの順位が上がっていました。

被リンクの種類にそこまでこだわらなくても、数さえ多ければ効果があったのです。

しかし今はグーグルも厳しくなり、量産型の被リンクでは順位が上がらなくなってしまいました。

ちきんとサイトに沿った被リンクを作成したり、順位の高いサイトからリンクを貼ったりしないとあがらなくなってしまったのです。

そのためただ数を増やせばいいと言う問題ではなくなってしまいました。

記事の質も変えなければならないので、上位に上げるためにはかなりの努力が必要だと思います。

私も今同じ仕事をしている仲間を情報を交換しあい、どのような被リンクの作り方がもっとも効果的なのかを調べているところです。

ホームページやブログをしていると、沢山の人に見てもらいたいという気持ちになります。

皆に見てもらうためには、色々な検索エンジンに登録し、自分のサイトを見てもらうキッカケを作らなければいけません。

詳しく言うと、とあるキーワードに対して検索結果で上位表示されれば、不特定多数の人に見てもらえるかもしれないのです。

そこで、重要になってくるのがSEO対策です。

SEO対策をする事で、検索結果上位表示されやすくなります。

SEO対策は色々ありますが、どれも初心者でもできる物ばかりなので、ネットで調べて、対策をしていきましょう。

ただ、やりすぎると、検索エンジンからペナルティをもらう可能性があるので、何事もほどほどに、実践してください。

SEO対策をする上で、被リンクを増やすことはとても重要なことです。

その被リンクを増やすにも、ある程度のテクニックが必要になってきます。

だから素人が自分で被リンクを増やそうと思ってもなかなか思うようにはいかないでしょう。

私的にSEOをするのならば、自分たちでせずに専門の業者に依頼することをおすすめします。彼らならば、専門の業者ということもあって、SEOに対するノウハウもしっかししたものがあります。多少、お金はかかりますが、後の売り上げアップの投資と割り切って予算を立ててもらいましょう。

話は戻りますが、被リンクを増やすことがSEOで重要になってきます。

業者を選ぶときには、この被リンク増加をメインにしている業者にすることをおすすめします。

今後テクニックだけのSEO対策は衰退するかもしれません

SEO対策は複雑なものになっていますが、それでもまだまだ効果があるのが被リンクを集めることです。

被リンクとは何かと言うと、文字の通りにリンクをしてもらうことです。

リンクをしてもらうのにもコツがあって、なるべく検索エンジンからみてポイントの高いサイトからリンクをしてもらうことで、自分のサイトのポイントがあがります。

無意味なサイトからのリンクを集めても効果がないのです。検索エンジン側から見ると当然の仕組みですよね。

被リンクによって検索エンジンが変わるからといって、機械で作られたような無意味な言葉の羅列だけのサイトからのリンクを集めたサイトが検索エンジン上位に食い込んではもらいたくないわけです。ですので、いかに優良な被リンクを集めるかにかかっています。

影響力のあるブロガーなどからリンクしてもらえるととても効果的ですね。それを狙っていくのはとても難しいですが、なんとかして質の良い被リンクをゲットしたいものです。

今回は検索エンジンに嫌われやすい被リンクについての解説をします。まず、量より質が大事というのは、皆さん周知の事実だと思います。今回は、具体的にはどういったリンクの仕方をすると評価が下がるのかについて説明していきます。

ページランクの付いていない明らかに評価の低そうなページと多数相互リンクをされている場合は、評価は下がります。

トップページ同士のリンクはもちろんのこと、下層のリンク集ページ同士でも、それは同じです。

リンク数に付いても多すぎては駄目です。ページ内の全発リンク数が100を越えないよう注意しましょう。

つまり、評価を得るには、ページランクの高いホームページ登録サービスからの支援を受けると、良いでしょう。

昔だとメタタグの乱用、無料相互リンク集にサイトをひたすら登録するといったテクニックだけでサイトの検索順位が上がっていました。しかし、今後はこういったテクニック、裏ワザのようなSEO対策は衰退するかもしれません。

最近ペラサイトを見かけなくなったと思う方って多いのではないでしょうか。この事実一つとってもテクニックだけの内容の薄いサイトがもう無理だという事でしょう。検索エンジンが、人間のようにサイトを振り分ける事が可能になっているからこそ、大量のペラサイトが順位を落としたと言えないでしょうか。

となると今後のSEO対策は正攻法しかないような気がします。テクニックとしてのSEO対策が発見されたとしても、検索エンジン側が即座にその穴を塞ぐので効果は一時的になると思います。

SEO対策詐欺被害での裁判

被リンクを得る為に、サテライトサイトをたくさん作るのはいいのですがあまりに急激に被リンクの数が増えてしまうと、不当な方法を使っていなくてもスパム扱いされてしまうことがあります。

例えば、メインサイトのトップページの被リンクが短期間で100件を超えたとしたら検索エンジン側からしたら、ちょっと疑いの目で見られてしまう場合があるんですよ。

それで検索エンジンから除外されてしまえば、せっかく時間をかけてサテライトサイトを作った意味がなくなってしまいますからここにも注意しましょう。

自分自身は何も間違った事はしていなくても、相手側からどう見られるかを意識していくことが大切です。

なので被リンクを増やしていく際には、より自然に見えるように工夫していきましょう。例えば1日に少しずつランダムに増えていくようにしたり、時々増えない日をはさんだりして誤解されないようにすると良いと思います。

SEO対策はそれに取り組めば取り組むほど効果が出るというものではなく、どんなに真剣に作業を行っても効果の出ないことがあります。

ゆえに、仮にSEO対策業者が対策を行ったのにも関わらず、自分たちはSEO対策を熱心に行ったと主張するならば、それが通ってしまう可能性が高いのです。このことを思いにとめ、まじめに働いてくれるSEO対策業者を選ぶように心がけるのは非常に大切です。

40歳の独身サラリーマンです。

10年も同じ部屋に住んでるのですが、今年だけは、暖房をいれても部屋の中が暖かくならないんです。もちろん部屋の中の中央部分は暖かくなるのですが、端っこが全くだめです。

そして私は布団派なんですが、布団で寝るとどうしても床に近いかんじになりますので、床近くも寒いんです。

まあ、暖房を強化しろという話かもしれませんが、去年まで大丈夫だったのにいきなり寒くなって来たので暖房を強化するというのも厳しいので、今年の冬はベッドを購入しようと思ってます。