SEO対策で重要なこと

自分がサイトアフィリエイトを行なってきて、つい被リンク元が偏ってしまいがちになるところが反省点です。

無料ブログと自分で独自ドメインを使って構築したブログとで数多くの被リンク資産を持っているつもりです。

IP分散などにも気を使って検索エンジンの評価を落とさないようにしているつもりではいますが、やはりブログ一辺倒というのは不自然さがあるとは自分でも気がついています。

この状況の改善のために中小検索エンジン登録やリンク集への登録、ソーシャルブックマークなどからの被リンクを取り入れようと思ってはいるものの、つい有力なサイトからとより好みをしてしまい、なかなか手が進みません。

鉄板のリンク集や中小検索エンジンはかえって大手検索エンジンからの評価を下げることにもなりかねないのでどうしても慎重になってしまいます。

SEO対策で重要なこととはなんでしょうか。SEO対策の方法や技術、知識量など、SEO対策の効果を十分に発揮するために重要なことは色々あります。

SEO対策自体の目的であるHP訪問者のコンバージョン率をあげ、利益をアップさせる、ということを考えると、SEO対策でもっとも重要なことは「どのキーワードを選ぶか」ということではないかと思います。

キーワードの選定は、ただその分野で代表的な言葉の組み合わせである、というだけで選ぶものではありません。

訪問者を増やすという意味で検索頻度の多いものを選ぶという方法は当然ありますが、最終的にはコンバージョンに繋がりやすいキーワードを選ぶことが利益をあげるための近道となります。

どちらにしてもSEO対策はキーワード選びから始まっている、ということは確かであり、尽力必須の部分でもあります。

被リンクを受けやすいサイトは情報として価値があるだけでなく「必要な時にいつでも参照できるようにしておきたい」と思われる記事です。

こうした記事ははてなブックマークなどソーシャルブックマークに被リンクを得やすいです。

参照できるようにしておきたいと思う記事を作成するには2つのことが関係しています。

一つ目は他では見つからない、もしくは見つかりにくい有用な情報。そしてもう一つは一度見たら忘れてしまうような情報です。

例えば英語のみのページなどでは会員登録や支払い画面において不明な語句が生じたとします。

例えばクレジットカードのCVCの意味などです。

こうした語句の意味は一度調べてもまたとき経つうちに忘れてしまったりします。

このような「いつかまた利用する機会があるけど、その頃にはこの語句の意味をまた忘れているかも知れない」と思われる情報はブックマークされ被リンクを得やすいといえます。