SEO対策でIP分散の意味

アクセスを高めるにはなんといってもGoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示されることですが、

そのために重要な一つの要素に「被リンク」があります。

被リンクとは、他のサイトから自分の持っているサイトやページに対して

リンクを張ってくる事を言います。

被リンク数の多いサイトは、検索エンジンのロボットから見て重要なサイトであると認識され、

検索順位が上位に上がることになります。

しかしここで注意すべき点は、ただ単に被リンク数だけが多ければ良いというわけでは無いことです。

例えば、建築関係のサイトなのに美容関係のサイトからの被リンクが多ければ、

ロボットは逆に不信だと判断されてしまいます。

また、内容のあまりに薄いサイトからリンクを貼られても、効果は薄いといえます。

自分の持っているサイトと関連の深いサイトや、有効なサイトからのリンクを増やすには、例えばブログなら同じような趣味、趣向を持った仲間のサイトを行き来し、

相互リンクを貼り合うことも有効でしょう。

究極をいうと、良いサイトを作っていると自然とそのページを見た人から

リンクを張ってもらえるようになります。

そう言ってしまえば元も子も無いと言われそうですが、全てのSEOは結局そこに行き着くともいえるのです。質の高い被リンクを得て、常に検索上位に来るサイト作りをするように、SEOチェックツールを活用するのは良い事といえるでしょう。

「The Searchツール」は検索エンジンごとに被リンク数をチェックすることが出来ます。

SEOツールの中には、指定したキーワードの各検索エンジンの順位を表示するキーワード順位チェックや、サイト内のキーワードの出現比率などを独自の方法でチェックするサイト内キーワードチェックがあります。

さらに、調べたいキーワードに関連したよく検索されているキーワードを表示するキーワードポピュラリティチェック、指定したページにあなたのサイトが掲載されているかをチェックする相互リンクチェックもかなり便利です。

ぜひあなたのサイトが良質な被リンクをより得られるよう、このようなツールを有効に利用してみてくださいね。

SEO対策を施す方の中には、リンク元のIPアドレスを分散させなければならないと考えている人もいていると思います。

この考え方はある面では正しく、ある面では間違っていることをご存知でしょうか。

本来、リンクと言うものはこのコンテンツを自分のサイトでも紹介したいなどの理由で貼られていくものです。

いわゆる自然増というものですが、SEO対策が加熱する前は自然増が主流でした。時がながれSEO対策が加熱してから、数千、数万というリンクを一気に貼るSEO対策が流行しました。

リンクの数を増やせば検索上位表示されるという情報に対応した対策ですが、今では不正なリンクはペナルティを受けるようになっています。つまり、自然増をしているとIPアドレスは自然に分散します。

ペナルティを受けるような方法でSEO対策をしているとIPアドレスを気にしなくてはならないと言うことです。

正しい方法でSEO対策を行えばIPアドレスを気にする必要はないのです。