SEO対策でスパム行為にならないように

グーグルで上位表示されているサイトをよく見ると、リンク数が非常に少ないサイトが目立つのです。

これまで何度も見た巨大な被リンクを集めているサイトは、同じドメインから大量のリンクを入れていたりと不正な方法を使っていた事は間違いありません。その様なサイトはことごとくペナルティを受けて消えていったのだと思うのです。

そして残ったサイトですが、何故か数本のリンクだけで上位表示しているサイトが見受けられるのです。そのリンク先を見ても優良なサイトとは思えない状況。

このような不思議な状況がいくつも続いているので、グーグルの検索順位の評価基準が被リンク以外の要素も強化されてきてることが見て取れます。

しかし、被リンクに関しては手元のツールだけでは全てを正確に把握することは無理であり、見えない部分でかなりの優良サイトからリンクを得ているという可能性は残ります。

少なくとも、優良なサイトから少ない本数でもリンクを得ることができれば、一気に上位表示できる事は現在も変わらないといえます。

ホームページのトップページとサブページではまるで重要度が違っています。下位ページは新規で追加していけるのに対し、トップページはそのサイトの玄関です。そうすると、多数の人はこの部分にバナーやリンクを貼りたくはないと考えています。

検索エンジンはこの点について把握しており、トップページからのリンクとサブページからのリンクはイコールではありません。

リンクの見分け方として、純粋なリンクと広告リンクを分別し、関連性のあるサイトからのリンクならば影響力を大としています。

しかしながら、まるで異なったカテゴリーにあるサイトからのリンクに、効果がないわけではありません。カテゴリーが多分野に及ぶブログやサイトも数多くあります。

カテゴリーが異なれども、きちんとした説得性のある記事が書かれておれば、そのページへのアクセスが発生し、検索エンジンの認識に変化が見られることでしょう。

そのため、分野にかかわらず、そのサイトが優良かどうかが大切です。

 
SEO対策のためには定期的にホームページを更新しなくてはいけません。たとえば、洋服を販売しているファッションサイトでのSEO対策であれば、ファッションに対するコラムや情報提供を毎日提示することが大切です。

また、サテライトサイトを作成することもいいでしょう。しかし、ここで注意が必要なのは、同じ内容の記事を掲載しないということです。、

 
検索ロボットは常に監視をしています。そのため、同じ記事を何度も連投していると、悪質なサイトとしてみなされて、検索表示が一気にランクダウンしてしまうことが考えられます。

 
同じような記事でも、文字列や表現を変えることが大切です。記事作成をするのはいいことですが、不正としてみなされないようにしましょう。