SEO対策とリンクカラー

インターネットが普及するようになって20年近く経とうとしています。自己表現する場所、また、情報を発信する場所として多くのホームページがインターネット上で公開されています。

このホームページ、みんなに見てもらうためにはそれなりの技術が必要です。その技術で、特に一般的に利用されている方法が被リンクです。

この方法は、自分のホームページを他者のホームページで紹介してもらうことにより成り立つ手法です。

社会生活で例えるなら、今いる友達に新しい友達を紹介してもらうような感じです。

被リンクは、この友達をたくさん作り上げることにより、自分のホームページの知名度を高くしていきます。その繰り返しが多くの人の共感を呼び、自己の目的完遂へと繋がっていくのです。

SEO対策でたびたび話題にあがることに、「クリックされやすいリンクの色」があります。

特にサテライトサイトからのリンクや、アフィリエイト先への商品リンク等を貼っている場合には気になる部分ではありますね。

個人的には、リンクの色というよりは、コンテンツ内であればその配置のほうが重要なのではないかなと思うことがあります。

よくアンカーテキストにいれるべき言葉についても言及されますが、クリックしたくなるアンカーテキストであればユーザーはクリックしますし、それは強調色に頼る必要はないのではないかと思います。

ただし、サイトのナビゲーションをスムーズにするという観点で考えれば、上下の階層や並列のコンテンツへのリンク色はあまりサイトデザインに埋没させたものにするのは避けたいところです。

会社のウェブサイトや商業目的のウェブサイトでは被リンクが増やせるSEO対策が必須です。

SEO対策をすることで、検索サイトの上位に表示され、ウェブサイトの認知が上がり、収益にも影響します。

収益を上げるために必死になってSEO対策を講じるウェブサイトがあり、SEO対策を専門に扱う業者にSEO対策を依頼することがあります。