有料でSEO業者に依頼するのも効果的だ

被リンクが充実していれば検索順位は高く、アクセス数も多いと言われています。

近年では特にリンクのしているサイト同士の関連性、つまり質も問われるようになっています。

無闇な相互リンクは駄目という事です。検索エンジンから見て不自然、違和感を感じる被リンク、相互リンクは逆にペナルティを受ける可能性があり、注意が必要です。

ペンギンアップデートからだいぶ日が経ち、SEO業者さん達は織り込み済みの対策方法を見つけているので、有料で依頼するのも効果的だと思います。

でも基本は被リンクを獲得できるようコンテンツを充実です。補助的に業者さんに頼むのも良いと思います。

どのようにすれば自分のホームページの人気を上げて行くことができるのか。

それはワードを増やすこと、ということでワードを大量にちりばめたりする人がいますが、これが大問題。

実は検索サイトは文章全てを分析していて、なんと全体の文章における特定ワードの比率がきちんと自然な形になっているかを調べているのだそうです。考えてみれば、SEO対策をきちんとやっているところで、特定のワードを極端に沢山羅列しているところはありませんね。

人間の文章は、だれでもそうですがまともに書けば同じワードが大量に並ぶなどということはありません。もちろん、昔は大量の隠しワードをページの下などに表示しておけばそれで検索時の順位があがることがありましたが、検索サイトのロボットも日進月歩で進化しています。昔通用していたことが今通用することはないわけです。

というわけで、SEO対策をやろうと思ったら、それを過剰に意識して極端なことをやってしまおうと考えるのは気をつけないといけないということですね。

ブログを運営してから、よく「被リンク」という言葉をよく耳にします

被リンクとは、ほかの人の運営するサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらうことをいいます。

よく2ちゃんのまとめブログなんかにリンクがたくさんありますよね。

それってもしかして被リンクによるものなのだろうか。

自分のサイトをアピールするための営業の手段みたいなものですかね。

でもなんでそんなことするんでしょう?

それは検索の順位を上げるためです。

たくさん他のサイトから被リンクをしてもらえれば、自分のサイトの知名度が上がって、検索エンジンで上位に引っかかります。

私たちは何かをグーグル検索で調べるとき、ページをめくることで出てくる下位のサイトより、1ページめの上位のサイトのほうから閲覧するはずです。

人間ってめんどくさがりやですからね。

そうすることで、運営しているサイトのPV数を上げたり、アフィリエイトでお金を稼ぎやすくするんです。