SEO対策はタイトルで決まる 効率的なブログタイトルのつけかた

サイト運営をしている方であれば被リンクが気になるはずです。被リンクが気になる理由はサイトの価値と直結しているからではないでしょうか。被リンクが自然に集まるサイトはユーザーから評価の高いサイトなので、検索エンジンからも評価されます。

検索エンジンから評価されると検索結果の上位に表示される確率が高くなるのでアクセスが増えます。アクセスが増えるとさらに被リンクが増えて、さらにサイトの価値が上昇します。

このような好循環があるため、多くのサイト管理者が被リンクにこだわるわけですが、あまり急ぎすぎると良いことはないようです。

被リンクにこだわりすぎると不正な被リンクを集める方がいるようですが、こうした被リンクはペナルティの対象になるといわれています。検索順位が下落することもあるようなので、十分に注意するようにしましょう。

被リンクはSEO対策をする上で、欠かすことのできないファクターです。

サイトを作りたてのころは、アクセスが全く伸びないのに加えて、

誰も知らないという知名度がゼロのところからスタートしなくてはいけないということもあり、

そこからいかにアクセスを伸ばしていくかということが、人気サイトにするか失敗のサイトにするのかを分ける分水嶺になるようです。

サイトを作ってすぐにするべきことがgoogleの検索エンジンへの登録です。

おそらく、サイトを作ったことの無い人は知らないと思いますが、

googleやyahooに代表される検索エンジンには、登録ができるシステムがあります。

SEO対策でブログタイトルは重要、というのは昔からよく言われていることです。

新聞でも見出しをどうするかは常に重視されていて、人々の眼に何を飛び込ませるかでその後の売れ行きにも大きな差がでてきます。

さて、そのブログタイトルですが、これがいまかなりの変化をしていきています。

一度このタイトルは効果が高い、とされたタイトルは次々とマネされてしまい、まさに飽和状態になってしまう。

その情報の飽和した世界の中で大きく目立つためには、わかりやすさと同時に短さが求められます。

あまりにも長いタイトルは読むのに字間がかかる上、Twitterなどで紹介してもらおうにも長すぎて不利になることもしばしば。

そういうわけで、簡潔かつわかりやすいタイトルにするために、話し言葉を使う、という方法があります。

話し言葉とは自分が普段使っている言葉のことですが、この最新の様式を用いるのです。

例えばネット上で多用されている「w」というものや、その時々の定型文、流行語、そういったものを取り入れつつ、かつ短い言葉を使うことで、親しみやすさ、わかりやすさ、インパクトの三つの要素を満たすことができるようになるのです。