admiso のすべての投稿

SEO対策にサテライトサイトを作ってみた感想

4月のペンギンアップデートが起こってからしばらくはパンダ以外ではグーグルの動きもあまり見られなかったのですが、ここ最近はまたペンギンらしき動きが活発化しているように感じます。

自分のメインサイトの順位が上がったと思ったら実は上位表示されていた他のサイトが複数圏外へ行っていたなんてことも最近よく見かけます。

個人的には私は今まで貼った被リンクをはがす行為はどちらかというと否定的だったのですが、最近はあえて過去に貼った被リンクをはがす事もしています。

もちろん、ただはがすだけではなくてその後は他のブログなどから新しく被リンクは送ります。

被リンクをはがすという事だけを考えれば、良いか悪いかという話は意見が分かれるかと思います。

ただ、過去に送った被リンクを消してメインサイトの順位が下がるようであれば、そのリンクは効果があるものと判断できます。

そういった意味ではリンクをはがすという行為は、自分の被リンク元のサイトなりブログなりがグーグルからどのように判断されているのかを簡単に見極められる方法の1つとも言えます。

被リンク対策を行う場合には、サテライトサイトが必要です。

SEO対策を意識するなら、必ずサテライトサイトは運営するものになると思ってください。

それでは、被リンク対策というものですが、特にサテライトサイトで重要視しなければいけないのがテーマの設定です。

単にリンクを掲載したようなサイトを作ればいいだけではありません。

正しいテーマを設定したうえで、サテライトサイトを作ることが求められているわけです。

テーマ設定ですが、本サイトに関連することが重要になります。

たとえば、特定のクレジットカードを紹介するサイトが本サイトだとします。

サテライトサイトは、「クレジットカードの審査内容」、「クレジットカードン活用方法」といったテーマにするわけです。

関連テーマでなければ、サテライトサイトの役割は果たせないと思ってください。

趣味でやっているブログのアクセス数を増やす為に、SEO対策を施すことにしたのですが、思うようにリンクが集まりません。

大小さまざまなブログに相互リンクのお願いをしているのですが、実際にリンクを貼ってくれたのは、その中の三割程度って所です。

自分でもメインサイトにリンクを貼る為のサイト、所謂サテライトサイトを作ってみたのですが、サテライトサイトもしっかりと更新したりSEO対策を施さないと、大量にサテライトサイトからリンクを受けても意味が無いそうですね。

他のサイトや、過去のページから文章をコピーするのは、無意味どころか逆効果とも聞きます。

私はサテライトサイトを1つしか作ってないので、何とか更新するネタもあるんですが、大量にサテライトサイトを抱えている人は、更新内容をどう用意しているのかちょっと気になりますね。

被リンクを増やすために有効な手段として、サテライトサイトを作ることが挙げられます。

ご自身で主体となるメインサイトに関連があるサイトを作り、

メインサイトへリンクを貼るというものです。

コンテンツを分けることで、入り口が広くなりますので、

メインサイトへの被リンクも確実に増えます。

しかし、ここで注意したいのがメインサイトの内容です。

せっかく被リンクの効果があっても肝心なメインサイトの内容が薄いのでは、

意味がなくなってしまいます。

メインサイトで何を伝えたいのか?

サテライトサイトではメインサイトへ繋げるために何を伝えるのか?

それぞれを明確にすることで、はっきりと被リンクの数字に現れてくるでしょう。

サテライトサイトはブログ形式でも良いので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

SEO対策はSNSを利用する

アクセス数をアップさせるためにはSEO対策は欠かすことができないでしょう。

その中でも被リンクを増やすことはとても大事なことであります。

ではその被リンクとは何かということなんですが、被リンクは他のサイトに自分のサイトへのリンクを貼ってもらうことを言います。

これが増えることによってグーグルの検索エンジンでは他のサイトから被リンクがあるということは優良なコンテンツの証だということでサイトのページランクが上がります。

そうすることで検索結果の表示位置が上位になるわけです。

それが結果的にアクセスアップにつながります。

上記で被リンクを増やせばいいと書いておりますが、むやみに増やすと逆効果があるので注意が必要です。

ブログパーツの中にはSEO効果の高いものがたくさんあります。

積極的にブログパーツを設置することによって、サイト同士のアクセス交流を深め、被リンクを獲得することができるのです。

有名なものでは「あわせてよみたい」があります。

これは、あなたのサイトやブログに関連する記事を自動で表示してくれるというものです。

アクセスが流出してしまうのでは、と思うかもしれませんが、逆に考えれば、あなたのサイトにもアクセスが流入するということにもなりますし、その被リンクも獲得できます。

また、ランキング系のブログパーツでも被リンクに効果があります。

人気ブログランキングなどで、上位になれば、そこからのアクセスに加え、かなりの数の被リンクも併せて獲得できることになるのです。

被リンクを増やすために多くの人が色々な手段をとっています。

例えば、短期間で大量のリンク付けです。

禁断の手法だといわれているもので、発覚すれば検索エンジンから確実にペナルティを受けます。そこまでして、被リンクは求められるものなのです。

また、ソーシャルネットワークサービスも被リンクを増やす有効な手段です。ソーシャルネットワークサービスと言っても様々なものが有りますが、ツイッターもその中の一つです。

ツイッターは、幅広い年齢層が参加しているので、様々な層からのトラフィックが期待できます。ツイッターは、被リンクを得る絶好の場なのです。今日も、検索エンジンの上位表示を巡って、多くのWEBサイトが競うように被リンクを手に入れようとしています。

SEO対策はこまめにサイトを更新することが一番です。効率よくSEO対策を行うためにはどうしたらいいのでしょうか。そのひとつはSNSをうまく利用することをおすすめします。

SNSはインターネット利用者の交流をいかにしやすくするかによって生まれたサービスです。そのため、多くの人が利用しています。それゆえ、情報更新をいかに手軽に行うかに注目が集まっています。それゆえ、SNSを利用することによって、迅速に情報更新をすることができ、SEO対策を行うことができると言っても過言ではありません。

しかし、SNSはコミュニケ―ションを主としているので、SEO対策以外の煩雑な処理が出てくる可能性があります。それゆえ、きちんと管理をすることが必要不可欠と考えられます。

yahooやgoogleなどの検索エンジンは、ネット上の無数にあるwebサイトを自動的に巡回してデータを集め、集めたデータを色々な角度から識別して、検索エンジンの検索結果表示に反映させています。

サイト上のリンクからリンクへ訪問して、被リンクやwebサイトの評価をします。

リンクの構造が自然なものであるか、不自然なものなのか等を判断して、サイト内部や外部の全てのリンクを読み取って、サイトの評価を下しています。この時の評価が高ければ高いほど検索時に上位表示されやすくなります。

またこの時の被リンクが良質なものであれば、高評価を得られやすいというデータになっています。被リンクはSEO効果を高めるための重要な役割を担っているといえるでしょう。

SEO対策でペナルティにならないように注意する

被リンクはSEO対策の要です。なかなかリンクもらえないし、時間はかかるし。それでも簡単に増やして行く人もけっこういるのですね。

羨ましい限りです。被リンク集めをしたいのだけれど、相手探しで悩まされ経験してきたことなのではないでしょうか。

せっかくお気に入りのサイトを見つけたのに、相手が自分のサイトよりもページランクが上で断られたり、ってことはよくあることです。辛いですね、被リンク。被リンク集めは、ときには精神的にもかなりの苦痛をともなって。なかなかできないのが原因で、とうとうSEO対策を止めてしまった友人がいました。かなり努力してたんですが、とうとうやる気さえなくなってしまったのですね。残念です。

被リンクの増加を目指している方は、多いのではないでしょうか。サイトを運営している方ならば、やはり検索で上位に表示されることを目標としている方も多いでしょう。そして、被リンク増加には他サイトの存在が欠かせないのです。

他サイトは、リンクしてもらうために必要なのはもちろんですが、その方法はいくつかの種類に分けることができます。最も一般的な方法の一つ、相互リンクでは、互いに了承をすることで高い効果を得ることができます。

しかし、自動で相互リンクを増やすサービスを使っていると、逆効果になってしまう可能性があるので、注意しましょう。

サイトのみならずツイッターのような、サイト外のサービスを積極的に利用していくことが、被リンク増加につながるのです。

SEO対策でブラックハットSEOやそれに準ずるグレーな手法はこれまで必ず通用しなくなる歴史を辿っています。その場かぎりの対策や過剰なSEOのテクニックに頼り過ぎないように十分注意したいところです。

たとえば陥りやすいミスとして、サイトに自ら悪意のある隠しリンクをすることはないと思いますが、気が付かずにペナルティとなる可能性があるので気をつけてください。

クローキングにも注意が必要です。特にモバイルサイトでは、3キャリアのユーザーエージェントを見てサイトを振り分けることが一般的に行われてきました。

クローラーだけに見せるページをあらかじめ用意しているだけでクローキングとなりペナルティとなる可能性もあります。またキーワードの連呼や出現数も検索エンジンからペナルティを受ける対象なので控えるのが無難です。

今はウェブサイトがそのまま広告となり。気軽にインターネットができる現在では、自分自身のホームページやブログをもつ方もけっこういまして、そうしたウェブサイトに日々日記をかく人も増えていますね。

たとえば、日記にスイーツに関しての記事を書いたとします。自分のお気に入りのお店なんかも紹介したりするでしょう。

このとき、そのお気に入りのお店のサイトアドレスを明記して、html言語でリンクを貼ったりしますね。そこをクリックすれば、すぐにそのお店のサイトへ飛べるという状態です。これは一つの広告ですよ。今はこうした広告がいわばあたりまえのようになっています。また、このリンクを貼った状態が被リンク。この被リンクが増えれば増えるほど、そのお店のサイトは質が高いと検索エンジンのロボットに認識されるのですね。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンは、各ウェブサイトページの情報を読み取って検索結果に反映させています。

対象キーワードを含んだテキストにより、検索キーワードにマッチングして表示されます。

検索エンジンは充実したコンテンツを持つサイトや、適度に被リンクのあるサイトを好みます。

逆に中途半端なコンテンツや、被リンクだらけのサイトページを拒否する傾向があります。

ですから自分のサイトを良質なものにするよう、努力をしなければなりません。バランンスの取れた良いサイトを構築することにより、良質な被リンクをゲットしやすくする環境にすることができます。

良質な被リンクを獲得する方法については、ディレクトリ型検索エンジン登録や、テキストリンクサービス、相互リンクなどもあります。

SEO対策

SEO対策の効果をしっかり結果として出すにはある程度の期間が必要となってきます。しかし、Googleには新規ドメインを一定期間、無条件で上位表示させるフィルターのようなものがあり、(ない場合も有り)場合によってはアップしたサイトがいきなり上位表示されるということもあります。

その後、一定期間が過ぎると案の定とんでもない順位に飛ばされるわけです。圏外に行くのはフィルターにかかったのではありません。今までが特別だったのです。これをGoogeハネムーンと言います。

被リンクをいかにして増やすか?

サイトやブログをお持ちの方にとっては永遠のテーマかもしれませんが、

SEOの外部施策のひとつ、被リンクの増加ですがもっとも簡単かつ効率的に行える方法をご紹介します。

それはほかの人のブログにリンクを貼ってもらうということです。

むやみに他人のブログに入り込んでコメントを残し、かつリンクを勝手に貼っていく人が増えたため、リンク禁止などを自主的に謳っているブログもあります。

もしくは管理者が一度コメントを確認し、その内容が問題なければ掲載するのが一般的です。なので最初のうちはまず友好的なコメントを書いて相手とコミュニケーションをとるのが良いでしょう。

何回かやりとりして自分のブログ(サイト)に来てもらってから、自分がSEO対策したいサイトのリンクを貼ってもらうのが流れです。

被リンクを増やすにはテキストをたくさん使いましょう。

サイトが見栄え優先にするあまりフラッシュや画像ファイルの埋め込みが増えてきました。

しかし、それらは検索に引っかかりません。

コンテンツの豊富さとテキストの豊富さで、

被リンクを増やすことは可能です。

テキストでの情報内容も出来る限り広くしましょう。

何かに特化するのはビジネスの条件かもしれませんが、

あえて裾野を広げることで、良質な被リンクが増えてくるでしょうし

インターネットの場合は思わぬところでビジネスに繋がることも多いです。

私の実家が遠方ということもあり、また旅行好きでもあるので、飛行機に乗る機会が非常に多いです。

最近では、飛行機に乗る時のマナーについて、考えさせられます。マナーの悪い人が多過ぎるからです。

先日、国内線に乗ったときのことです。シートベルトサインは消えていたのですが、それは決して何をしても良いという時間ではありません。それなのに、飛行機内を猛ダッシュしている小学生くらいの男の子がおり、びっくりしました。しかし、飛行機に乗ってはしゃぐ気持ちも分かります。

それを母親が怒るどころかケータイで撮影していたのです。他の乗客の方も、落ち着かない雰囲気に迷惑そうにしていたのに、親が叱らないで、誰が叱るのだと憤りました。

見かねたキャビンアテンダントの方が、シートに座るように促していましたが、本来なら親が言うべきです。

こういった親に育てられる子供は、常識が身に付かずかわいそうだと思いました。

多数のサイトのSEO対策をするには

被リンク対策においてリンクの量と質の両方が大切になってきます。特に質に関しては非常に注意を払う必要があり、検索エンジンの度重なるアルゴリズムの変更により、最適な被リンク対策は常に変化しており、被リンク対策において今まで有効とされていた対策が効果が急に薄れたり、マイナスの効果を持つこともあります。その一つの例として挙げられるのがGoogleのページランクと呼ばれるウェブページの評価基準です。

このページランクは0から10までの11段階評価が行われており、ランクは数値が高いほど評価が高いことを表します。このページランクも被リンク対策ではページランクの低いページがページランクの高いページから被リンクをいくつも受けると、評価が下がるなどの現象が見られます。そのため被リンクを増やす場合は、ページランクを考慮して被リンク構築をしていくことが重要となります。

アフィリエイトなど多数のサイトを運営していると、どうしても記事やブログの更新が追い付かない場合があります。

ただでさえ、記事のアップをしたりやタグの処理をしたりなしなければいけないのに、有用な記事までかけないという人もいるでしょう。
サイトが多くなれば、SEO対策が難しくなる場合もあります。そのときはライターを雇いましょう。

SEO対策には何と言っても有用な記事やコンテンツのアップです。これを行うだけで、ずいぶんとアクセス数をアップさせることができます。

そのためには記事の量産をする必要があります。そのためには、記事に専念する人を雇ったほうが効率のいい場合があります。ぜひ、多数のサイトのSEO対策をするのであれば、ウェブライターを雇いましょう。

SEO対策という言葉を聞いたことはありませんか。大手のインターネットサイトではほとんどこの対策を行っています。

SEO対策をきちんとしていると、自サイトに人を集めることが出来るからです。

今、インターネットビジネスが流行しています。注目を集めているのはアフィリエイトです。自サイトのリンクから商品を買ってもらった場合、その売上の何%かが自分の収入になるという仕組みです。

これに成功した人は、莫大な収入を得ていると言います。でも、なかなかそこまでの数を売りさばくことは困難です。まず大前提として、たくさんの人を自サイトに呼ばなくてはならないのです。

その時に頼りになるのが検索サイトです。検索サイトで上位に表示されればされるほど、そのリンクを辿って自サイトに人が来てくれる可能性が高まるのです。では、上位表示を目指すには何をすればいいのでしょう。

それは被リンクを増やすことです。被リンクとは「自サイトへ飛ぶリンク」のことです。その数が多ければ多いほど、上位に表示されるのです。

集客を望むなら、まず被リンクを増やしていきましょう。

息子が中学に入学しました。小学校の頃と違って部活動をしなければならないので、

野球部で活動するために坊主頭にしました。

私が中学生の頃は校則で男子は坊主頭にすることが決められていたので、

つい当時のことを思い出してしまいました。

変わったことと言えば、風呂に入るのを嫌がるようになってきたことと、部屋に入られるのを嫌がり出したことです。

風呂に入りたがらないのは、成長過程なのだろうなと思いますし、部屋に入ってほしくないのは、いろいろと隠したいものがあるからなのかもしれません。私もその気持ちはわかります。

とは言っても、隠している場所もだいたいわかっていますが、息子には内緒です。

あとは、妻にいろいろ言われるのを嫌がるようになったことです。

反抗期というものがついにやってきたのかと嬉しくもあり、寂しくもあります。

私は自分のブログをたくさんの人に見てもらいたいのでSEO対策をしています

私は半年くらい前からブログを書き始めました。

趣味、日々の出来事、毎日の生活で感じたこと、気に入った商品などあらゆることをブログに書いています。

そしてどうせなら自分の書いているブログを見てもらいたいのでSEO対策をしています。

SEO対策とは検索サイトで上のほうに表示されるようにする対策のことをいってSEO対策をすることによってブログやホームページの閲覧数が多くなります。

WEBサイト内には沢山の被リンクが存在しています。

内部リンク、外部リンク、相互リンク、被リンクなどの色々なリンクはサイト内やサイト外を行き来することのできる便利な存在です。

またサイトにどのようなリンクがどれ位の量あるのか?といったことは検索エンジンの表示順位を決めるさいの鍵ともなっています。

表示順位を一つでも高めるためには、被リンクの存在が欠かせないものとなっています。できるだけ良質なサイトからの被リンクが効果があります。

良質なサイトから支持されるサイトであると認められるので、検索エンジンから高い評価を得ることができます。

質の悪いサイトからの被リンクは評価されませんので、なるべくページランクの高いサイトなどの良質サイトからの被リンクを獲得することが重要です。

バターは冷凍が利きますので、2・3週間程度で食べ切る量を小分け冷凍すれば問題無しでしょう。

因みにパウンドケーキにはよつ葉を使ってましたがこちらも業務用の450gですが、業務用でしたからそれなりに仕える値段でした。

さて当の高級バターの中で、チョイとした高単価スーパーに有るフランス発酵バターの「レシエ」、50gで452円のビックリ価格でした、、。

SEO対策をSEO業者に依頼するメリット。

ブログでアフリエイトをしていると、被リンクを増やしたくなりますが、なかなか増えません。そこで、ブロガー同士が仲良くリンクし合えばいいのではと思いました。

他の方の気に入ったブログに自分のリンクを貼り、そのブロガーの方が、私のブログに貼れば、両方リンクが増えるわけです。そうやって少しずつですが、増やしていけばいいのかなと最近考えていますが、数をこなすには相当の時間と努力が必要かも知れません。

どんなブログでもいいのなら早いですが、自分の気に入ったブログじゃないと貼りたくないし、貼られたくないですから、それを探すのが一番時間かかるのではと思いました。

折角探し当てたブログでも、更新を全くしていないものだったら、そのリンク貼りは、被リンクとしての効果が得られるのかが心配です。

アフィリエイトサイトやインターネットショッピングサイトの運営者にとって、SEO対策は極めて重要なビジネス戦略です。

というのも、せっかく良い商品やサービスが紹介されていても、そのサイトに訪問者が来なければ全く無意味だからです。これは、いくら美味しいレストランでも、立地があまりに悪ければ客が来ないのと同じです。

そこで、こうしたネットビジネスを行っている者にとっては、SEO対策をSEO業者に依頼するのが確実でしょう。

SEO業者は、独自に検索エンジンのアルゴリズム解析を行っているところが多く、たとえば特定の検索エンジンにおいて掲載順位5番以内に入れること等、依頼も具体的に行えます。

報酬額はそれなりに高価ですが、確実にアクセスアップを図れるために、メリットは大きいのです。

サイト運営者にとって、SEO対策に被リンクの数を増やすことが有効であることは、もはや常識であるといっていいでしょう。

しかし、では自分のサイトで、そのための効果的な対策ができているかといえば、なかなか難しいというのが現状ではないでしょうか。

被リンク対策として、一般的に最も良く知られているのが、人気のあるブログなどに相互リンクを申し込むやり方ですが、

それには、自分のサイトからも相手サイトへのリンクを貼らなくてはならず、

できる数に限度があります。

また、やり過ぎると、見ている人に悪印象を与えてしまう可能性もあります。

最近では、被リンクを増やしてくれるプロのサービスもあります。個人での対策に限界を感じたら、そういったものを利用するのも、一つの手であると思います。

1500万ためたら、マンションを買って、結婚します。

1500万なんて夢のまた夢のような話だけど、、
とりあえず頭金200万は貯めたいです。

結婚したら、

私は内職へ。

インターネットで仕事ができたら、夢みたい。

それで20万でも稼げたらいいな。

今は、まだそこまで市場が大きくなっていない気がするけど頑張ります。

SEO対策とパンくずリストの関係

被リンクを獲る方法として相互リングがあります。

お互いにリンクを貼り合うことによって被リンクを稼ぎます。

同じジャンル同士でリンクしあえば自分のウェブサイトにも来てもらえる可能性があります。

もちろん、被リンクが増えるのでGoogleの検索結果で上位に表示される期待も持てます。

中には相互リンク集というサイトもありますが、これには効果がありません。注意しておきましょう。

相互リンクのやり方ですが、まず、相互リンクしたいサイトのリンクを自分のサイトに貼りましょう。

それから、相手にメールで、相互リンクをお願いしてみましょう。

丁寧なメールであれば承諾してくれる可能性も高くなるので、いい文章を作っておきましょう。

礼儀正しくすれば断られても気にする必要はないと思います。

相互リンクの依頼してみてはいかがでしょうか。

パンくずリストをページ内に表示させることはユーザーの利便性とSEO対策を兼ねた効果的な施策です。
パンくずリストとは一般的に各記事の上部に表示されるもので、その記事がページ内のどのカテゴリーにあるのかを示している情報です。

例えばあるサイトの中にSEO対策というカテゴリーが存在し、その中にパンくずリストというタイトルの記事があった場合、その記事には「トップページ>SEO対策>パンくずリスト」というふうに表示されます。

この表示はテキストリンクとなっていて、トップページやSEO対策カテゴリのページにクリックして移動できるためユーザーにとって親切なサイト構造にすることができます。さらにこうした構造は検索ロボットがくまなくサイト内を巡るのを助けSEO効果も期待できるのです。

SEO対策という言葉を聞いたことはありませんか。大手のインターネットサイトではほとんどこの対策を行っています。

SEO対策をきちんとしていると、自サイトに人を集めることが出来るからです。

今、インターネットビジネスが流行しています。注目を集めているのはアフィリエイトです。自サイトのリンクから商品を買ってもらった場合、その売上の何%かが自分の収入になるという仕組みです。

これに成功した人は、莫大な収入を得ていると言います。でも、なかなかそこまでの数を売りさばくことは困難です。まず大前提として、たくさんの人を自サイトに呼ばなくてはならないのです。

その時に頼りになるのが検索サイトです。検索サイトで上位に表示されればされるほど、そのリンクを辿って自サイトに人が来てくれる可能性が高まるのです。では、上位表示を目指すには何をすればいいのでしょう。

それは被リンクを増やすことです。被リンクとは「自サイトへ飛ぶリンク」のことです。その数が多ければ多いほど、上位に表示されるのです。

集客を望むなら、まず被リンクを増やしていきましょう。

あまりクラシックを聞かない僕にとって、たまに

そんな世界に浸るととてもリフレッシュすることができます。

僕自身は楽器を弾くことはないのですが、子供たちがピアノを

幼い頃からの弾いているので、たまにそんな機会に触れることがあります。

中にはバイオリンやクラシックギター、ホルン・トランペットといった他の楽器とのコラボもあって結構、楽しめる内容になっていたりもします。

家内が昔から坂本さんの大ファンで、何度かピアノコンサートに行ったことがありました。

今までロックコンサートしか行ったことのない僕にとってはとても新鮮だったのです。

ピアノだけのコンサートなのですが、心に響くとはあの事を指せているのかもしれません。

また、見慣れない弦楽器とのコラボもあって神秘さの中にも

心を和ませてくれるのでした。

SEO対策をしてもらった

うちのお店のホームページが思った以上にアクセス数が増えないんです。これはどういうことなのかな、いいホームページなのにと思っていました。

そんな時にIT関連企業に勤めている友人から、SEO対策はやっているの?と聞かれました。SEO対策って何?そんなのやっていない、と答えるとじゃあ私がちょっとやってあげるからと言ってくれました。

友人は、出来るだけ多くの人の検索にかかるようにする作業をしてくれたみたいで、それ以降アクセス数が倍増です。商品の注文も増え、SEO対策の重要さを思い知らされました。それ以降は定期的にその友人にSEO対策をやってもらっています。

効果的な被リンク取得の一つに大手ディレクトリ型検索エンジンへの登録があります。

ヤフーカテゴリなどが有名です。しかしディレクトリ型検索エンジンからの評価が高まっても、発リンクが膨大な数になっていることを考えると、ディレクトリ登録したサイトが全て上位表示されるわけではありません。効果を感じられない場合もあるでしょう。

しかし登録しないよりは、登録しておいた方が良いでしょう。ヤフーカテゴリに登録されていないと、ヤフーの検索エンジンでの上位表示は難しいと言われているからです。しかし良質なサイトですでに上位表示されているようなサイトには必要ないかもしれません。

どちらにせよマイナス評価になることはありませんから、良質の被リンクが思うように集められない人にはお勧めです。

被リンクを増やす方法として、相互リンクがあります。相互リンクとは、お互いのブログにお互いのリンク先のアドレスを貼ることです。

この方法は、ブログを書く一般の方も、知人や家族、同僚、ブログ内容の趣味が同じ人同士などで、自然と行っている簡単な作業なのです。

それにより被リンクを増やし、yahooやGoogleなどの検索エンジンでの検索結果で、初めの方に表示されるようになることをseoといいます。ほとんどの人はこれを目指し、被リンクを増やします。

そのため、相互リンクは双方にメリットのある画期的な方法と言えます。相互リンクの中に、自動相互リンクサービスというのがあります。

これはyahooやGoogleではあからさまな被リンク増やしとみなして、検索結果がわざと下の方になってしまう可能性があるので気をつけてください。

スマホが登場してからはゲームはほとんどスマホがメインになってきました。

確かにスマホは皆が持っているし、ゲーム機を買わなくてもスマホ一つでどこでもプレイ可能なので、ゲーマーにとっては最高のゲーム機であり、また

ゲームがあまり好きではない人でも、スマホなら、ちょっとやってもいいかな。という気持ちになるようです。

そんなスマホのゲームですが、自分なりにどんなゲームがよく売れているのか、個人的にまとめてみました。

まず人気のゲームの秘密とは、一番に無課金の利用客を大事にしている事。

これは課金しないとアイテムが買えないのではなく、

ゲーム内でもステージクリア等である程度課金アイテムを提供出来るように

サービスされていること。

また、回復アイテムを出来る範囲で課金しなくても入手できる事で、無課金の意欲を向上させていると思います。

やはり、人気の出るゲームの秘訣とは、無課金の利用客にどれだけ愛されるかが問題になってくるのではないかと思います。

SEO対策業者にお任せしたほうが効率的

SEO対策について自分で勉強して、内部対策や被リンク対策を行ってきました。

けれども検索エンジンでの表示順位が下がってきてしまいました。

これでは困るので、SEO対策を新しく勉強しなおさないといけないと思っています。

あまり時間的な余裕がなくて、専門のSEO業者さんに頼もうかと思っています。

時間削減のことを考えると、SEO対策業者にお任せしたほうが効率的ですもんね^^

せっかくSEO対策をして上位表示できたとしても、アクセス数がそれほどなかったなら意味がありません。

それでSEO対策をする前に自分が使うキーワードがどれほどのアクセス数を獲得できるのかを調べることが必要です。

それを調べるための無料のキーワードツールがあります。使い方は簡単で、まず自分が使いたいキーワードを入力します。するとそのキーワードの競合の度合いが表示されます。そして次にチェックするべきなのは月間検索ボリュームです。

自分の使いたいキーワードが一ヶ月間でどれだけの量検索されたかを知ることができます。このように使うキーワードの競争相手やそれを検索した人のおおよその数を知ることはそれを使うべきかどうかを判断する基準になるでしょう。この無料のキーワードツール、おすすめです。

被リンクを販売しているテキストリンクサービス業者が沢山あります。

良質な被リンクを提供しているところもありますが、全ての業者の被リンクが良質であるとは限りません。

SEO効果が感じられない場合は、発リンク元のサイトの評価を調べたり、発リンク数を調べたりすると良いでしょう。

本当に良質なサイトなのかどうかを確かめることができます。

発リンク元を公開しないリンク販売会社もありますが、このような業者は避けた方が懸命です。

発リンクが50を超えているサイトからの発リンクは効果が弱くなってしまいます。中には200以上の発リンクをしているサイトもありますから、十分に見極める必要があります。

ミクロな世界とは原子や電子、粒子など決して目に見えるものではなくある程度理論の上で成り立つものの世界です。

これらミクロの世界の決まりごとを考えるのが量子論です。

単純な考えだと、ただ大きさが違うだけなので目に見えにくいというハンデがあるだけではないかと考えます。しかし、量子の世界では私達の当たり前が通用しないことが多々存在するのです。

その代表的なもののひとつが「ハイゼンベルクの不確定性原理」です。難しそうな名前で、もちろんこれを表す数式も難しいです。ただ、これがどういったことを言っているのかはある程度理解ができるはずです。