カテゴリー別アーカイブ: seo対策197

SEO対策専門の業者に依頼することをおすすめします

これから増々、グーグルの検索アルゴリズムが賢くなると仮定すると、ブラックハットSEO的な被リンクの施策は、検索エンジン側にすぐに潰されると思います。パンダアップデートやペンギンアップデートの時点で、過剰なSEO対策の為された薄いサイトは消えました。

こういった事を考えれば先は見えるはずです。裏道をすり抜けるSEO対策や被リンクの集め方があったとしても効果は一時的です。

一時的にアクセスが増え、検索順位が上がっても検索エンジン側に対策されれば、今度は一転してスパム扱いされ、後悔する事になるのではないでしょうか。つまりブラックハットSEOではリスクが高すぎるのです。個人の趣味のブログならサイトの価値が大きく落ちても違うサイトを作れば良いのです。

しかし、丹精込めて作り上げたビジネスサイトに強引な対策を施し、その結果スパム扱いされたら最悪です。致命傷にもなりかねないはずです。それならば正攻法で行くべきでしょう。

もしくはSEO対策に精通した会社に相談する、または依頼すべきです。本当に厳しい時代になったものです。

被リンクを受ける場合には、出来るだけ質のいいものを受けることが重要です。

被リンクのサービスには、テキストリンクを全部のWEBサイトのページのサイドバーに設けて、その全部のページからリンクを受けるようなサービスがあります。

しかしながら、検索結果で上位表示されるためには、質のいいWEBサイトからのリンクを得て、高い評価をしてもらう必要があります。

被リンクで重要なのは、被リンクの質と数です。

質の良いWEBサイトからの被リンクを得るには、非常に多くの手間と時間がかかります。

どんなに時間をかけても、万一間違っていた場合は、時間の浪費です。

そのためには、専門の業者に依頼することをおすすめします。

検索エンジンによって上位に表示され、人気サイトになる為に必要不可欠なSEO対策ですが、外部に頼らずとも自身で行える対策法がいくつかあります。

まず内部対策としては、そのサイトやページのイチオシのキーワードをいくつか選定をして、そのキーワードを目立つ様にページのタイトルなどに取り入れる事です。

キーワードを何回もサイト内で繰り返し使う事で、そのイチオシのキーワードが強調されやすくなります。

よって検索エンジンに拾われやすくなるのです。

また外部対策としては、有名サイトや人気のある優良サイトと相互リンク設定を行う方法があります。

人気サイトは勿論アクセス数が多いので、その分そのサイトのリンク先に飛ぶ閲覧者も当然多い事となります。

なので相互リンクを行えば必然的にアクセス数が増えますし、人気サイトのリンク先として検索にも引っかかりやすくなるのです。

これらは基本中の基本の簡単なSEO対策なので、最低限これらの対策は行うと良いですね。

大学に進学することになり、新しい部屋を探すことになりました。

私が部屋を探すにあたり、オートロックマンション・バス・トイレ別、3階以上、窓2面は外せない条件でした。

なので、できるだけ、南向きの部屋と2階以上の部屋を選ぶように心がけていました。

あとは、いくら安くても古いところはすまないほうがいい、と先輩にいわれました。

多少お金を無理してでも、できるだけ新しいところに住んだほうが良いみたいです。

なぜなら、古いアパートというのは想定しないような不都合なことが起きるからです。

ゴキブリがでたりとか、まあ私の場合ゴキブリはそれほど気にはしない性格なのですが、シャワーからお湯がでなかったりとか、あとあとのことを考えて選んだほうがいいみたいです。

パンダアップデートとSEO対策

ブログを持っていると、外部との繋がりが、結構重要になってくると思います。

優秀な外部リンクを自分のブログに貼り、少しでもよいアクセスを獲得したいと思っています。

しかし、その被リンクをどうやって貼らしてもらえるのか分かりません。

色んなSEO対策がありますが、調べると沢山あって、どういう意味なのか、全く分からなくなってしまいます。

調べると、被リンクのサービスしているところもあるので、一体どんなサービスなのかサイトを見てみたいと思ってます。

その時に被リンクで外部との繋がりが分かれば、やっと謎解きが出来るかも知れません。

パンダアップデートという言葉を知っているでしょうか。

恐らく、アフィリエイトなどネットで副業していてSEO対策をしたことのある人は一度は聞いたことがあると思います。

パンダアップデートとはGoogleで実施されているアルゴリズム更新の事で、質の低いサイト等を検索結果から除去するために行われました。

このパンダアプップデートの後、自分のサイトが検索結果で表示されなくなったという人も少なくありません。

質の低いサイトとは、ほとんど更新せず、記事はコピーばかりというコンテンツにオリジナル性が少ないサイトのことです。

パンダアップデートで順位などが下がらないようにするためには、質の高いサイトを維持し続ける必要があります。

オリジナリティ溢れる記事を書き、コピー記事が無く、アフィリエイトのバナーを沢山貼らないなど色々対策は取れます。

アップデートする時期は不定期なので常日頃からサイト全体に気を配る必要があります。

ランキングは下がるのは簡単で上がるのは難しいので、高品質なサイトを保てるよう努力しましょう。

SEO対策はタイトルで決まる 効率的なブログタイトルのつけかた

サイト運営をしている方であれば被リンクが気になるはずです。被リンクが気になる理由はサイトの価値と直結しているからではないでしょうか。被リンクが自然に集まるサイトはユーザーから評価の高いサイトなので、検索エンジンからも評価されます。

検索エンジンから評価されると検索結果の上位に表示される確率が高くなるのでアクセスが増えます。アクセスが増えるとさらに被リンクが増えて、さらにサイトの価値が上昇します。

このような好循環があるため、多くのサイト管理者が被リンクにこだわるわけですが、あまり急ぎすぎると良いことはないようです。

被リンクにこだわりすぎると不正な被リンクを集める方がいるようですが、こうした被リンクはペナルティの対象になるといわれています。検索順位が下落することもあるようなので、十分に注意するようにしましょう。

被リンクはSEO対策をする上で、欠かすことのできないファクターです。

サイトを作りたてのころは、アクセスが全く伸びないのに加えて、

誰も知らないという知名度がゼロのところからスタートしなくてはいけないということもあり、

そこからいかにアクセスを伸ばしていくかということが、人気サイトにするか失敗のサイトにするのかを分ける分水嶺になるようです。

サイトを作ってすぐにするべきことがgoogleの検索エンジンへの登録です。

おそらく、サイトを作ったことの無い人は知らないと思いますが、

googleやyahooに代表される検索エンジンには、登録ができるシステムがあります。

SEO対策でブログタイトルは重要、というのは昔からよく言われていることです。

新聞でも見出しをどうするかは常に重視されていて、人々の眼に何を飛び込ませるかでその後の売れ行きにも大きな差がでてきます。

さて、そのブログタイトルですが、これがいまかなりの変化をしていきています。

一度このタイトルは効果が高い、とされたタイトルは次々とマネされてしまい、まさに飽和状態になってしまう。

その情報の飽和した世界の中で大きく目立つためには、わかりやすさと同時に短さが求められます。

あまりにも長いタイトルは読むのに字間がかかる上、Twitterなどで紹介してもらおうにも長すぎて不利になることもしばしば。

そういうわけで、簡潔かつわかりやすいタイトルにするために、話し言葉を使う、という方法があります。

話し言葉とは自分が普段使っている言葉のことですが、この最新の様式を用いるのです。

例えばネット上で多用されている「w」というものや、その時々の定型文、流行語、そういったものを取り入れつつ、かつ短い言葉を使うことで、親しみやすさ、わかりやすさ、インパクトの三つの要素を満たすことができるようになるのです。

有料でSEO業者に依頼するのも効果的だ

被リンクが充実していれば検索順位は高く、アクセス数も多いと言われています。

近年では特にリンクのしているサイト同士の関連性、つまり質も問われるようになっています。

無闇な相互リンクは駄目という事です。検索エンジンから見て不自然、違和感を感じる被リンク、相互リンクは逆にペナルティを受ける可能性があり、注意が必要です。

ペンギンアップデートからだいぶ日が経ち、SEO業者さん達は織り込み済みの対策方法を見つけているので、有料で依頼するのも効果的だと思います。

でも基本は被リンクを獲得できるようコンテンツを充実です。補助的に業者さんに頼むのも良いと思います。

どのようにすれば自分のホームページの人気を上げて行くことができるのか。

それはワードを増やすこと、ということでワードを大量にちりばめたりする人がいますが、これが大問題。

実は検索サイトは文章全てを分析していて、なんと全体の文章における特定ワードの比率がきちんと自然な形になっているかを調べているのだそうです。考えてみれば、SEO対策をきちんとやっているところで、特定のワードを極端に沢山羅列しているところはありませんね。

人間の文章は、だれでもそうですがまともに書けば同じワードが大量に並ぶなどということはありません。もちろん、昔は大量の隠しワードをページの下などに表示しておけばそれで検索時の順位があがることがありましたが、検索サイトのロボットも日進月歩で進化しています。昔通用していたことが今通用することはないわけです。

というわけで、SEO対策をやろうと思ったら、それを過剰に意識して極端なことをやってしまおうと考えるのは気をつけないといけないということですね。

ブログを運営してから、よく「被リンク」という言葉をよく耳にします

被リンクとは、ほかの人の運営するサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらうことをいいます。

よく2ちゃんのまとめブログなんかにリンクがたくさんありますよね。

それってもしかして被リンクによるものなのだろうか。

自分のサイトをアピールするための営業の手段みたいなものですかね。

でもなんでそんなことするんでしょう?

それは検索の順位を上げるためです。

たくさん他のサイトから被リンクをしてもらえれば、自分のサイトの知名度が上がって、検索エンジンで上位に引っかかります。

私たちは何かをグーグル検索で調べるとき、ページをめくることで出てくる下位のサイトより、1ページめの上位のサイトのほうから閲覧するはずです。

人間ってめんどくさがりやですからね。

そうすることで、運営しているサイトのPV数を上げたり、アフィリエイトでお金を稼ぎやすくするんです。

SEO対策のためなら何でもする?

yahooやgoogleなどの大手の検索サイトに表示されることはアクセス数アップにとても効果的です。

特に検索ページの上位に表示されることでその効果は更に大きなものとなるでしょう。

このように上位に表示される為にはかなりの「被リンク」が大切になってきます。

もちろん被リンクだけではなく、サイトのコンテンツが優良かつオリジナリティ溢れるものであることも重要です。

他人のサイトの模倣やコピーばかりでなりたっているサイトは悪質な場合、検索エンジンから排除されてしまうことがあるので注意が必要です。

googleでは「ペンギンアップデート」という独自のアルゴリズムでこのようなサイトを見つけ出し排除します。

そして、より優良なサイトを優先的に表示させているようです。

某メジャー検索エンジンに認められる事は、今も昔ものウェブビジネスにとっては死活問題です。

以前はバックリンクを大量に購入して、SEO対策がはやっていましたよね。因みに私は、そんな手法は取った事はありません。

だって、そんな風な意図的な売込みを検索エンジン自体が嫌いになったら、リンクの削除が大変な作業になるって、当初から判っていた事ですからね。

まぁ、ペンギンさんが日本にやって来て以来、その仕事に忙殺されているというウェブオーナー様もたくさんいらっしゃるようです><。

サイトに人を集めるのは、有る意味で新規ラーメン店に集めるより難しい事なのかも知れません。

ラーメン屋さんなら行列ができなくても、匂いとか、いろいろ五感に訴える事が可能です、でもウェブサイトは、まず検索順位に顔を出さない限り、存在しないのと同じです。

ただ思うのは、今、検索順位に乗るためならどんな事でもやる、となっちゃうと、SEO対策ばっかりのサイト運営に落ちぶれてしまうという事です。

検索順位はいまだに不完全なもので、本来、自分にとって有用な情報をそこから見つけ出すのは、検索ユーザーのスキルにかかっているんです。

だから、SEO対策だと勘違いして過度の取り組みをするのは、実は後のバックファイヤーがきついかも知れませんよ。

大体、自分の事を求めていない客さんに、むりやりサイトの内容を押し付けても、ビジネス的な発展は望めないのではないでしょうか。。。

先日、一人暮らしをしている長男が久しぶりに帰ってきたので、スーパーへの買い物に付き合ってもらい食料に買い出しに行きました。

長男を含め家族5人、みんな焼肉が好きなので少し多めに買おうと色々なお肉を見ていると背後から「ダンナさ~ん ぜひ試食していって~」の声。

マネキンさんの声は聞こえていましたが、まさか息子に向かって言っているとは思わず、息子自身も当然自分が言われているなんて思ってもいないのでお肉選びをしていたら、マネキンさんが試食を持って息子の所へ来ました。

すぐ近くで「いかがですか?」と言われた反射で私と息子は振り返ったのですが、そのマネキンさんは息子の顔を見るなり一瞬にして気まずい表情になったかと思ったら突然「お兄さん」の連呼・・・。

マネキンさんは定位置に戻り何事も無かったように振舞っていましたが、息子からしたら母親と同じくらいに見られる程自分は老けて見えるのかとしばらくブツブツ言っており、それを近くで聞いていた私は正直笑いをこらえるのに必死でした。