注目

前書き|SEO対策を考える

Pocket

SEO対策にはさまざまな問題点、矛盾点、本音や建て前があります。ここではSEO対策の研究家であるみうがSEO対策の論点について、独自の考えで記事にしていきます。

SEO対策を基礎から学びたい方は、SEO対策に効くシリーズからお読みください。
SEO対策の必要性
SEO対策に効くリンク
SEO対策に効くライティング
SEO対策に効くタイトルタグ
SEO対策に効くサテライトブログ

Pocket

簡易ホームページの勧め

Pocket

検索順位はライバルサイトとの比較で決まります。すぐにできるSEO対策はみんなやっているので差が付かない。ライバルサイトを出し抜いて上位表示を実現するためにはメンドーなことをして差を付けるしかないと思っています。

特にサテライトブログの作成と運用が面倒です。1つ1つブログを開設してリンクを付けるという作業は手間がかかります。ブログごとにブログの開設方法からログイン画面、投稿の仕方やリンクの付け方がそれぞれ異なるので手順を覚えるのが大変です。

ブログではないのですが「簡単ホームページ」というwebサービスもあります。簡単ホームページは「htmlを知らなくてもホームページを作れる」「ホームページ作成ソフトを持っていなくてもプラウザ上からホームページを作れる」というだけで決して使い方は簡単ではないと思います。いろいろと機能を盛り込んでいるために操作を覚えるのに一苦労します。簡単ホームページは大量に作って更新することには向いていません。

正直言ってサテライトブログやサテライトサイトを大量に作って運営することに疲れていませんか。

そこでお勧めしたいのが「簡易ホームページ」です。簡易ホームページとは(みうが付けた名称ですが)サイト開設までの手順が短く1ページしか作れないホームページのことです。しかし、たった1ページしか作れなくても今はページ数が多いからと言って必ずしもSEO効果が高いわけではないので気にならないですね。速攻でサイトを作れて手っ取り早く更新ができるメリットが大きい。サテライトサイトは簡易ホームページを活用すると効率がいいです。しかし、この手の「簡易ホームページ」を探していますがほとんどありませんね。とりあえず3つ見つけて開設しました(noindex、nofollowが付いていないこと確認済)。

SEO対策に終わりはない

最近のSEO対策

Made via txti.es:
公開時「Show more options」⇒「Custom edit code」にパスワードを記入後「Save and done」をクリックしてホームページを公開。編集はURLの最後に「/edit」を付ける。「Edit code」の欄にパスワードを記入、「Save and done」

Pocket

SEO対策の必要性

Pocket

世の中には何かにつけて終わらせたがる人々がいます。SEO業界も例外ではありません。

「SEOオワコン」
などと見出しを付けて定期的にわいて出てくるSEO終末論。ユーザーはソーシャルメディアを利用することが増えたためgoogleの利用が少なくなったというのがその根拠らしい。

確かに別の記事では

「最近検索によく使うサービス」を聞くと、トップは「Google」33%ながら、「Twitter」31%、「Instagram」24%なども高い数字を示した。「Yahoo!」は12%に留まった。若者は、 企業・メディアの発信情報をGoogleなどで検索するより、 個人の発信情報をSNSメディアで検索し、楽しんでいる模様だ。

とあります。

引用元:若者はTwitterやInstagramで「検索」している | RBB TODAY

参考:

みうは検索といったらgoogleばかり使っていますが、検索媒体の多様化が進んでいることが分かりました。だからといって本当にソーシャルメディアの台頭に伴ってgoogleは衰退しているのでしょうか。

2016年3月にタレントのGENKINGさんが言った言葉が物議を醸しました。

「Googleは使わない、SEO対策しているから」
(正しくは「Googleは使わない、SEO対策されているから」だと思います。GoogleがSEO対策をしているわけではなくサイトの運営者がSEO対策をしているので)。

GENKINGさんは続けて言います。

「Googleで検索すると文字が出てくるし、(検索結果は)SEO対策されている。あとはスポンサー(広告)とかが上がってきて…ネットってリアルじゃない。Instagramは検索することで言葉より画像が表示される」

「一昔前ならGoogleで検索して化粧品のランキングを見ていたが、いまは見ません。結果にウソが多いのも若い子は知っている。自分が使っている化粧品が良くなくても、(ネットの)評価がいいと『ウソだな』と思う。Instagramは個人がやっているからウソがない」

参考:Googleは使わない、SEO対策しているから??Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」

GENKINGさんが言う「リアルじゃない」や「ウソ」とは何なのか。思うにGENKINGさんはgoogleの「作られている感」が嫌いなのではないかと解釈しました。しかし、人が作ったものや人の行動やその人自身もすべて作られています。作られていないものを見つけることのほうが難しいと思います。

作られているものが嫌いなら、例えば
「テレビは見ない。編集されているから。」
「化粧している女性は好きになれない。素顔じゃないから。」
「面接対策をした学生は採用しない。自分をよく見せようとしているから。」
と言うのだろうか。何かおかしさを感じますね。

参考:

GENKINGさんは1枚の写真をアップロードする際、ベストショットが撮れるまで何度も何度も写真を撮り直すらしい。
「ひどいときには800枚くらい(撮り直す)。(アップするのは)1枚の写真だけれども」
とGENKINGさんは言います。

800枚のうち一番見栄えがいい一枚だけアップする行為は作っていないのか。矛盾を感じます。

参考:

それはさておきgoogleとSEO対策は切っても切れない関係にあります。ある程度難易度が高いキーワードで上位表示されているサイトの管理人は上位表示できるようにSEO対策をしています。みうはそれが悪いとは思いません。ごく一部でコピペサイトやステマサイト、情報量が少ないサイトや詐欺まがいのサイトが上位表示されていることもありますが、そういうのは少なくなっています。googleはユーザーにとって有益なサイトが上位表示されるように日々アルゴリズムに改良を加えているからです。したがって、SEO対策とはユーザーが求めているコンテンツを作ることに近くなりつつあります。GENKINGさんはSEO対策をしているサイトはみんなウソ臭いと言っていますが誤りです。

参考:


そのほかGENKINGさんは
「Googleで検索すると文字が出てくる」
「googleにはスポンサー(広告)とかが上がってきて」
「Instagramは個人がやっているからウソがない」
と言っていますが、googleは画像検索も使えますし、Instagramにも広告が表示されますし、人気インスタグラマーに商品を使わせて宣伝をさせることも行われています。個人でもウソを付くことはあるでしょう。

googleはダメでInstagramは優れているという理由にならないと思います。

しかし、GENKINGさんが言いたいことも分かります。GENKINGさんを擁護する立場に立つと、商用サイトの管理人は自分の利益のために情報を操作していることは否定できない。例えばアフィリエイトサイトは報酬が高い広告から順番にランキングを付けることはありがちです。一方、Instagramは営利企業ですがInstagramの一般ユーザーは自分の利益のためにInstagramを利用しているわけではない。したがってInstagramの一般ユーザーは純粋に良いと思うものだけを紹介していると考えることができます。また、どこの誰が運営しているのか分からないサイトの情報よりも知っている人が投稿する情報のほうが信用できるという面もあるでしょう。また、本を探すのならアマゾン、レシピを調べるのならクックパッドなど検索媒体にはそれぞれ得意分野があります。Instagramは写真や動画をアップすることがメインのSNSなので、流行りのファッションやメイクを追うのに適しています。InstagramはモデルであるGENKINGさんの属性に合っているのでしょう。

だからといってgoogleは必要ないとまでは言えないと思います。自分から情報を取りに行く手段としてgoogleの右に出る者はいません。

例えば、風邪を引いて咳がひどいので近くのドラッグストアに出かけて風邪薬を買って飲もうと思っているとします。市販の風邪薬の中でどれがお勧めなのか。Instagramのタイムランを眺めていても自分にとって興味がある情報は流れてきますが、いくら待てども市販の風邪薬の中でどれがお勧めなのかという情報は流れて来ないと思います。「風邪を引いて咳が止まらない。お勧めの風邪薬を教えて」とInstagramに投稿することができますが、必ず満足する回答が返ってくるとは限りません。このような場合はgoogleで「咳止め 風邪薬 お勧め」で検索をかけることで、もっとも効率よく自分が知りたい情報を探すことができます。

すなわちソーシャルメディアは普段から興味がある情報を得るのに便利ですが、急に興味を持った情報を探すときはgoogleが有用です。ソーシャルメディアがgoogleに取って変わるというのは誤りで両者はうまく住み分けられていると言えるでしょう。みうはツイッターで毎日SEO対策の情報収集をしていますが、googleも毎日使っています。自分が知りたいことを直接知る方法としてgoogleがもっとも優れていると思います。

結論、SEO対策は終わらない。

参考:

<HPE改行を無効>

余談

 

素人がよく知らないことを批判したらたちまちのうちにその道の専門家にやり込められることが往々にしてあります。また、みうは反論が好きで趣味で反論についての本を何冊も読んでいます。世間で話題の「Googleは使わない、SEO対策しているから」という記事を華麗に論破することでSEO対策の必要性を説くことを思い付きました。この言葉は面白く突っ込みどころが多いですね。論破のしがいがありました。我ながらいい出来であります。

<HPE改行を無効>

後日談

 

この記事はぜんぜんバズりませんでした。SEO対策のノウハウは何も書いてませんが、読み応えのある記事を書いたつもりでした。しかしユーザーはSEO対策のノウハウを求めていたのでバズらなかったと考えました。でもそれを言ったら「Googleは使わない、SEO対策しているから」の記事もぜんぜんSEO対策のノウハウ的なことは書かれていない。なぜ「Googleは使わない、SEO対策しているから」はバズったのだろうか。

芸能人が発言したから?
でもGENKINGはあまり有名ではないですよね。みうはGENKINGなんて知らない。

「Googleは使わない、SEO対策しているから」の記事がバズった別の理由を考えてみました。タイトルが面白く突っ込みどころが多いことがバズった大きな理由だと考えました。しかし、突っ込みどころが多いからといって、突っ込んでもバズらないというわけか。

しかし、ナイルというSEO会社が「Googleは使わない、SEO対策しているから」の言及記事を書いていますが、こちらの記事はバズっています。

参考:GENKINGさん「Googleは使わない」発言から考える、プラットフォーム分散時代のSEO ++ SEO HACKS公式ブログ

みうが書いた記事とナイルが書いた記事はどっちも大差ないように見えますが、反響が違う。この差は何なのか。ブランド力の差か?

バズらせるというのは奥が深いですね。

Pocket

ディープトップページは当たらずと言えども遠からず

Pocket

その昔、みうは「ディープトップページ」という概念を提唱しました。下位ページをトップページのように見せて下位ページに被リンクを付けて下位ページを上位表示させようという方法論です。

なぜこの考えに至ったかというと。

さまざまなキーワードで検索をかけてみるとトップページが上位表示されているサイトもあれば下位ページが上位表示されているサイトもあります。トップページが上位表示されているサイトはトップにたくさんの被リンクが付いていることが多く、下位ページが表示されているサイトには下位ページはほとんど被リンクが付いていないことに気づきました。

ということは、下位ページにたくさん被リンクを付ければ有利ですよね。さらに下位ページをトップページのように見せることを考えました。この方法論をみうは「ディープトップページ」と名付けました。

現在ではパンくずリストなどを使って関連性が高い内部リンクが集中している下位ページが上位表示されやすいことが分かりました。ディープトップページという考え方は半分正解でした。

大規模サイトは関連性を高めるためにパンくずリストは必ず付けたほうがいいでしょう。

※パンくずリストについてより詳しく知りたいのなら
SEO対策に効くリンク
を参照してください。

Pocket

googleから良質なサイトを作るためのアドバイス

Pocket

(抽象的な説明もあるため具体的な施策に結び付けにくいところもありますが)少し古い記事ですがgoogleから良質なサイトを作るためのアドバイスがあったので引用します。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

次の記述はgoogleの検索エンジンサービスについての理念というか方向性というか目標のようなものだと考えています。googleがどのようなサイトを評価するのかとは異なりますが、参考になるのではないでしょうか。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

引用元:Google が掲げる 10 の事実 ? 会社情報 ? Google

Pocket

外部SEO対策だけと内部SEO対策だけ。どっちがラクか?

Pocket

SEO対策には内部SEO対策と外部SEO対策があります。両方満たされることで順位が上がるわけですが、ふと思ったこと。

外部SEO対策だけで検索順位が決まるのと内部SEO対策だけで検索順位が決まるのではどっちがラクだろうか。

外部SEO対策一辺倒の世界になれば、みうはひたすら世界中の無料ブログを探して回る毎日を送ることになると思いました。内部SEO対策一辺倒の世界になれば、サイト内ページをひたすら長文化する毎日を送ることになるでしょう。

一見、内部SEO対策一辺倒のアルゴリズムのほうがラクに見えますが、ラクにはならないと思います。なぜならみんな条件は同じだからです。競争に勝たないと上位表示されません。

最近は長文がSEOに強いためか4万字を超えるページも見かけます。もし記事の量だけで検索順位が決まるのなら、超長文が検索上位を独占するとんでもない世界になるでしょう。

その昔、yahooは独自検索エンジンを使っていました。yahooがグーグルの検索エンジン採用すると発表されたとき今後はgoogle対策1本でいいのでSEO対策がラクになるという人もいました。ラクになりませんでした。yahooがgoogle化した途端、PPCで集客していたサイトがSEO対策を始めたからです。

SEO対策をすることで上位表示を実現することはすべての人にとって平等にチャンスがあります。しかし、お金になる検索順位は限られています。競争に勝たなければ稼げません。だからどういう風に変わってもラクにならない。

Pocket

検索結果に表示されているサイトは常に走っている状態

Pocket

SEO対策を知らない人にとってそのサイトの検索順位は固定席のように感じています。SEO対策を始めたばかりの人は一度上位表示されるとそこで固定すると思い込みやすい。過去のみうがそうでした。

今のみうが思うに検索結果に表示されているサイトは例えていうと長距離マラソンをしているイメージがあります。検索順位を競うことは常に走っている状態だと思っています。 自分の前を走っているランナーが自分よりも走るペースが遅ければいずれ追い抜くことができます。しかし、自分の前を走っている人が自分よりも走るペースが速ければ経っても追い抜くことができない。自分が走るペースが遅くなれば追い抜かれます。検索順位とはそういうイメージがあります。

短期間で見ても検索順位は変わらないので検索順位は一見固定されているように見えますが、長い目で見れば検索順位は常に変わっていることが分かります。

だから何と言われても何もオチはない。

Pocket

ツイッターでSEO対策

Pocket

以下の記事は過去インフォゼロに登録していたみうが作成したレポートになります。

普段つぶやいているツイッターアカウントを狙ったキーワードで検索結果で上位表示できたらいいと思いませんか?

■はじめに「SEO対策」3位からの転落
こちらはみうがメインで使っているツイッターアカウントになります。
SEO対策(@creditcardmiu)さん | Twitter
最高「SEO対策」3位まで入ったことがありますが、最近では順位が下がる一方です。いろいろと手を尽くしましたが順位は回復しません。アルゴリズムが変わったのだと思います。順位が下がる原因を調べたところ、日々ツイートすることで内部リンクが増えていることが順位下落の原因だと思いました。しかし、ツイッターは日々つぶやいてこそ価値があるもの。どうすればツイッターアカウントを上位表示することができるのか考えました。

ここではツイッターアカウントに特化したSEO対策のノウハウを解説していきます。

■内部SEO対策と外部SEO対策
SEO対策には内部SEO対策と外部SEO対策があります。内部SEO対策と外部SEO対策の両方がうまくいってないと順位は上がりません。

・内部SEO対策とは
サイト内部を上位表示するために最適化することです。具体的にはタイトルやツイートにキーワードを入れたり、キーワードが含んだ内部リンクを得ることが内部SEO対策においてプラスになります。

・外部SEO対策とは
いわゆる被リンクを獲得することになります。被リンクは世間でいう第三者のクチコミ数や投票数のような機能があるため、被リンクが多ければ多いほどSEO対策上有利になります。

■内部SEO対策編
・タイトルにキーワードを入れる
googleはタイトルを重視します。タイトルにキーワードを入れなければ上位表示は不可能と言ってもいいくらいSEO対策上とても重要です。また、タイトルにキーワードを入れることでキーワードが入った内部リンクを受けることができます。これはSEO対策上プラスに働きます。

・ツイートする(つぶやく)
ツイッターでは記事を投稿することをツイートと言います。ツイートするとツイートしたページが作られます。ツイートしたページから自動的にツイッターアカウントトップに内部リンクが貼られます。一般的なブログと同じです。

・ツイート内容にはキーワードを入れる
ツイート内容にはできるだけキーワードを入れたほうが上位表示されやすくなります。ツイッターアカウントのトップページは20つの最新ツイートやリツイートが表示されますが、特にツイッターアカウントトップページのキーワード出現率が高いと順位が上がりやすくなります。

・ハッシュタグを付ける
ツイートする際にハッシュタグを付けることをお勧めします。ハッシュタグのページからも内部リンクを得ることができます。

ハッシュタグとは、ツイートにカテゴリをつけて検索しやすくするため、ツイートに「#xxx」と入れるタグのようなものです。イベントの際などにハッシュタグを決めてツイートすることで、同じイベントの参加者同士で情報を共有できます。同じ話題で盛り上がることもできます。
#ハッシュタグってどうやって使うの? | Twitterヘルプセンター

※ハッシュタグを使うコツ
・多数のユーザーが使っているハッシュタグは避ける
マイナーなハッシュタグを付けることでハッシュタグページのトップから内部リンクが外れるのを遅らせます。長い間内部リンクを受けることができます。
例:「#がんばる」でハッシュタグ付けるより「#がんばるで」「#がんばるし」「#がんばるわ」「#がんばらんば」「#がんばるとは」「#がんばりま」「#がんばり」でハッシュタグを付けるといい。

・リツイートされる
面白いツイートや役に立つツイート、共感できるツイートをするとリツイートされることがあります。リツイートされると相手方アカウントのトップから内部リンクを得ることができます。

リツイートとは、英語に直すとReTweet、再ツイートという意味です。お気に入りとも似た機能なんですが、自分が良いと思った他ユーザーのツイートを再投稿することができます。「みなさん、この人がこんなことを言ってますよ?」と、自分のフォロワーにアピールする形ですね。
Twitterのリツイートの使い方

※SEO対策の技術的な説明になりますが、
・古くから運営されているページからのリンク
・更新され続けているページからのリンク
・内部リンクを多数受けているページからのリンク
の条件を満たしているリンクは順位を押し上げる効果が高い。ハッシュタグのページからのリンクやリツイートされることで得られるリンクはこれらの条件を満たしていることが多いため強力なんですね。普通にブログを運営するよりもツイッターを運営するほうがSEO対策上有利です。

しかし、ツイッターはSEO対策に不利な面があります。

・長文化できない。
SEO対策的に長文のほうが有利ですが、ツイッターには1ツイート140字以内という制約があります。ツイッターは長文化することができません。

・気軽にツイートやリツイートができない。
キーワードが入っていないツイートやリツイートをするとツイッターアカウントトップページのキーワード出現率が下がるためSEO対策上マイナスです。キーワードを意識すると気軽にツイートやリツイートができなくなります。

・ツイートを編集できない。
時間を置いてページを更新することで上位表示されやすくなります。ツイートは編集できないため一般的なブログと比べるとSEO対策的に不利です。

・内部リンクが増えすぎる
内部リンクは順位を上げる効果と順位を下げる効果があります。内部リンクが少ないときは順位を上げる効果が出ますが内部リンクが多くなると順位を下げる効果が出やすくなります。ツイートすればするほど内部リンクが増えるため、それが足かせになって順位が上がっていかなくなります。

・ハッシュタグのページやリツイートは時間が立つとリンクが外れる
ハッシュタグのページは他のツイッターユーザーとの共有ページです。ハッシュタグのトップページには最新のツイートから順番に20表示されています。多数のユーザーが使っているハッシュタグだとすぐにハッシュタグページトップから自分のツイートが押し出されてしまいます。リツイートも同じく、リツイート先アカウントがツイートやリツイートをしている間に自分のツイートがリツイート先アカウントトップから外れます。

・孤立したページが作られる。
ツイッターアカウントトップやハッシュタグのページトップから外れたツイートのページはどこからも内部リンクを受けていない孤立したページです。孤立したページから内部リンクを受けることはSEO対策上マイナスです。

結局、ツイッターは短期的に考えるとSEO対策に有利ですが長期的に考えると不利です。それでもツイッターアカウントを上位表示させたいという方にいいアイデアがあります。

メインで使うツイッターアカウントとは別に上位表示を目指すツイッターアカウントを作ります。上位表示を目指すツイッターアカウントのツイートは少な目に抑えます。要点だけ絞ったまとめアカウントとして使うと良いでしょう。メインで使うツイッターアカウントトップから上位表示を目指すツイッターアカウントへリンクします。メインで使うツイッターアカウントトップは内部リンクを多数受けているページなので、強力な内部リンクになります。

※参考URL
メインで使っているツイッターアカウント SEO対策(@creditcardmiu)さん | Twitter
上位表示を目指すツイッターアカウント 内部SEO対策まとめ(@seoyouten)さん | Twitter

※「https:~」でリンクしたらnofollowが付くので「@アカウント名」でリンクします。

■外部SEO対策編
ツイッター連動サイトを活用することで効率よく被リンクを稼ぐことができます。

※ツイッター連動サイトというのはみうが勝手に名前を付けました。ツイッターアカウント開設に伴って自動開設されるサイト、または認証することで開設されるサイトです。

連動サイトからツイッターアカウントへリンクしているので、はてなブックマークなどして連動サイトをインデックスさせることでSEO効果がある被リンクを獲得することができます。

以下nofollowが付いていないツイッター連動サイトです。活用する際はユーザー名「creditcardmiu」の部分を自分のユーザー名に置き換えるだけです。
SEO対策(@creditcardmiu) – Twilog
今日の旬 2ちゃんねる@超高速
Twitter Follower-Friend Ratio History
1ブログ1リンクサービスを提供する被リンク×[ @creditcardmiu
Old Tweets: creditcardmiu (SEO対策)
SEO対策 (@creditcardmiu) のツイート – ツイセーブ
creditcardmiuさんのアカウントID一覧
@creditcardmiuの分析 – whotwi グラフィカルTwitter分析
SEO対策 (creditcardmiu) – compute.info
SEO対策 @creditcardmiu のツイプロ
creditcardmiu – Retweet Rank
SEO対策’s – (@creditcardmiu) Twitter Pics | Twicsy – Twitter Picture Discovery
SEO対策’s – (@creditcardmiu) Twitter Pics | Twicsy – Twitter Picture Discovery
SEO対策 (@creditcardmiu) Twitter Stats
@creditcardmiu’s (SEO対策) Best Tweets
creditcardmiuとcreditcardmiuの相性診断
SEO対策’s Twitter photos
creditcardmiuのユーザー情報 – ツイキャス情報君
@creditcardmiuのユーザーページ | ついっぷる(新Ver)- 簡単シンプルなツイッター用ウェブアプリ

認証が必要
.@creditcardmiu のパクりパクられツイート一覧 | おいでよ パクツイの森 #パク森
SEO対策(@creditcardmiu) – favolog

環境によっては白紙のページ
まちツイ : SEO対策 フォロー地図
oono hirosi | Klout.com
@creditcardmiu | Faker Page

ツイッターをまとめよう – Togetterまとめ
※togetterは削除されました。しかも再登録不可。おそらく利用規約の「トゥギャッターが許可していないにもかかわらず、ユーザーが本サービスの全部又は一部を商業目的で利用する行為」に抵触した可能性が高い。みうから言わせると商業目的で利用してはいけないのなら使う価値がない。とにかくtogetterは削除されやすいのでメインで使うのには向いていません。

【失敗談】
ツイッターには自分がお気に入りのツイートだけをまとめることができる「カスタムタイムライン」という機能があります。トゥゲッターと同じようなものです。最初は上位表示を目指すページを作るためにカスタムタイムラインを使うことを考えました。しかし、ツイッターアカウントからカスタムタイムラインへリンクしてもどうやってもnofollowが付くのでやめました。

次に自分専用のユニークなハッシュタグを付けてまとめツイート群を作り、ハッシュタグのページを上位表示を目指すページとして使うことを試みました。ログアウトするとハッシュタグのページにすべてのツイートが表示されるわけではないことが分かったのでやめました。

(おしまい)

Pocket

みうのSEO対策昔話

Pocket

2001年9月13日、2chに「お前らのHP、googleのページランクいくつよ」というスレが立つ。ここから日本のSEOの歴史が始まったらしい。

それから3年後。みうがホームページの運営を始めたのが2004年頃でした。みうが初めて作ったホームページは公務員試験のサイトでした。

みうはホームページを立ち上げてしばらくしてからどうすれば検索順位を上げることができるのか興味が出てきました。検索上位に表示されるサイトを上から順番に見て回ったところ、どうやら古いサイトの順番に表示されているようだということが分かりました。みうのホームページは「公務員試験」で検索をかけてもずっと後ろのほうに表示されます。検索結果は運営歴が長いサイトの順番に表示されているので、今から上位表示させるのは不可能なのだろうかと思っていました。

初めてSEO対策という言葉を知ったときは感動したものです。

みうが初めてSEO対策について学んだサイトです。
Google-SEO対策!検索エンジン上位表示法 無料で上位表示できた方法を公開

そのときは「SEO対策」という言葉さえも知りませんでした。たまたま「上位表示」で検索して見つけたと思います。このサイトは2004年からあります。今も運営されていることが感慨深い。

SEO対策について学ぶうちに「ページランク」が重要だということに気づきました。その当時はコンテンツが同じ場合、ページランクが高いサイトが上位表示される。ページランクが高くなれば順位が上がると言われていました。ページランクを上げるためにはどうすればいいのか。ページランクが高いページからリンクされればページランクが上がる。ページランクが高くなくても被リンクを稼げばページランクが上がることが分かりました。

要するに被リンクを増やせば検索順位は上がるのか!

そう思ったみうは手当たり次第に相互リンクの依頼をしました。相互リンク専門サイトからリンク集を自分のサイトに転載したうえで1件1件相互リンクのお願いのメールを出して回りました。そういうやり方で「公務員試験」3位、「クレジットカード」1位まで上り詰めました。

昔は被リンクさえ増やせば順位が上がっていました。しかし、今は被リンクを付けても必ずしも順位が上がるわけじゃない。難しい時代に入りました。

(続く)

Pocket

SEO対策と情報商材の組み合わせはうさん臭いことこの上なし

Pocket

情報商材はその名の通り情報が商品になっています。情報をお金で買う商品を情報商材と言います。

情報商材は詐欺商材だと批判されることが多い。なぜか?

たまたま見つけた海信ゼミというSEO対策の情報商材。

19万8000円。

海信という人がブラックSEOを教えてくれるらしい。ブラックSEOとはgoogleのアルゴリズムの裏をかくSEO対策の手法です。分かりやすく言うとズルをするSEO対策です。

海信ゼミに入るとどのようなSEO対策を教えてもらえるのか。

ランディングページから分かったSEO対策の手法は

・サイトの量産

・ペラページを作る

・シンプルなSEO対策

・1000リンクをつけたり外したりできるリンクサービス

・短命サイト(≒一時的に上位表示されるサイト?)を作る

短命どころかいつまで経っても上位表示されないというオチはないだろうかと思いましたw

みうはこの手の情報商材は一度も買ったことがありません。買ったことがない理由は高いからです。もう一つの理由は値段に見合うだけの価値がないと思っているからです。

情報商材を買えば何かしら情報を得ることができるので、まったく価値がないというわけでもないでしょう。しかし、値段の高さに見合うだけの価値がないと考えています。例えば、20万円の情報商材を買って2000円の価値しかないというケースは大いにあるでしょう。値段が高ければ高いほど値段と価値との剥離が大きい可能性が高くなります。

冒頭で問いかけた情報商材は詐欺商材だと批判されることが多い理由は、詐欺商材は値段が高い割には著しく価値が低い商品が多いからです。客は商品を買い求めるとき値段に見合う価値を期待しています。購入者は値段が高い割には著しく価値が低い商品を詐欺だと批判します。

OKWAVEに「SEO対策のすごい情報商材を見つけました」という質問が投稿されています。

質問に内容から見て海信ゼミのことを言っていることは間違いないでしょう。回答者はみんな否定的な回答をしています。これが世間の情報商材についての評価です。

さて、あなたはここまで読んで海信ゼミに入りたいと思いますか?

Pocket

過去メインサイトに記述していたテキスト

Pocket

メインサイト被リンク×[ ]=SEO対策|半永久被リンクサービス|ブログからのバックリンクに過去記述していたテキストです。リニューアル時に削除したのですが、ユニークで気に入っていたのでここに残します。

暴れ馬がSEO業界を駆け巡る。この勢いもう誰にも止められない。

【暴れ馬の紹介】
SEO対策とは、狙ったキーワードで検索エンジン上位表示を実現する技術です。ここでは4人の暴れ馬が貴サイトの上位表示をサポートをさせていただきます。

オラ!オラ!オラ!オラッ!!! SEO対策!SEO対策!SEO対策! ともかく理屈はいらん。上位表示できればそれで良し。
by みう

検索結果とは私の庭だ。私の庭をどのようにいじろうが私の勝手だろ。違うかね?
by ryou

プファー、世の中金だ。何もかも金だ。検索順位も金で買えるのだよ。
by クンクン

根暗でも大丈夫。ネットビジネスではコミュニケーション能力はなくてもハンデにならないんですわ。
by べっしー

【暴れ馬の決めゼリフ】
ジャマだー!道を開けろ!どけどけどけーい!どけっつったらどくんだよ!1位はみうの特等席なのだよ!
by みう

リンク付ける作業は正直言って面白くないね。お金を払ってリンクを付けてもらって、順位が上がってニヤニヤするほうが絶対に楽しいね。
by ryou

ああっ、金の匂いは香ばしかぁ。
by クンクン

パソコンが唯一の友達です。
by べっしー

ユニークで気に入っていたのならなぜ削除したのか。人によっては幼稚に見えるかもしれないし、非常識に映るかもしれないと思って削除しました。

Pocket