動画、画像利用でSEOスコアをあげる

Googleのガイドラインでははっきりと「画像や動画が配置されているサイトを評価する」といった旨のことが記されています。テキストだけではなく、視覚的にもアピールするサイトが有利であり、そのパフォーマンスにおいても評価する、ということですね。SEO効果も高くなります。

また、動画に関してはそのまま埋め込むよりも、YouTubeリンクの埋め込みを推奨しています。GoogleはYouTubeを買収済なわけですから、これは当然のことで、Google検索での上位表示を目指すのであれば、従ったほうがよさそうです。

YouTubeリンクの埋め込みは用意されているリンクを使用するだけなので比較的簡単ですが、最近問題になっているように、YouTubeには著作権を無視して違法にアプされた動画も数多くあるので、リンクを埋め込む際には十分に注意しましょう。

SEO対策

SEO対策会社のディレクトリ登録の効果

ディレクトリ登録すると結果として被リンクが増えてSEOの効果が上げられるといわれていますが、それ以外の効果としてSEO対策会社から以下の営業電話が来ることがあります。
・被リンクをもっとふやしませんか。
・ホームページの露出が増えれば問い合わせが増えます。
・問い合わせが増えればホームページの売上をもっと増やせますよ。
売上が上がるのであれば人に教えずに自社だけでやれば1人勝ちできると思います。
話を戻しますが、有料のディレクトリ登録をすると検索順位の安定を見込むことができます。また、無料のプレスリリースなどを活用するのも良い方法です。PageRank3~4ぐらいのサイトを目安にどんどん申請をして被リンク獲得を狙うのも効果的あると思います。

SEO対策に有効なバックリンクサイトの作り方

自分でSEO対策を行う際に、
無料ブログを量産してバックリンクサイトを作り、
そこからメインサイトにリンク供給する方法があります。
しかし、最近のGoogleは、被リンク元のサイトの質もチェックしますので、
SEOに有効なバックリンクサイトを作るには、
バックリンクサイト自体にも、継続的に被リンクが付くことが必要です。
メインサイトを1階層目、バックリンクサイトを2階層目だとすると、
最低でも3階層目まではリンク構造を作ることが、
Googleに評価される自然なリンクを供給するためには必須だと思います。
ただ、個人でそこまでするのは非常に時間もかかり困難ですので、
2階層目までは自分で作り、3階層目は外注または購入するなど、
使える予算に応じて、できるだけ3階層以上の自然な構成を目指しましょう。

ブログのSEO対策の一つ「アンカーテキスト」

ブログのSEO対策の一つとして「アンカーテキスト」も重要なものです。

記事内に張ってある「アンカーテキスト」は、検索で見つけてもらえる一つな訳ですから、ブログの記事内に自分のブログに関係しているテキスト、リンクを張るのはとっても重要な訳です。

記事だけを沢山書いても、全部が検索で見つけてくれる訳でもなく、要所、要所でポイントを絞って見つけてもらうようにしなければいけないと言う事です。

記事だけに命をかけているのなら、それはそれでいいのですが、それではなかなかアクセス数も増えないものです。記事以外にも検索に見つけてもらえる要素を増やさなければいけないですね。

記事を書きながら、この記事に関係する所はどこかとか、「アンカーテキスト」は何と書こうかと思いながら、記事を書くのも必要なSEO対策です。

サイトの信頼度を上げるSEO

長らくサイトの信頼度を上げることができるSEOであるとオールドドメインは、結構な価格で売買されてきました。しかし現在オールドドメインのメリットや価値はまったくないと思います。
そのように思う理由としては、手垢のついたWebサイトに価値があると思えないからです。ドメインを引き継ぐということは、リンクも引き継ぐことができることをメリットとして挙げる場合がありますが、すでにペナルティを受けているリンクかもしれませんし、第一順調であるサイトドメインや価値の高いサイトドメインであれば、売ってしまうより所有して運営するほうが儲かるのではないかと思います。
新規Webサイトであれば、新しいドメインで立ち上げ最新のSEO対策トレンドで勝負するほうがよほど効率的であるように思います。