SEO対策のライティング相場

最近やや少なくなってきたSEO対策のライティングですが、相場についても価格下落傾向にあります。かつては、文字単価0.3~0.2円が主流でしたが、最近は、文字単価0.2~0.1円が主流になっています。文字単価0.3円のSEO対策のライティングは、その日の内に募集が締め切られるような状況です。ライターを本業とされている方は、そのような案件を手がけませんが、副業やお小遣い稼ぎとしてライター活動をされている方は、SEO対策のライティングを主な仕事としています。そのため、文字単価には敏感であり、高単価と思われる案件は、すぐに埋まってしまいます。たまに、文字単価0.5円のSEO対策のライティング案件を見ますが、それは、専門的知識がないと書けない案件であり、それ相応の単価設定にはしていますが、それでも埋まらないというケースが多いようです。専門的知識が必要なSEO対策のライティング相場は、文字単価1~0.7円というのが標準的のようです。

SEO対策について

ネット業界では頻出の用語であるSEOですが、その実態は?と聞かれるとなかなか答えられないのでは無いでしょうか。IT業界でで長年働いている私自身、概要は言うことが可能ですが一歩踏み込んだ内容になってくると途端にしどろもどろになってしまいます。そういったSEO対策のあいまいな部分、こまかい知識などを説明します。ではSEO対策をざっくりというとなんなのか?ですが、別名検索エンジン最適化とよばれるもので、Search Engine Optimizationの略です。ウェブページを特定の検索エンジンにおいて検索結果で上位表示されるようにするために改変するということです。その技術も含まれます。webにおけるマーケティングの一類型と言っても過言ではありません。

SEO対策とSNS

ブログやサイトを運営していると、誰も見てくれないと寂しいものです。やはり多くの人に見てもらいたいですよね。
そのために同じような主旨のブログやサイトとの相互リンクをお願いしたり、検索エンジンに登録をしたり、中にはサイトと関係のないキーワードをこっそり仕込んで検索に引っかかるようにする管理人もいます。googleやyahooなどの検索結果で上位に来れば、多くの集客が見込め、購読者が増えます。
SEO対策はサイト管理人にとって非常に重要な作業であるとも言えます。
最近はtwitterやfacebookなどのSNSもSEO対策の大事なツールになってきています。検索するとtwitterの記事が上位に来ることも少なくありません。
特にtwitterはRT機能により、時に情報が爆発的に拡散されることもあり、サイトの集客には欠かせないツールとなっています。今ではSEO対策にSNSも上手く活用しなければなりません。

個人ブロガーががっかりしてしまうSEO料金

いつまでもアクセス数も増えない、検索トップにもいかないようなブログの投稿を繰り返していてもしょうがないので、SEO業者に依頼して大きく飛躍しょうかなんて思っても、SEO料金を見てみると、そんな気持ちもなくなってしまいますね。

SEO業者に依頼してみると、キーワードごとのSEOランクによって変わるそうですが、初期費用は9千円ぐらいから始まり、8万円ぐらいまで、この料金は少し安い方なのかも知れませんが、大体こんな感じ。

毎月のSEOランク別SEO成果報酬費用は、6千円ぐらいから、24万円、それ以上の40万円と言う事もあります。個人でちょこちょこブログ投稿している人間に、どうしたらこんな料金を支払えるのでしょうか?ネット上でアクセスの多いブログを作るって言うのは、個人ではちょっと夢物語って感じですね。

タイトルタグの見直し

おはようございます。

さて、前回はホームページ内のテキストの見直しをしたのですが、ホームページのサイト内テキストだけではちょっと弱いような気がするので、タイトルを見直ししたいと思います。

弊社で上位表示させたいキーワードは「ホームページ制作 名古屋」とか、「ホームページ 名古屋」とか、名古屋でホームページを作ってほしい人をターゲットにしてみました。

今のホームページのタイトルが「ホームページを作るなら○○○(会社名)」にしていたのですが、今日変更したホームページのタイトルは「ホームページなら名古屋のホームページ制作会社○○○へ」に変更しました。ホームページっていうキーワードが二つ含めているのはどうかわからないのですが、引っ掛けたいキーワードが入っているので、大丈夫かな。

また報告しますねー!