SEO対策はテーマが大切

ライティングをする際に大切なのはそのテーマです。インターネットで検索して訪れた人は、調べたいテーマを探ってそのサイトを訪れます。そしてその解決のために調べるのですね。本来はいろんな情報を欲しいと思っていても、実際は、同一のライティング記事の中にいろいろな情報を盛り込んでしまうと、どうしても情報不足、そしてよくありがちな記事になってしまう傾向があります。そのためにSEO対策としては一つの記事は一つのテーマを深く掘り下げてということが基本になるライティング記事をかかなくてはいけません。
また一つのテーマを掘り下げて書くと、やはり少し専門的な記事になりがちです。そんな時に分からないことが次々と出てきてしまいます。そんな時には、それに関連したテーマをまた取り上げてライティングをするといいのです。SEO対策としてのライティング記事とは、読み手のニーズに沿った情報を提供するライティング記事を掲載すること。これが一番大切なことでしょう。

SEO対策を行うということ

SEO対策は自分のホームページを見てもらいたい企業や個人にとって非常に重要です。どの企業も、検索エンジンが検索キーワードに対して掲載順位を決めるアルゴリズムの分析に日夜奔走し、自社サイトを常に改良しながら上位表示されるよう対策を練っています。そのアルゴリズムですがこちらも常に改良が重ねられ、とりわけgoogleが提供する検索エンジンでは、SEO対策とのせめぎあいと言ってもいいと思いますが、常に進化し続けているためその対策も一筋縄ではいかなくなっているのが現状です。つまり昔通用していた技術が今は通用しないといった事態も起こっているわけで、SEO対策を生業とする企業や個人は常に技術的な進歩を求められていると言えます。

SEOとブログの相性

ホームページを手作りしてSEO対策を行うより、既存のブログシステムやWordPressを使ってページを追加・更新した方が楽にSEO効果を得られることをご存知でしょうか。

ブログやWordPressでSEOの基本をしっかり行い、そのサイトが検索に強くなっている状態だと、記事を投稿してから数分で「検索の1位に表示される」ことがあるのです。

たとえば「2013年税制改正の解説」という専門的な内容でブログのエントリを書くとします。通常は、専門的な内容は政府のHPなどが上位に表示されるのですが、サイトが既に検索に強い場合はこの記事を投稿して数分後に「2013年 税制改正 解説」などの検索で1位に現れてくるのです。

これにはPINGという、投稿時に検索エンジンに送信できる更新通知が影響していて、投稿から数分で全世界から検索されるようになってしまいます。
この習性を利用して、検索トレンドに合わせたアクセスの多いブログを運営することも夢ではないのです。

HTMLソースを改善することで始めるSEO

SEOは大きく分けると、外部SEO対策と内部SEO対策とに分けられます。外部SEO対策とは自分が管理するサイト以外の要素を考慮することで、外的要因と簡単に考えられます。一方で内部SEO対策では、サイト内を改善することで高いSEO効果を狙うことになります。
では、内部SEO対策ではどんなことが求められるのでしょうか。その一つが、HTMLソースの最適化です。検索エンジンはそれぞれのサイトの内容をチェックするために、クローラーと呼ばれるロボットを探索に放ちます。このクローラーはサイトのHTMLソースを機械的に分析した上でコンテンツやサイトのランク付けを行うので、クローラーが探索しやすいようにHTMLソースを最適化しておくことはとても効果的な作業なのです。

SEO対策の重要性に最近気づきました

こんなことを言って恥ずかしいのですが、私は極度のパソコン音痴で仕事でパソコンを使用するものの、。使うのはエクセルで会計処理をする程度、あとは遊びでネットサーフィンをするのがせいぜいです。

しかし、こんな私でも自身が経営する通販ショップのサイトを運営しています。ただし、もちろん中身は業者に丸投げ状態。細かい内容はよくわかりません。

あるときこの業者から「SEO対策をしっかりやったほうがいいですよ」と助言されたのですが、私は内心うるさく思うだけで生返事をしていました。しかし、何度も何度もアドバイスを受けたのをきっかけに、高校時代の友人にこのことを話しました。

「そんなの当たり前だろ!いまどきSEO対策をやらないでどうすんだよ!」と怒られる始末。でも、これが契機で真剣に対策を始めた私です。