共起語を上手く使用することでSEO対策になります

SEO対策の基本としてキーワードをページのテキストとして埋め込むというものがありますが、キーワードの詰め込みすぎには注意が必要です。そんなときにはキーワードの共起語を上手く取り入れて文章を作成すると良いと思います。共起語とはあるキーワードから連想される別のワードで、例えば「ダイエット」というキーワードの共起語は「痩せる」「カロリー」「体重」のようなものになります。

こうした共起語は検索エンジンも理解しており、そのサイトがどんな内容のサイトかを理解するときにも参考とされていると思います。内部SEO対策の基本であるこのようなページ内のテキストは気にしすぎる必要はありませんが、自分でできる最低限のSEO対策となりますので、サイト制作時には見直しておく必要があります。

SEO対策で被リンクが欲しい時

SEO対策で被リンクが欲しい時はサテライトサイトをおすすめします。サテライトサイトとはメインサイトと関連したテーマ、ジャンルのサイトをいくつか作り、メインサイトとリンクさせるといったSEO対策の手法です。

サテライトサイトを作る時間がない人は記事を外注する、サイト自体を外注する事も可能です。SEO対策会社に依頼すれば手間暇を省いて被リンクを集められます。個人のサイトでコストを掛けられない人は自分で作りましょう。

サテライトサイトですが量よりも質です。メインサイトと同等とまでは言いませんが、ある程度のサイトを作成しないと、メインリンクさせた時効果を発揮しない場合があるからです。被リンクが欲しい方はサテライトサイトで被リンクを集めてみてはいかがでしょうか。

SEO業者に頼むべき?!

先月まで、無料ブログを活用して情報を発信してきましたが、無料ブログサイトの規約変更によって、無料ブログで更新していくことが難しくなりました。そのため、今月から独自ドメインにてサイト運営を始めました。ブログとは違い、サイトでは、アクセスが集まるまで時間がかかると聞いていたので、ある程度予想はしていましたが、ここ数日アクセスゼロの期間が続いており、サイト運営のモチベーションが低下ぎみです。そこで、アクセスを集めるためにいろいろと情報を集めているとSEO対策をサイトに施すとよいとの情報を得ました。また、SEOを専門とした業者もあるようなのですが、業者を活用すべきか、自分自身でSEO対策をすべきか迷っています。お金をかけて対策すべきか、時間をかけて対策すべきか。

SEOとカラムの関係

ブログやサイトを作る際にテンプレートのカラムについてもSEO上有利なものを選択したいものです。カラムとはサイトのレイアウトについて使われる言葉です。ブログで多いのが2カラムと3カラムで、例えば3カラムの場合は通常記事が真ん中に入り両サイドにカテゴリーやアーカイブやブログパーツを入れるスペースが入ります。3カラムでも記事が一番左に来ることもあります。

また2カラム、つまり記事のスペースとサイドのスペースの2つでも右側に記事が来る場合と左側に記事が来る場合とがあります。SEO上有利なレイアウトはこれ、というものはありませんが、ロボットは左側からデータを読んでいきます。そのため重要な情報は先に読ませる、つまり左につけたほうがよいと言われています。

SEO詐欺には気をつけて依頼しましょう

最近ネット犯罪が増えていますね。SEO詐欺というのも最近増えているネット犯罪のひとつです。誰でも自分の作ったホームページや、自分の経営しているネットのお店のサイトを宣伝したいと思っています。その宣伝に一番効果があると言われているのが、Yahooやgoogleといった有名な検索エンジンで自分のサイトが上位表示されることなんです。ですから、誰しもが上位表示されたいと思う訳です。そして、上位表示されるように対策を実行することを一般的にSEO対策すると言います。SEO詐欺というのはそこへ着目した詐欺なんです。SEO対策は独学でも出来ますが、インターネットの知識が必要になってくる為、自分では無理だと判断して業者に依頼する人が大勢います。そんな知識がない人を対称とし、上位表示出来ますと嘘をついて高額な依頼料金を騙し取るのがSEO詐欺の流れです。もちろんSEO業者は詐欺という意味ではありません。とても頼りになるSEO対策業者は沢山ありますので、自分で依頼する際には詐欺に遭わないようにきちんとした業者を選びましょう。