検索サイトでの順位を上げるSEO対策

検索サイトはキーワードや更新の度合いなどの要素を主体として、コンテンツなど飲みやすさなどを考慮して順位として位置付ける仕組みになっています。キーワードを検索した時の順位は、検索のアルゴリズムによって決定される事が特徴です。SEO対策を徹底する事で、自然に上位に表示される可能性があります。文章やタイトルの内容に重要なキーワードを盛り込んだり、高い品質を考慮しながら更新する事で、上位に位置する条件を満たしやすいです。
最近はSEO対策の為の専門書が多く出回っていて、書籍などを参考にしながらSEO対策を行っているアフィリエイターが多いです。稼ぐために多くのキーワードを見つけて、プラスになると思えるコンテンツを作る努力をしても、収入に結びつかないで悩んでいる人もいます。アフィリエイトと商売は密接な関係で繋がっていて、商売の場合はどんなに良い商品を並べていても売上に繋がらない事が特徴です。アフィリエイトなどで成功している人のコンテンツの場合、副業などのキーワードを入れても1ページ目に必ず表示されている傾向です。

SEOに必須のウェブマスターツール

Googleに対応したSEO対策をするとき、必ず利用したいツールが「ウェブマスターツール」です。Googleが提供する無料ツールで、自分のサイトのインデックスの管理や、検索状況の概要、アドレスの変更などがあった場合の修正申請など、サイトが検索されるために必要な設定と表示状態の修正などができる便利なツールです。

特に重要なのはインデックスの管理と言っていいでしょう。ウェブサイトを構築した際、まずはじめに行うのが検索エンジンへの申請です。以前は、YahooもGoogleも専用の申請画面からサイトのURLを送信するだけで、検索ロボットが自動でクロールしてくれるような仕組みでした。しかし、Googleでウェブマスターツールが用意されると、新しいサイトのサイトマップをXML形式で申請することで、検索ロボットのクロールを上手に誘導することが可能になったのです。

これのウェブマスターツールの利用によって、検索エンジンにインデックスされるまでの期間は飛躍的に短くなり、正確にインデックスされていきますので、サイト開設の際はぜひ利用したいツールです。

SEO対策の競合調査で使う指標

SEO対策の初期段階では競合の調査を行いますが、そのときに使用する指標にはどのようなものがあるでしょうか。
・GooglePageRank
・被リンク数
・ドメイン年数
・広告の状況
上記の項目についてリストアップして調査をします。
上記の項目ひとつひとつを取り上げて必ずしもSEO対策が強いということにはなりませんが、集めて情報に偏りなどが認められる場合は、注目します。つまり競合サイトを調査するというのは傾向を把握することなのです。
たとえばGooglePageRankが軒並み高いサイトが上位表示されている場合は、そのキーワードの市場が激戦区であると考えますし、GooglePageRankが低いサイトばかりであれば、後発サイトでも十分検索上位表示が可能であると考えることができます。

どうしてもアクセスアップを望むならSEO対策会社に依頼しましょう

グーグルのアルゴリズムが変わってから多くのサイトがスパム扱いされ、検索順位を大きく落としました。検索エンジンが進化して人のようにサイトを振り分けているわけです。そうなると素人の付け焼刃のようなSEO対策では無理があります。

勝手に素人が対策するよりは、SEOについて詳しく信頼出来る対策会社に自分のサイトのSEO対策を任せたほうが良いのかもしれません。SEO対策会社をしっかり選ぶ目があればちゃんとアクセスは増えるでしょうし、検索順位も上がるでしょう。

個人で効果的なSEO対策を探すには時間と手間がかかります。趣味のサイトや個人のブログなら検索順位を落としてもまだ良いですが、ビジネスサイトだと致命傷になる事もあります。

時間と手間のコストを削減できる人は今のうちに信頼出来るSEO対策会社を見つけておいたほうが良いかもしれません。

サイトを一から作っていくときのSEO効果を考える

SEO対策のためと考えて、サイトを一から作っていくという作業をする方がいます。
こういった作業を薦めている方も多いのですが、個人的なブログ経営やサイト運営を考えるのならばはっきり言って必要のないものだと断言できます。

理由は簡単で、検索エンジンのサイトの評価というのは基本的にほとんどが外部に対する発信作業だからです。
自分のサイトの評価を外部に発信したり、または被リンクによって自分のURLの検索場所を増やしていくことによってサイトは評価されることになります。

内部対策におけるSEO対策というのは、他のサイトと見分けをつけるためのものに過ぎず、サイトの評価を向上させるためのものではありません。
その証拠に、現在ではメタタグなどを推奨している専門家はほとんどいません。
そうした受動的な対策はあまり意味がないとわかったからです。

ですので、サイトを一から作る事を考えるのはいいのですが、その方向は間違えないようにしなくてはいけません。