SEO対策に効く!google最適化の集合知

みうが持っているSEO対策のノウハウをすべて公開中!

現在ベストな被リンク対策

2017/03/26

みうは以下の要件を満た被リンクが現在ベストな被リンクだと思っています。

1.100%ドメイン分散・IP分散
2.予約投稿可
3.無料ブログ
4.1ブログ1リンク

1は被リンクの効果を高める。

2は(定期更新するための)作業効率を高める。
サテライトブログを作って記事とリンクを入れてもその後更新がなければ被リンクのSEO効果は弱くなっていきます。もし予約投稿がないサテライトブログを使うのなら定期的にログインして投稿しないといけません。もしサテライトブログを50つ毎月ログインして投稿しなければならないと考えるとうんざります。 サテライトブログに予約投稿があるかないかはえらい違いです。

自分でサテライトブログを運営するのなら予約投稿機能を使って年の初めにその年の予約投稿を仕込めば、その年はもうサテライトブログについて考える必要がありません。

1月に予約投稿を仕込むのがもっとも効率がいい。みうはサテライトブログ作成サービスをやっていますが、1月に12か月セットの依頼があれば1記事通常投稿し11記事は「月」を変えて予約投稿します。もし12月に12か月セットの依頼があったら面倒です。予約投稿は「月」と「年」の二つ変えないといけない。

サテライトブログは1月中にすべてのブログを開設して今年の12月まで予約投稿を仕込んで終わらせれば、残りの月はメインサイトの充実に時間をかけることができます。で、来年の1月になったら再び予約投稿を仕込むを繰り返すのがベストだと思います。

3と4はペナルティを避ける。
IP分散サーバー&中古ドメインは、ワードプレスの一括インストールができる。一括管理ができるなどのメリットがありますが、毎月お金がかかります。みうはランニングコストがかかることがもっともリスクが高いと思っています。

一方、無料ブログはお金がかかりませんが、登録から管理画面までそのつど異なるので面倒。無料ブログはある意味気まぐれです。時間が経つと削除・終了・不具合ブログが発生するためブログの数が減ります。

IP分散サーバー&中古ドメインと無料ブログは手間や費用の面で一長一短ありますが、ペナルティリスクも違います。

無料ブログは、多くの健全なユーザーが使っているので被リンク対策に使ってもgoogleから補足されにくい。グーグルはドメイン全体・IP全体を見ます。これが何を意味するか?例えばアメリカの無料ブログ、日本の無料ブログ、その他の国の無料ブログ全体を見たとき発リンク先と被リンク元が異なります。だから1ユーザーとして被リンク目的にブログを使っても分からない。人込みに紛れるようなものです。

2016年10月に中古ドメインを使ったサイトにペナルティの嵐が吹き荒れました。中古ドメインの何が悪いのかはよく分かっていません。 無料ブログを使っている弊社は無事でした。そのアルゴリズムの変更で無料ブログを使った被リンク対策の需要が高まったのはみうとって都合が良い。 IP分散サーバー&中古ドメインを使うメリットが下がり、無料ブログを使うメリットが大きくなりました。

HOME

メインコンテンツ

新着記事

※新着記事は翌々月まで掲載したあとメインコンテンツやサテライトサイトへ統合します。

SEO対策実験用のページです。
SEO対策

SEO対策についてつぶやいているみうのツイッターもよろしくお願いします。

【姉妹サイトの紹介】
深いSEO対策

Copyright(C) 2012 SEO対策に効く!google最適化の集合知 All Rights Reserved.