共起語を含めたSEO対策についての記事


黄色が共起語です。

 ---サンプルここから---

一般的にホームページブログは不特定多数のユーザーに見てもらうために作るものです。多くのアクセスを呼び込むためのはどうすればいいか。SEO対策を活用することを提案します。

SEO
とは「Search Engine Optimization」の略称で日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。GoogleやYahooなどの検索エンジンで特定のキーワード検索した際に検索結果に上位表示させるための技術と解されています(「SEO対策」が一般名称として使われていますが、言葉の意味を考えると「SEO対策」の「対策」は不要ですね)。

ネットショップや実店舗の紹介サイトは狙ったキーワード検索上位表示させることで売上につながります。検索エンジンから流れてくるユーザーは特定のキーワードを打ち込んで訪れるため目的意識(購買意欲)が強く、成約に至る可能性が高いのが特徴です。インターネットを通してビジネスをする場合は、いかにして検索エンジンからの集客を増やすかで売上が決まると言ってもいいでしょう。

日本では2002年後半からSEOサービスを請け負う業者が台頭し始めたと言われています。SEO業者に依頼すると100万円単位の高額な料金を請求されるケースもありますが、その気になれば無料でSEO対策を行うこともできます。 今ではSEO対策情報はネット上にあふれているため、独学でSEO対策のスキルを身に付けることも可能です。

SEO対策
には大きく分けて内部対策外部対策があります。内部対策とはサイト内をGoogle上位表示されるように作り変える施策で外部対策は被リンクを集める施策です。近年、被リンクの重要性が下がりコンテンツの重要性が高くなっています。

検索順位
を決定するのルールを「アルゴリズム」と言います。アルゴリズムは200以上の要素をもとに構成されていると言われています。Google検索ユーザーの満足度が高くなるように絶えずアルゴリズムに改良を加えています。アルゴリズムはGoogleなどの検索エンジンを管理する会社が独自に決めており、いつどのようにアルゴリズムが変えたのかは企業秘密です。このような事情からSEO対策とは「おそらくこのような施策が有効であろう」という推測のもとに成り立っています。したがってSEO対策についてのwebページブログに書いてあることは正しいこともあれば間違っていることもあります。

SEO対策
の検証には特別なスキルや多額の費用は不要です。上位表示されているサイトの共通の特徴を調べることで、どのようなSEO対策が効果的か個人でも分析することができるからです。また、アルゴリズムの変更に備えて、GRCなど検索順位チェックツールにできるだけたくさんのサイト登録しておくといいです。アルゴリズムの変更があれば大きく順位が上がったサイト群と大きく順位が下がったサイト群が出てくるのでそれらの共通点をあぶり出す作業をします。

---サンプルここまで---

本記事へ
>>SEO対策に効くライティング