GoogeにおけるSEO対策の成功がポイント

日本の検索エンジンは大きく分けて3つ存在します。ひとつは日本で最も利用されている「Yahoo!JAPAN」、そして世界で最も普及している「Google」、最後にマイクロソフトが提供している「Bing」。インターネットでビジネスを行っていくにあたり、この3つの検索エンジンを攻略することはとても重要です。攻略というのは具体的に言うと「SEO対策」です。

現在、Yahoo!JAPANはGoogleのアルゴリズムを適応し、運営を行っているので、実質は「Googe」と「Bing」のSEO対策をしていくことになります。しかし、Bingは日本においてかなり使用する人が少ないので無視しても問題ないと思います。そうなるとGoogeの攻略が鍵を握ってきます。GoogeのSEO対策の特性をしっかり理解し、対策を行っていきましょう。

SEO対策

CTRを考えたSEO対策

CTRとは広告のクリック率のことを指して使われます。これはアクセスに対してどのくらいのクリックが上がったかをパーセンテージで表します。CTRが高いほど収益につながる確率が高いため、少ないアクセスでも成果を上げることができます。逆にCTRが低いと大量のアクセスをあつめても利益が少ししかないため単なるアクセスアップのためのSEO対策をするだけでは不十分といえるかもしれません。CTRを考えたSEO対策が必要なのはそのためです。

CTRの向上のためのSEO対策をする方法の一つは、様々な広告の方法をテストすることです。広告の位置や表示方法、色の選択などCTRをあげる為に試すことのできる方法はいくつもあります。また広告の表示方法だけではなくコンテンツの内容にも手を加えることができます。

SEO対策のルールを確認する

SEO対策を始めた初心者の方には、そもそもSEOのルールすら知らない方が多いです。
SEO対策で最も基本的なことは、検索エンジンのルールを確認するということです。
SEO対策は決して万能ではなく、また意図的に順位を変動させる行為でもありますので、そのような評価を変動させる行為にはあらかじめルールが設けられているのです。

こうしたルールを確認する方法は簡単です。
対象としている検索エンジンのホームページを確認すれば良いのです。
検索エンジンのホームページには、してはいけないSEO対策が丁寧に列挙されています。
例えば、被リンクの大量獲得はペナルティの対象となる、などの確認事項がきっちりと掲載されているわけです。

こうしたルールをしっかりと把握しておかないと、その検索エンジンが望んでいる対策とは真逆のことになりかねません。
注意しましょう。

FirefoxがSEO対策に便利です

私はホームページを持っています。アクセス数が少ないので、もっと多くの人に見てもらうページにするために、SEO対策に力をいれることに決めました。
まずは本を買ってきて、いろいろ勉強しました。この手の本はいろいろ売られているので、SEO対策を考えだしたら一度は読んだ方がいいと思います。
またSEOセミナーにも参加し、勉強しました。
私はFirefoxを使って、ホームページのエラーをなくしてSEO対策をしていきました。検索エンジン上では、正しくコーディングされているホームページがSEO上よいとされるので、エラーのでないようにコーディングしていくことが大切です。タグの閉じ忘れや、余計なタグがある、HTMLとXHTMLがごちゃごちゃになっているなどはよくあるので、そんな時にFIrefoxが便利なのです。ぜひ使ってみて下さい。

SEO対策における被リンク

ペンギンアップデート、パンダアップデートと2つの大きな検索アルゴリズムのアップデートを経て、SEO対策にも多少の変化が望まれています。今までのSEO対策の大きな柱であったバックリンク、被リンク対策についてはどうでしょうか。

被リンク対策において、被リンクの質がより重要になってきていることは間違いありません。この場合の被リンクの質とは、バックリンクのリンク元サイトの質、ということになります。

中身のあるサイト、ひいては検索上位にあがってくるような検索アルゴリズムからの評価を受けているサイトからの被リンクには価値があり、ただリンクを供給するだけのために作られたサイトからの被リンクにはあまり価値が認められないと考えられます。