SEO対策はライティング業にとって標準装備の時代

今話題のクラウドを利用した在宅ワークの中で、特に注目を集めているのが『ライティング』のお仕事です。
『ライティング』の仕事といえば色々な種類があるのですが、目を引くのが『SEO対策』としてのライティング業務です。
その数もかなり多く、仕事依頼を見ない日はありません。
発注側の多くは特定のテーマを扱ったブログやサイトの運営者で、受注側はその目的のテーマやキーワードに沿った内容の文章を書くことが求められています。
ブログを利用したアフィリエイトや、特定のお店や業種のホームページなどでもSEO対策は今や欠かせない物になっています。
もちろん運営者自身が自分でライティングをしても構わないのですが、SEO対策としてのライティングにはそれなりの力量が問われます。
また、ブログなどでは目的のテーマに沿った記事が沢山あるほうがSEO対策的に有利になる事もあるので、外注としてライティング業務をお願いする事が多いのです。
これからライティング業務に携わる人間にとって、 『SEO対策』は必須事項となると思います。

SEO対策は外部からか内部からか

SEO対策には被リンク獲得を軸とした外部SEOと、コンテンツSEOともいわれる内部SEOの両方があります。ブラックハットSEOが横行していた時代ならまだしも、現在は外部SEO対策の土台をつくるためにも、内部コンテンツの充実から始めることが得策です。

なぜなら、現在有効であると考えられる外部SEOは、著名ディレクトリへの登録やソーシャルブックマークを通じてのリンクなど、コンテンツの質が大きく影響するからです。ディレクトリへの登録は審査があり、ディレクトリによっては再審査に制限がある場合もあります。

外部SEOでは来訪者の増加が見込めます。が、滞在する価値がないようなサイトでは、最終的にGoogleに評価されることは難しく、検索上位表示につながりません。

個別ページを作ってSEO対策

動画コンテンツに関するページ作りでは、複数の動画を一ページにまとめるのではなく個別ページを作成したほうがSEOで効果的です。というのも検索エンジンは動画の評価をするために、その動画ファイル自体だけではなく周辺の情報を加味して評価をするからです。周辺の情報というのはテキストも含まれます。一つの動画に対して一つのページを作成し、その動画を紹介し特徴を説明するテキストを含めることで検索エンジンは動画の特徴を把握することができます。

逆に複数の動画が一つのページで紹介されていると、それぞれの動画に対する正しい評価ができなくなるためSEO上良いとはいえません。たとえ一つにまとめたいとしても、リンクを貼り各動画の個別ページを作成しておくことができます。

自分のサイトに合ったSEOを

現在、インターネット利用者の多くは、GoogleやYahoo!といった検索サイトを利用して望む情報を掲載しているサイトへと訪れています。そのため自社で運営しているサイトへのアクセスを増やすためには、検索サイトでの検索結果に上位表示されることが重要になってきます。
そのための技術を、SEOと呼びます。これは様々な技術が組み合わされたもので、一つだけ行えばアクセスが増えるというわけではありません。試行錯誤しながら、自分のサイトへアクセスを増やすにはどのようなSEOが効果的なのか見つけていく作業が必要になるのです。
なお、効果があるとして知られているSEOテクニックを全て行ったからといって、アクセスが必ずしも増えるわけではありません。あくまでも、自分のサイトに合ったSEOを見極めることが求められるのです。

そもそもSEOって何?

私たちがインターネットの検索サイトで調べたい言葉を入力して検索をかけると、その言葉に関連のあるサイトが検索結果として表示されます。検索した言葉によっては莫大な数のサイトが表示されますが、この表示の順番はどのようにして決まっているのでしょうか。

実はここに関係してくるのがSEOです。
SEOというのは簡単に言ってしまえば検索エンジンに検索結果として上位に表示してもらうための方法のことです。

各検索エンジンはインターネット上に無数にあるサイトを独自に判断し、検索を掛けている人に対して教えてあげるシステムを持っています。そこにはそのサイトが検索ワードに対して相応しいサイトであると判断をする基準があり、その基準に適合できるサイトを作ることで自分のサイトを検索結果上位に表示させられるようになります。