SEO対策で有益なコンテンツとは

SEO対策をするのは、検索順位が上がり、訪問数が増えて欲しいからだと思います。それにより、ネットショップなら受注につながる、また企業でしたら会社や製品を知ってもらうということになります。
よりよいサイトになるには、内部のSEO対策は欠かせません。どんな内容を取り組んだらいいのかわからないという人には、まず人が来たくなるようなサイトにしましょう。
何度もサイトに来たくなる、何度も来るからブックマークにしとこうと思うようなサイトにするのです。それがうまくできているなと思うのが「@コスメ」というサイトです。女性向けのサイトですが、面白コンテンツとして毎日押せるスタンプカードがあります。またスロットなど、毎日来てポイントを貯めたくなるようなサイトです。一度参考にしてみてください。

SEO対策

記事内のリンクとSEOの関係

各記事へアクセスするための静的なテキストリンクを貼ることはSEO上効果的です。静的なテキストリンクとは、動的との対義語となる意味です。動的とは、ユーザー側のリクエストに応じてページの内容が変わることを指しています。

一方静的とは誰が読み込んでも同じ情報を表示することです。このため静的リンクは必ず表示されるリンクであるということです。グーグルの検索エンジンはリンクによる各ページへのスムーズな移動を、使いやすさやユーザビリティの高さとして判断しているのかもしれません。

このことから各ページへのリンクを貼るよう過去の記事をチェックし、全てのページに静的リンクを貼るならSEO効果で、検索結果の上位表示ができるかもしれません。

SEO業者の選び方

SEO業者の選び方なのですが、私のお勧め方法としましては、インターネットの口コミを参考にして、SEO業者を選んでいただきたいと思います。インターネットの口コミは、その業者の色んな部分が見えてきます。電話対応があまりよくない業者でしたり、対応とサービス内容があまり思わしくない業者などもインターネットの口コミによって、把握することができます。実際に私もSEO業者について、インターネットを利用して調べた事が何回かありました。その時にあまり評判がよくないSEO業者をいくつか見つける事ができました。SEO対策を行う際に、できる限り失敗しないようにする為には、インターネットなどの口コミなどを参考にして、慎重に選択する必要があります。

SEO対策でたとえばURLに拘ってみる

検索エンジンが混乱するWebサイトがあります。たとえばURLの表記には様々な種類があります。
http://www.○○○○.com
http://.○○○○.com
http://www.○○○○.com/index.html
http://.○○○○.com/index.html
上記のURLでは同じトップページが表示されますが、サーバーやファイルの設定によってURLの表記が変わってしまっています。
このように命名規則に統一性のないサイトでは検索エンジンが正しくトップページを認識することができず、いわゆる混乱が起こってしまいます。これでは被リンクの効果などは分散してしまいます。
統一性についてやSEOについては、サイト制作の段階からはじまっていることを忘れないようにデザイナーやプログラマと仕様をしっかり策定したいです。

検索エンジンとSEO業者の関係

検索結果上位表示のための業者、いわゆるSEO業者はたくさんいます。SEO業者の良く使われる文言には特定のキーワードで検索順位何位以内に必ずランクさせるといったものがあります。こうしたうたい文句を聞くと信頼感が増すかもしれませんが、理解しておきたいことが一つあります。

それは検索エンジンの結果はどの業者も検索エンジン会社と取引できるわけではないということです。もちろんグーグルの広告にお金を出せば広告枠に自分のサイトを表示できるかもしれませんが、純粋なキーワードによる検索結果は、グーグルのアルゴリズムが公開されていない以上、絶対の結果がだせる分けではありません。SEO対策業者は検索エンジンの特性を研究し予測はしていますが、仕組みを知っているわけではないのです。