SEO対策のためにサイトを改修する意味

SEO対策については諸説あります。もっとも広義に意味を表しているのが検索エンジンで検索上位に表示されることではないでしょうか。あるいはサイト内のコンテンツに興味のあユーザーをいかに集めることができるか、です。それを実現するための手法をあれこれ考えるのが、今現在のSEO対策です。その方法ですが、もっとも言われているのが「サイトの価値を上げる」というものです。具体的に言いますとサイトにあるコンテンツの質、ページの見た目をよくするコーディングの質、外部リンクの設置、サイトを見つけやすくするコピーライティングなどがそれに含まれます。日本ではSEO対策なくしては上位検索されないほどにSEOの重要性が上がっています。

アクセスアップにはSEO対策です

サイトのアクセスを増やしたい、サイトの検索順位を上げたい場合はSEO対策に取り組みましょう。SEO対策とは、検索エンジン対策の事を言います。各検索エンジンにはそれぞれ特徴があります。SEO対策は検索エンジンの特徴を把握し、サイト運営に反映させる行為です。

SEO対策には、外部対策と内部対策があり、内部対策はサイト内のユーザービリティの向上、外部対策は被リンクの獲得です。内部対策はサイトの見やすさ、使いやすさなどを自分で改善する行為です。外部対策の被リンクは、相互リンクやナチュラルリンクを自分のサイトに増やすよう努力する必要があります。

難しいのは外部対策です。外部対策は外からの評価が必要で基本、自分で操作出来ないからです。中には自分でリンクを増やす方法もあります。サテライトサイトです。メインサイトと関連するサイトを複数作り、相互リンクを増やすといった手法です。

アクセスアップを目指すならこういったSEO対策に取り組む必要があります。

SEO対策

SEOは辛いよ

寅さんみたいなタイトルになってしまいましたが、こんにちは。

さてさて、SEO対策もだいぶ進めてきてはいますが、だいぶ進行が手間取ってきました。
というのも、キーワードの選定であったり、リンクの見直し、各種タグの最適化など、やることがたくさん出てきて自宅に帰る暇もないです(苦笑い)。

なかなかホームページからのアクセスは増えないので、ちょっと本腰を入れないといけないなーとは思っています。

何せ作る時はかなりかっこいいホームページを作りましたが、いかんせんアクセス数が増えないと問い合わせや見積もりには繋がらないですからね。

ということで、今月はちょっと気合いを入れてホームページのテコ入れをしていこうと思っています!

相互リンクとSEO

SEO対策として効果の高い方法のひとつが「相互リンク」です。相互リンクとは、お互いのホームページでリンクをしあうことです。個人のホームページであれば、自分の興味があるサイトの管理者に連絡をして、相互リンクのお願いをするというのが一般的な方法となっています。

また、最近はブログサービスを利用している人が多いので、ブログ同士で相互リンクをするというのが大多数になっています。相互リンクには、被リンク数を増やすことでアクセス向上を狙うということと、お互いの読者が行き来する道を作ることでアクセスを向上させるという二つの側面があります。

相互リンクのお願いをする場合、コピペしたメールなどでお願いをする人もいますが、これはマナー違反とされています。

SEO対策の基本的な進め方

SEO対策で重要なキーワードを選ぶ際には、できるだけたくさんのアクセスが見込めそうなものを選びたくなります。特に「SEO」や「ダイエット」などのアクセスがたくさん見込める主要なキーワードは、主にビッグワードと言われたりします。逆にアクセスが見込みにくいものをスモールワードといいます。SEO対策では、できることならビッグワードを選びたいところですが、他のサイトとの競争率が非常に高いため、何の戦略もない場合には厳しいものがあります。このようなSEO対策でビッグワードを目指すためには、それなりの順序というものがあります。いきなりビッグワードを狙うのではなくて、ビッグワードに関連するスモールワードを狙っていくようにします。スモールワードに合わせたページ作りは、他のサイトとの競争率が低ければ低いほど、必要になる情報やページの量が少なくなります。ですが、アクセス数が少ないため、できるだけたくさんのスモールワードを狙っていくようにしていきます。このような調子で、次々にスモールワードに合わせてページを作っていくと、次第にビッグワードに関連する情報量が増えていきますので、ビッグワードでの検索結果でも上位表示されるようになるというわけです。