費用を考えてSEO対策に取り組むようにする

SEO対策をしようと考えている方が知っておかなくてはいけないことは、SEO対策に正解はないということです。

SEO対策はどれもが正解になりうる可能性を持っているものです。
ですので、しっかりと費用対効果を考えて取り組まなければいけません。

例えば、お金を出して専門業者に被リンクを大量に獲得してもらうことと、お金を出して大手のランキングサイトで専門分野の1位にしてもらうこと、SEOとしての効果はどちらが高いでしょうか。
SEO対策では自分が扱うテーマによって、合う対策と合わない対策というのは絶対に存在します。
自分のサイトに合わない対策を施したとしても、それは無駄な支出になってしまいます。
そうではなく、ある程度のSEO対策では必ず効果が出るものと考え、どの対策がもっとも自分にとってプラスになって返ってくるのかをしっかりと考えなくてはいけないのです。
つまり先の例であっても、どちらが効果が高いとは一概には言えないわけです。

SEO対策でお金を使うことは悪いことではありません。
費用対効果をしっかりと考え、自分のサイトにベストな選択をしましょう。

SEO対策

SEOセミナーの収穫は大きいものでした

私はネットショップを運営しています。しかし最近はとても売り上げが悪くてこまっていました。アクセス解析の結果、まずネットショップを訪れる人もすくない ということがわかりました。そこでネットショップ運営者のためのSEOセミナーに参加しました。
SEOセミナーで、SEOの重要性を知り、さっそく対策刷ることに決めました。いろいろな対策方法がありますが、私はまず、ページランクの高いページと被リンクをすることでアクセスをのばそうと思いました。またセミナーで知り合った他のネットショップ運営者の人たちともお互いに被リンクをしました。そうすることでいろんなところから自分のネットショップにとんできてもらいやすくなります。
SEOセミナーでの収穫は大きいものでした。

サイトを作ったらSEO対策は必須だ!

サイトを作るのは、甘くないのです。例えば、あなたが文房具を販売しており自分のサイトを立ち上げたとします。ところが、Googleで”文房具”というキーワードで検索すると、なんと4,430,000ものサイトがヒットします。さきほども申しましたとおり、この中で見てもらえるのはたったの20サイトだけです。その確立は0.00045%。

ただ、ウェブサイトをつくるだけではその他大勢の誰も来ないウェブサイトになってしまいます。

そこで、検索結果の上位に表示されるため、SEO対策が注目されています。

検索エンジンはランダムに掲載順位を決めているわけではなく、ある決められたルールで順位を決めています。つまり、そのルールにそってウェブサイトのページを作成すれば上位に掲載される可能性があるということです。

自作のブログでもSEO効果は認められます。

より多くの被リンクを獲得するために無料ブログの利用は常識ですが、
一般に利用できるものには数に限りがありますし、
中には利用規約の改訂などでリンクを貼れなくなるケースも出てきます。
かといってブログから送られるリンクは検索エンジンから
高い評価を得られるものですから逃したくはありません。
そこで自分でブログを作ってしまうことが手っ取り早いです。
ブログの維持にはドメイン費用とレンタルサーバー代がかかりますが、
それも工夫の仕方によってはかなり節約が可能です。
またブログについてもWordPressやMovableTypeなどが公開されていて、
最近のレンタルサーバーでは簡単に利用できる仕組みを
用意しているところも多いので技術的なハードルは低くなっています。
これが用意で出来れば更新の手軽さは享受出来つつ、
SEO効果の高い被リンク元を持ち続けることが出来ますから、
自作のブログを保有することはお勧めのSEO対策のひとつです。

SEO対策で銘記していたい重要な点

SEO対策はグーグルの検索エンジンの特性を調べることがメインです。そのためネットで調べると様々なSEO対策が紹介されており、ある方法は以前は効果があり、今は意味がなくなってしまった方法もたくさんあります。

つまり、このことは将来に関しても同じことが言え、今は効果的だとされているSEO方法も将来は何の意味もなくなってしまう可能性があるということです。そしてSEOのプロでも、今後どうなるか予測はできても断言することは誰にもいえません。

それでSEO対策として勧められている方法を取り入れる際にこの点を銘記しておきたいと思います。ただ、グーグルの検索エンジンの精度はユーザビリティ向上のために進歩しているという点は今後も変わらないようです。