個人で行うSEO対策には注意が必要

企業などのような大きな組織の場合、サイトの運営にかかる人数も多くなってきます。
アプリ開発をやっているような企業ならばなおさらで、そのサイト運営だけでも何人ものプロジェクトチームが出来てしまうほどです。
個人でサイト運営をしているのならば、こうした大きな組織を相手に戦っていくことは自殺行為としか言えません。

しかし、現実的な問題としてこうしたことに気づかずに、競合相手が多くて強いテーマでSEO対策を行っている人は非常に多いのです。
SEOで結果が出ない人の原因はここにあります。

では、こうした相手を避けるためにはどうすれば良いのかという話になりますが、競合相手が少なく、かつ多くのユーザーに注目されているキーワードで勝負をすれば良いのです。
例えば、SEO、という分野では競合相手が多くなりますが、被リンク、という同じSEOの中でも一つの分野に特化したテーマであるのならば、広範に手を広げている大手企業や大手サイトにも検索エンジンの掲載順位で勝てる可能性は極めて高くなります。

そのようなキーワードを知るためには、しっかりと日頃からそうしたワードの精査をしておかなくてはいけません。
そうした地道な努力が、SEO対策への一番の近道なのです。

SEO対策

ワードプレスのSEOに必須のプラグイン

ワードプレスがSEOに強いことは有名で、
Googleの開発責任者マット・カッツ氏も認めていますが、
そのワードプレスのSEOを更に強化するプラグインがあります。
「All in One SEO Pack」というプラグインです。
このプラグインを導入すると、投稿記事や固定ページ毎に
メタタイトル・メタディスクリプション・メタキーワードを簡単に設定でき、
全ての記事に関して簡易にSEO対策を施すことができます。
特に、メタタイトルとメタディスクリプションの2つは、
検索結果に表示される文字列になりますので、
適切なキーワードを適度に配置し、ユーザーの興味を引くことで、
見込み客のクリックを誘導できますので、
毎回設定するのは面倒ではありますが、必ず設定すべきだと思います。

SEO対策してアクセスアップしたい時欲しくなる商品といえば

SEO教材でしょう。SEO関連のサイトのサイドバーに貼られているSEO教材ですが、一回くらいは買ってみてもいいかなと思ってます。あまり期待はしていません。ただどういった商品なのかが気になるのです。ただでさえ掴みどころのないSEO対策の教材です。

怪しさ満点です。だけど購入して実践してみたら効果が現れないとも言い切れません。僕みたいな人って結構多いと思います。怪しかったり詐欺が怖くてイマイチSEO教材には手が出ないという人達です。

欲しいけど買うと損をしそうな臭いがプンプンしているSEO教材は本当にたくさんあります。だけど中には優秀なノウハウが詰まった教材もあるのではないでしょうか。一発でこういったSEO教材を購入できるのなら僕は買います。しかしそれは無理っぽいので今のところは様子見です。

SEOとSEMの違いについて

SEOとSEMは似た言葉であり、意味も似ています。SEOとは、ご存知の方も多いと思いますがSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化と翻訳することができ、一つのウェブサイトを検索エンジンで検索されやすくする行動などを指して使われます。

SEMもSerch Engineというところまでは同じですが、最後のMはMarketingを指しています。こちらは検索エンジンを主体としたマーケティングの手法のことを指して使われます。言い換えればサーチエンジンに頼ったマーケティングとも言えます。

つまりSEMを成功させるためにSEOは必要と言うことができます。自分のサイトを広報し、多くの集客を得て売り上げを得る上でSEMとSEOを追求していくことは大切だと言えます。

SEO対策にはオールドドメインが有効

SEO対策の一つに、オールドドメインを使用する方法があります。
このオールドドメインとは、以前に誰かが所有していたものの、何らかの理由で使用をやめたドメインのことです。
オールドドメインには、メリットが存在します。
通常、新しくドメインを取得してサイトを作成すると、検索結果の上位に表示されにくいものです。これはエイジングフィルタの影響によるもので、大体六ヶ月から八ヶ月ほど続きます。
このエイジングフィルタは、サイト運営者が検索結果を操作することに対する方策だといわれています。過去には、多数のサイトを作成した上に被リンクを貼りつけるなどの例があったからです。
しかし、オールドドメインを用いたサイトは、すでに一定の運営期間を持っています。さらに、被リンクの実績もあり、サイト内のキーワードやタグが検索エンジンに認知されています。ですから、エイジングフィルタの影響を回避できるのです。
また、そのオールドドメインで運営されていたサイトのいい面を引き継ぐこともできます。サイトの質が高かったり、たくさんのリンクが貼られていたりすれば、それだけ検索結果の上位に表示されやすくなります。
このように、オールドドメインはSEO対策に効果を発揮するのです。