googleアドセンス×資産記事が最強の理由

アドセンス広告でどれくらい稼げるかはアクセス数がすべてです。アドセンス広告は、クリック率1%、1クリック20円が相場です。たとえアクセス数が一日1000になってもアドセンス換算で一日200円。最初は微々たる収入にしかなりません。

しかし、「アドセンス広告×時間が経っても情報が古くならない記事」の組み合わせは、記事を投稿し続ければアクセスは増える一方、収入は伸びる一方で上限がない。メインテナンス不要というのが強い。最後には働かなくても生活できるくらいの収入になると思っています。

また、最初はどんなに熱心にサイト運営をしていても必ず飽きがきます。「アドセンス広告×時間が経っても情報が古くならない記事」のサイトは飽きて放置しても安定して稼ぎ続けることができます。あなたが寝ているときも遊んでいるときもアフィリエイトサイトがあなたのためにせっせと稼いでくれます。

寝ているときも遊んでいるときもと言いましたが、働いて得る収入と働かないで得られる収入はまったく性質が異なります。みうは権利収入の重要性を説く『パブロとブルーノの物語』という動画を見たことがあります。

参考:
Pablo&Bruno / パブロとブルーノの物語 – YouTube

『パブロとブルーノの物語』の動画を見て感銘を受けました。まさにアフィリエイトの収入が権利収入に当てはまると思いました。しかし、実際はASPから指図を受けたりメインテナンスが必要なことが分かりました。「アドセンス広告×時間が経っても情報が古くならない記事」を組み合わせることで、正真正銘の権利収入を実現することができます。

アドセンス広告のいいところはコンバージョン率を考えなくていいことです。はっきり言うと、読む価値がない記事のほうが稼げます。クソ記事だったらその分ユーザーはアドセンス広告に興味が移ってクリックしてくれるからです。