アフィリエイトはコタツ記事でも稼げる

コタツ記事というのはネット上にある記事をリライトしたり組み合わせてまとめただけのお手軽記事のことです。取材を行わずコタツに入ったまま書ける記事という意味でコタツ記事と呼ばれています。アフィリエイトサイトにコタツ記事を載せることはどうなのか。みうの見解を書きます。

コタツ記事と対極の意見に「外に出て取材しろ」とか「自分の足で稼げ」とかという話を聞くことがあります。具体的に自分の足で稼ぐとは何をすればいいのか、誰に何を取材すればいいのか想像できますか?

ブロガーは分かりやすいですね。人気ブロガーのバズっている記事を読むことで何をすればウケるのか分かります。 外に出てオモシロ体験をしてそのことを記事にする。100%オリジナル記事です。読んでいても面白い。体を張った体験記事に勝るものはありません。

参考:
【検証】渋谷ハチ公前でフリーハグではなくフリービンタをすると愛は生まれるのか | 八木仁平オフィシャルブログ

インターネットに疲れたから、スマホを置いて一人旅に出てみた | i:Engineer(アイエンジニア)|パーソルテクノロジースタッフのエンジニア派遣

もう一例挙げると、同じSEO対策をテーマにした記事でも「SEO対策とは何か?」で始まる一般的なSEO対策についての解説記事より、「ちまたでSEO効果があると言われている〇〇という手法を検証しました。驚くべき事実が明らかになりました!」 という記事のほうが読みたくなりますよね。

SEO対策に強い記事=人に読まれる記事=体験記事はイコールでつながりやすい。

あるキーワードについての一般的な説明はネット上にあふれていますし、すでに知っている人にとっては読む価値がない。しかし、そのキーワードをテーマにした体験記事は、その記事でしか得られないノウハウもふんだんに含まれていることが多いため貴重です。 今は滞在時間もSEOに考慮されているので、よく人に読まれる記事ほどSEOに強くなります。

参考までに下記のみうのツイートはたくさんの「リツイート」や「いいね」を集めることができました。

一見推測でつぶやいているように見えますが、体験に基づいた推測です。

みうはアフィリエイトの難しさを体験しているから「100人がアフィリエイトを始めたら成功する人が1人、あきらめる人が99人と予想」とつぶやきました。また、アフィリエイトの成功話ばかりがネットにあふれているというくだりも実際に検索をかけてみれば事実です。そこから「成功した人だけがブログで月100万円稼いだとか自慢する。あきらめた人はブログは書かない。」と推測しました。

みうのツイートがバズった原因は、多くの人が図星だと思ったのでしょう。体験に基づいた推測は共感されやすい。

しかし、体験記事には欠点があります。時間がかかります。すでに過去に体験したこと書く分にはいいのですが、体験記事を書くためにあらゆることを体験していては効率が悪い。そこでコタツ記事を書くメリットが出てきます。

コタツ記事とはネットで収集した情報を元にして書く記事のことです。みうがアフィリエイトサイトを作るのならコタツ記事を書きます。

実際、クレジットカードの読みものというサイトは、月1000万円稼いでいるそうですが記事を見る限り外に出て取材はしていない。ほとんどネットで得た情報と本や雑誌を元に記事を書いていると思われます。クレジットカードについては消費者が求めている情報はすべてネットで得られます。

クレジットカードをテーマにしたサイトを作る場合は、外に出て取材する必要がないんですね。消費者金融や株式投資、FX、保険のサイトもそうだと思います。しかし、「育毛剤」や「脱毛」のアフィリエイトサイトだと事情が変わります。公式サイトに載っている情報を要約したサイトよりも、体験談を載せているサイトのほうが魅力的です。

結論を言うと、体験記事を書くべしという意見は正論ですが、すべてのジャンルに当てはまるわけではなく、コタツ記事を否定できるものではありません。稼ぐのなら効率も考えないといけません。みうはコタツ記事もありだと思います。

参考:
体験談に勝るものなし?!コタツ記事の是非