SEO対策を考えるとサイトのテーマは一つが理想です

SEO対策を考えてサイト運営する場合、テーマは絞ったほうが良いでしょう。ゲームのブログを見に来た訪問者が、ダイエットを記事をみたらどうなるでしょうか。恐らくすぐに違うサイトに行くと思います。同じテーマで記事を書き続けると訪問者の層は固定されますが、リピート率は上がります。このテーマならこのサイトにしようと訪問者が感じやすくなるからです。

ネットユーザーだけではなく、検索エンジン側もサイトの専門性が高いサイトを好みます。SEO対策に力を入れているサイトの多くは、サイトテーマが絞られています。疑問に思う方はいろんなサイトをチェックしてみましょう。自分で確認してみるとよくわかります。検索エンジン、ネットユーザーに好まれるサイト作りがSEO対策の基本です。

だからサイトを作る時、記事を作る時はテーマを絞りましょう。

SEO対策

ブログでのSEO対策はもう古い?

SEO対策としてPing送信をして、どこかのページに「新着記事」として紹介されるのですが、一体どのぐらいの人が、マメにチェックしているのでしょうか。

私自体が投稿しておきながらチェックしていないので、他の人もしていないだろうと思ってしまうのですが、チェックしている人はそれなりに結構チェックしているのでしょうか?

検索すると言うのは、ブログチェックより格段に利用している人は多いと思うのですが、そのようなデータを見た事がないので分かりませんが、一時期よりは減っているのではないでしょうか。

今ではブログよりTwitterの方が利用者が多そうだし、新しい都知事だって「Twitterを使え」と言っているぐらいですから、ブログでSEO対策だ!とか騒いても、もう古い時代のシステムになってしまうのでしょうかね。

SEO対策にコーディングの見直しが必要です

私はネットショップを運営しています。しかし、アクセスが伸び悩み、結果として売り上げもよくない状況でした。ネットショップはアクセスされてナンボですので、少しでも検索エンジンで上位になって、訪れてもらう必要があります。
そこで、SEO対策をすることに決めました。といっても売り上げが落ち込んでいる今、そんなにお金をかけることはできませんでした。そこで、簡単にできることからはじめることに決めました。
私はまずコーディングの見直しをしました。タグの閉じ忘れなどエラーの多いページだと、それだけSEO上よくありません。そこでFirefoxを使ってコーディングを見直していきました。そしてエラーが1つもないページにすることができました。それから、少しずつアクセスが増えていきました。

イラストサイトの運営に欠かせないSEO

漫画家やイラストレーターとしてデビューすることを考えているなら、自分の作品を多くの人に見てもらうためにもウェブサイトを運営しておくとよいでしょう。作品を見てもらうことで話題になれば、出版社などから作品の依頼が来ることも期待できるからです。
その際には、SEOを考慮したウェブサイトを作ることが重要です。実はSEOを考慮していないウェブサイトでは検索サイトで上位に表示されることが難しいため、見に来てくれる人も少なくなってしまうのです。多くの人に見てもらうことでネット上で話題になりますから、SEOは必ず考慮してサイトを構成してください。
またウェブサイトでSEOを重視することで、閲覧者にとって見やすいサイトになることも期待できます。アクセスが増えるだけでなく、利用しやすいサイトにするためにもSEOは役立ってくれるのです。

サイトマップはSEO対策に有効

検索エンジンを最適化する(SEO対策)は検索順位を上昇させます。

SEOで重要なのは、コンテンツとhtmlのソースです。

この2つを重視して行うようにしましょう。

そして、htmlの文法は実際に検索エンジンロボットが読みます。

人間が文字を読む感覚とは少し違い、単語を主に抽出して読み出します。

なので、キーワードが重要視されるのです。

そこで重要になってくるのがサイトマップの存在です。

サイトマップがあるサイトと無いサイトでは検索エンジンがサイトを評価するにあたって、読みづらくなるのです。

そのサイトがどこで繋がっていて、どういうコンテンツかをすばやく読ませる為にも
サイトに訪問したユーザーの為にも
必ずサイトマップを設置したほうが良いでしょう。