被リンクの始まり

最終更新日:2017/09/23

 

このサイトは、ペナルティを避けながらSEO効果が出る被リンクを付けるためにはどうすればいいのか。被リンク対策の最新事情をみう独自の見解を交えながら説明するサイトです。

 

【トップページ】では被リンクの基本的な知識と被リンクの必要性について解説しています。

 

サイドメニューの

・【メインコンテンツ】はぜひ読んでもらいたい重要なページ

・【サブコンテンツ】はヒマだったら読んでほしいぺージ

として分類しました。

 


 

【目次】 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

被リンクとは


一般的に「被リンク」とは「他サイトから貼られたリンク」のことを言います。

それでは「被リンク」と「リンク」の違いは何か?詳しく説明します。


 

リンクの定義について

 

リンクには2種類の分け方があります。

 

一つはリンクする「発リンク」とリンクされる「被リンク」です。

 

例えて言うと「殴る」と「殴られる」の違いです。どちらもやっていることは同じですが、加害者の視点から見れば「殴る」で被害者の視点から見れば「殴られる」になります。

 

2つ目の分け方は、同じドメインからリンクする(またはリンクされる)内部リンクと別ドメインからリンクする(またはリンクされる)外部リンクがあります。

 

 「被リンク」には、広い意味では同じドメインからリンクされることも含まれますが、一般的には別ドメインから受けるリンクを指します。

 


 

被リンクについては分かった!それで?

 

本格的に被リンクについて説明する前に、まずは初めてサイトを作った人が最初に突きあたる壁から入ります。

 


 

アクセスがない!どうすればいいの?

 

初めてサイトを作った人が最初に突きあたる壁は、ずばりアクセスがない。

 

サイトを作っても誰も見に来なければこの世に存在しないに等しい。せっかくサイトを作ったのならたくさんの人に見てもらいたいですよね。そのためにはどうすればいいか?

インターネットで何か特定の情報を調べたいとき、たいていの人はyahooまたはgoogleから検索キーワードを打ち込んで目的のページを探し出すということをします。特にこだわりがなければ、ユーザーは検索結果の上から順番に表示されているページへアクセスします。

ということは、自分のサイトが検索結果のなるべく上のほうに表示されていれば、たくさんの人があなたのサイトに訪問してくれる!ということは容易に想像が付きますよね。実際に上位表示されているサイトほどアクセス数が多いことは、これまでたくさん方が言及していますし、それを裏付けるデータもあります。

 

参考:


参考:
【2017】検索順位別のクリック率データでわかるSEO対策

自分のサイトを意図的に検索上位に表示させるためのテクニックを「SEO対策」と言ったりします。SEO対策の中で被リンクはとても重要なものです。
 

 

被リンクを付けると順位が上がる!?

 

「被リンクを付けると検索順位が上がる」という話は聞いたことはありませんか?これは本当です。

 

検索順位を決めるために行われる計算を『アルゴリズム』と言いますが、実は検索順位を決める要因は200以上あります。その中で被リンクは検索順位を決める大きな要因になっています。

 

うま〜く被リンクを味方に付ければあなたのサイトの順位が上がります。順位が上がればアクセス数が増えます。商用サイトを運営していれば売上が上がるためハッピーになれます。


 

なぜ被リンクを付けると順位が上がるのか?

 

そもそも何で被リンクを付けたら順位が上がるの?と疑問に思ったあなたは鋭いでしょう。

 

被リンクが多いサイトほど検索順位が上がりやすいことは、少しでもSEO対策をかじったことがある人にはよく知られている話です。それでは改めてなぜgoogleは被リンクを重視するのでしょうか。

 

被リンクを検索順位を決める要因として評価する発想は論文から来ています。「よく引用される論文は良い論文」から転じて「よくリンクされているサイトは良いサイト」という風にgoogleは解釈します。

 

事実、人は「この記事は役に立つ」「興味深い話だ」「悲しい」「驚いた」「けしからん!」「このコンテンツは面白い」など心が動いたときに、そのページを他の人にも広めるために被リンクを付けて紹介します。

 

良くも悪くも被リンクが多いサイトほど世間から注目されているサイトだとgoogleは認識します。そのため被リンクが多いサイトほど検索順位が上がりやすくなっているんですね。

 

※被リンクを評価に加える前の検索エンジンは、webページにたくさんキーワードを入れておけば、それだけで上位表示できました。例えば、このページは「被リンク」で上位表示させたいので、被リンク、被リンク、被リンクとwebページに連呼して記述します。これで上位表示されました。これだとスパムし放題になるため、googleは被リンクを評価対象に加えました。

 

参考:

 


 

一筋縄ではいかない被リンク対策

 

どんな被リンクでも必ず順位が上がるわけではありません。

 

同じように被リンクを付けてもサイトによって順位が上がることもあれば下がることもあります。どちらに転ぶかは内部の強さ次第です。実際に順位が上がるか下がるかは被リンクを付けてみないと分かりません。

 

また、下手な被リンクを付けるとペナルティを受けて順位が下がることもあるため注意が必要です。このペナルティはやっかいな存在です。googleがアルゴリズムを変えることで昨日まで効果的だった被リンクが今日からペナルティの原因になることもあります。

 

どういう風にアルゴリズムを変えるのかはそのときになってみないと分かりません。運よく順位が上がることもありますが、下がることもあります。下がったらそのつど修正していかなければいけません。

 

ここらへんが被リンク対策の難しいところであります。

 


サイドメニューの紹介

 

【メインコンテンツ】

 

被リンクとドメイン分散・IP分散

ひとくちに被リンクは多いほど良いというわけではありません。その理由とは?

 

被リンクと内部の関係

被リンクを効かせるためには内部の強化が必要。内部とは?内部を強くするためには?

 

被リンクを得る方法

さまざまなタイプの被リンクを紹介。被リンクはSEO効果とペナルティリスクの有無が非常に重要です。

 

 ・被リンクの付け方

アンカーテキストの分散やディープリンクなど被リンクの付け方にも気を配る必要があります。

 

被リンク対策とペナルティの歴史

どのような被リンクを付けるとペナルティを受けるのか?自演リンクを付けるのなら絶対に知っておくべきです。

 

サテライトブログ運営ノウハウ

被リンクのSEO効果を高めたり作業効率を上げるなどサテライトブログ運営ノウハウの紹介。

 

無料ブログのススメ

無料ブログは削除終了不具合が発生したりnofollowが付くブログもあります。それでも無料で使えるメリットが勝ります。

 

SEOに強いはてなブログを使おう

はてなブログはSEOに強いが削除に厳しい。うまいリスクヘッジの方法を教えます。

 

その他被リンクに関する重要事項

その他と書いてますが重要なことを書いているので目を通してください。

 

 

【サブコンテンツ】

 

被リンクのSEO効果は将来なくなる?

結論を言うと被リンクのSEO効果は将来なくなることはない。なぜか?

 

自演リンクはやったほうがいい
自演リンクはペナルティと紙一重。それでも自演リンクはやったほうがいい理由とは?

 

逆SEO対策は効かないことが多い

ライバルサイトにペナルティの原因になる被リンクを付けることで検索順位を下げる手法を逆SEO対策と言いますが、逆SEO対策は狙っても効かないことが多い。その理由とは?

 

無料ブログ VS 中古ドメイン&IP分散サーバー
中古ドメイン&IP分散サーバーはランニングコストがかかることにネックです。ネットビジネスは変化が激しいことも考えると無料ブログに軍配が上がります。

 

自演リンク否定派と自演リンク肯定派で討論させてみた

自演リンク否定派と自演リンク肯定派の討論の行く末は?

 

いまどきのSEO対策.comのサテライトブログ昔話
かつて「SEO対策」1位を取ったこともあるいまどきのSEO対策.comの栄光と転落の原因とは?

 


 

被リンク関連ページの紹介


当サイト『SEO対策に効く!被リンク最新事情〜ペナルティを避けつつ被リンクを効かせるやり方〜』は、もともとは『SEO対策に効くリンク』と『SEO対策に効くサテライトブログ 』に掲載していた被リンクに関するコンテンツを抜き出して1つにまとめたサイトです。

『SEO対策に効くリンク』では、「内部リンク&被リンク」「外部リンク&発リンク」「内部リンク&発リンク」について解説しています。

『SEO対策に効くサテライトブログ』ではメインサイトのPRをするためのサテライトブログ運営論について解説しています。

被リンクと関連性が高い上記コンテンツもぜひお読みください。

 

Image by web*citron Designed by klee