被リンクのSEO効果は将来なくなる?

最終更新日:2017/09/26

 

被リンクのSEO効果が小さくなっている


昔は上位表示したいキーワードで被リンクを付ければ面白いように順位は上がっていました。今はそうはいかなくなっています。その例として「18歳未満」を挙げることができます。

「18歳未満」で検索すると、以前はYahoo! JAPANのサイトが1位表示されていました。これは多くのアダルトサイトや同人サイトの年齢確認のページに「18歳未満」でyahooへリンクしていたことが原因です(なぜそのような慣習があるのかは不明)。SEO業者はこのことを被リンクにSEO効果がある根拠して挙げていました。

参考:
Googleで「出口」や「いいえ」と打つとYahooトップに飛ぶ→それにはまさかの理由があった!

今は「18歳未満」で検索してもyahooは上位表示されていません。特定のキーワードで被リンクを付けても、リンク先ページにそのキーワードが使われていなければ上位表示できないようになりました。

 

「デスブログ」では、まだタレントの東原亜希さんのブログがヒットしますがね。

東原亜希さんがブログで紹介したモノや人に次々と災難が降りかかることから、巷で東原亜希さんのブログは「デスブログ」と呼ばれています、しかし、東原亜希さんのブログにはデスブログという言葉は使われていません。誰かが「デスブログ」で東原亜希さんのブログにリンクしていると思われます。あるいはタイトルタグに「デスブログ」が入っているページからリンクを受けている可能性があります。

いずれにしても今は内部の配点が大きくなっています。内部をがっちりキーワードに最適化したうえで被リンクを付けなければ思うように順位は上がっていきません。

参考: 

 


 

被リンクの将来性

 

「先ほど被リンクのSEO効果が小さくなっていると言いました。さらに一歩進んで被リンクのSEO効果は将来なくなる」と言う人もいます。どうなんでしょうか?

 

結論から言うと、被リンクのSEO効果はなくなりません。

 

コンピューターは絵が実物にどれだけ近いかを評価することができますが、ピカソのような抽象的な絵を評価することはできません。

同じようにgoogleはwebページだけを見てどれだけ優れているか人と同じように判断することはできません。googleはテキスト量やキーワードの出現率、共起語の含有率、更新履歴などを数値化して評価することはできます(詳しいことはSEO対策に効くライティング参照)が、それらの指標には当てはまらない魅力的なコンテンツを評価することができません。

 
そのためgoogleは被リンクを評価に加えています。注目に値するwebページはリンクして紹介されるからです。すなわち被リンクが多いwebページは人が見て素晴らしいコンテンツであることの証明になります。だからgoogleが将来被リンクを評価から外すことは考えられないんですね。

 

※googleが高評価する記事に「オリジナリティが高い記事」と「共起語がたくさん含まれている記事」があります。この二つは矛盾します。共起語がたくさん含まれている記事は似通ってくるためオリジナリティが低くなります。共起語はほとんど含まれていないけれどオリジナリティが高い優れた記事をgoogleはどうやって評価するか。やはり被リンクに行きつきます。

 

しかし、被リンクのSEO効果は昔と比べると小さくなっていることは事実です。代わりに流行り出したのが『コンテンツSEO』です。コンテンツSEOとは、コンテンツを充実させるのがもっとも効果的なSEO対策だという主張です。

 

みうは自分のサイトは被リンクを付けながらコンテンツにも力を入れていますが、コンテンツSEOだけをやっても上位表示はできないと思います。コンテンツSEOだけで上位表示できるキーワードは、難易度が低いキーワードだけです。

難易度が高いキーワードで上位表示を望むのなら絶対に被リンクは必要です。記事を投稿するだけでナチュラルリンクが付くサイトなら難易度が高いキーワードでも上位表示は可能ですが、ナチュラルリンクが付くサイトを作るのがとても難しいのでほとんどのサイトは自演リンクに頼らざるをえないと思っています。

 

参考:

 


 

googleの被リンクについての公式見解

グーグルのジョン・ミューラー氏が被リンクについて回答したので紹介します。
バックリンクはゼロだけれど、すばらしいユーザー体験を提供しているサイトが検索1位を取ることは可能ですか?

理論的には可能だが、実際にはおそらくかなり難しいだろう。特に競争が激しい環境で、みんなに勧められるようなすばらしいコンテンツを多くの人がすでに提供しているのならば、なおさらだ。可能だが簡単ではないだろう。

引用元:被リンクなしで検索結果1位を取ることは可能か? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

みうの公式見解では、難易度が低いキーワードなら被リンクがなくても上位表示は可能だと思います。しかし、ある程度難易度が高いキーワードになると被リンクなしでは上位表示は不可能だと思います。ジョン・ミューラー氏の見解とまったく同じになってしまって申し訳ない。



【前のページ】その他被リンクに関する重要事項

【このページ】被リンクのSEO効果は将来なくなる?

【次のページ】自演リンクはやったほうがいい



PR:被リンクのSEO効果が将来なくならない理由は、被リンク以外の評価指標に当てはまらない価値あるコンテンツは、被リンクで評価する以外にないから。

Image by web*citron Designed by klee