無料ブログのススメ

最終更新日:2017/08/17

 

無料ブログのメリットとデメリット

 

無料ブログはその名の通り無料で使えます。これが最大のメリットになります。もう一つのメリットは無料ブログ開設時からも長く運用されているドメインを使うことができることです。SEO対策に有利ですし、サテライトブログとして使う際もSEO効果が高い。

 

デメリットはささいなことでブログが削除されることがあります。中小の無料ブログは終了になることがあります。重くて表示されないなど何らかの不具合が長く続くこともあります。 

 


SEO対策は長い目で見る必要があるのでランニングコストがかからない無料ブログがベスト


被リンクを付けて順位が上がる余地があるサイトは、被リンクを付けた当日に順位が上がります。被リンクを付けて順位が上がる余地がないサイトは、被リンクを付けても変化がないか順位が下がります。でもその後もしぶとく更新を続けてることで内部が強くなると半年後ポッと上がることがあります。あきらめる必要はない。参考:被リンクと内部の関係

結局、被リンクを付けてもいつ上がるのかは分からない。そのとき上がらなくても長い目で見る必要があります。ということを考えるとランニングコストがかかるSEOサービスは避けたほうがいいと思っています。みうは順位が上がってないのに毎月金を払い続けることはできません。

被リンクを付けるのならランニングコストがかからない無料ブログがベストです。たまに無料ブログは削除されたり終了になるからダメだと批判する記事を見かけますが、だからといって他にもっといい方法がない。もっといい代替策があるのなら、とっくの昔にみうは別のことをやっています。

 


 

大手無料ブログの削除リスク一覧

 

みうは長年無料ブログを使った被リンクサービスを営んでいるため、削除されやすい無料ブログ、そうでない無料ブログを把握しています。大手日本語ブログの削除リスクについてまとめました。

■削除されやすいブログ。削除リスクが高い順番に並べると
gooブログ>ライブドアブログ>>>hatenaブログ>アメーバブログ=エキサイトブログ=ウェブリブログ

※ライブドアブログは昔は甘かったが、今は削除に厳しくなっています。

■削除されることがあるブログ
・ワープレスcom:通常削除されないが、1ページ当たりの発リンクが多いと削除される。
・seesaa:通常削除されないが、通報で削除される。
・FC2:通常削除されないが、うさん臭い広告を貼っていたり、濡れ衣ような理由で削除されることがある。
・忍者ブログ:通常削除されないが、1アカウントでたくさんのブログを被リンク対策に使っていると削除される。

■削除されないブログ
blogger、xdomain、wpblog、sitemix、楽天ブログ、ココログ、Jimdo、WIX

※ワードプレスをインストールできる無料レンタルサーバー、ブログ機能を備えている簡単ホームページを含む。
※みうの偏見が入っている可能性がありますし、将来事情が変わる可能性があります。

 

参考:



 

削除に厳しい無料ブログでも削除されないコツ

 

悩ましいことに削除に厳しいブログほどSEO効果が高く、削除に甘いブログほどSEO効果が低いんですね。

 

削除されないブログは一見良さそうに見えますが、削除されないということはスパムブログを放置していることになるのでドメインの評価が低い。そのようなブログはSEO効果が小さい。削除に厳しいブログほどSEOに強い傾向があります。スパムブログを削除しているのでドメインの評価が高いんですね。特にはてなブログはSEOに強い(参考:SEOに強いはてなブログを使おう)。だから削除に厳しいブログを削除されないように使うメリットが出てきます。

 

みうは削除に厳しいブログも削除に甘いブログも、どちらともサテライトブログに使っています。手間と効果との兼ね合いから、削除に厳しいけれどSEO対策が高いブログは削除されない程度にコンテンツに力を入れて、リンクする必然性がある記事から自然な感じでメインサイトへリンクしています。削除に甘いけどSEO効果が低いブログはランサーズの記事をそのまま投稿し記事下からリンクしています。


みうは昔ワードプレスのマルチ機能を使ってブログサービスを立ち上げたことがあります。この経験から無料ブログサービスの管理者はどのようにしてブログを削除しているのか推測することができます。ユーザーがブログを開設すると管理者のダッシュボートにブログの「作成日時」と「最終更新日時」が一覧で表示されます。記事を投稿したり編集すると「最終更新日時」が更新され、一覧の上に表示されるので目立ちます。削除に厳しいブログはここで管理者のチェックが入ると思われます。しかし、どの記事を編集したかまで表示されない。

ここからどうすれば被リンク目的にブログを使ってもブログが削除されないかと考えると最初にリンクなしの記事を投稿します。数日後で再びリンクなしの記事を投稿すると同時にすでに投稿した記事を編集してリンクを入れます。このときmoreタグを入れてブログのトップからリンクが見えないようにします。「最終更新日時」が更新されるので管理者のチェックが入りますが管理者は最新記事だけチェックして、過去に投稿した記事にリンクを入れたことは見落とす可能性が高いと思われます。

その他ブログが削除されない方法を考えたので紹介します。
・引用という形で発リンクする必然性がある記事を投稿する。
・多数のリンクなしの投稿記事の中にリンク付きの投稿記事を紛れ込ませる。
・画像の中にリンクを仕込む。
・パッと見てリンクだと分からないようにする。リンクの下線を消してテキストと同じ色にします。
タグの例:<A style=”text-decoration:none;” target=”_blank” href=”http://〜/”><font color=#000000>テキスト</font></A>

もう一点、削除されやすいブログを使う際に注意すべきことがあります。同じブログサービスを同じ日に大量に作らないようにしてください。また、同じブログサービスでブログを大量に作成している場合は、同じ日に一気に更新しないようにしてください。それをやると目立つので削除管理人の目に止まり、目視が入って削除されやすくなります。

参考:

はてなブログが凍結された体験レポート(SEOコラム)|おもしろサッカーSEO対策!

 


 

スパム以外でブログを削除される原因

 

ブログが削除される原因は、削除管理人からスパムブログだと判断されて削除されることが多いですが、それ以外でも削除される原因があります。

 

知っている限りでは
・1か月にアクセス数が10未満なら削除(000webhost)
・新規ブログは1週間投稿がなければ削除(bloguru)

 


 

大手無料ブログのnofollow付きブログ一覧

 

みうは無料ブログを借りるときに必ずリンクにnofollowが付いていないかチェックしています。nofollowが付いているブログは使いません。被リンクのSEO効果がないからです。そこでnofollow付いている無料ブログについてまとめました。

■nofollowが付く無料ブログ
Yahoo!ブログ、JUGEMブログ、yaplog、teacupブログ、Webnode

■サイドバーのリンクにnofollowが付く無料ブログ(記事からのリンクはnofollowなし)
gooブログ、アメーバブログ
(アメーバブログはフリースペースからのリンクにはnofollowは付かない)

なぜ無料ブログの運営者はnofollowを付けるのか。ユーザーが発リンクしたあとリンク切れを放置することでドメインの評価が下がることを避けるための措置だと思っています。注意したいことは、今はnofollowは付いていないけどあとからこっそりnofollowを付けられることもあります。自分が使っている無料ブログにnofollowが付いていないかどうか1年に一回ぐらいは確認したほうがいいでしょう。

 


 

無料レンタルサーバーのススメ


無料レンタルサーバーをサテライトサイトに使ってもいいでしょう。無料に勝るものはありません。

みうは2004年ごろに初めて無料レンタルサーバーを借りてサイトを作りました。その当時よりも無料レンタルサーバーは少なくなっています。しかし、改めて無料レンタルサーバーは大量のサテライトサイトを運営することに適しています。FTPアップロードさえできれば、1つのホームページ作成ソフトで一括管理できるからです(無料ブログはログイン後の仕様がそのつど異なるので覚えるのが大変です)。

みうが作成したサテライトサイトの更新はすべて従業員にさせています。webの知識がない人でもホームページ作成ソフトの中の追記と保存とFTPアップロードの仕方さえ覚えれば、大量のサテライトサイトを更新することができます。

ただし、無料レンタルサーバーには以下の欠点があります。
・無料ブログと同様に削除・終了・不具合が発生するリスクがあります。
・最初にホームぺージ作成ソフトやFTPアップロードの使い方を覚えなければいけない。
・海外の無料レンタルサーバーはほとんどどこかの再販なのでIPが同じ。同一IPのサーバーから大量にサテライトサイトを作ってもSEO効果がない。
・中小の無料レンタルサーバーは審査制です。申し込み時にどのようなサイトを作るのか説明を添えないといけません。審査に通らないとアカウントは発行されないので、サテライトサイト作成に向いていない。

それでも無料レンタルサーバーの無料で使うことができるメリットが勝ると思います。



【前のページ】サテライトブログ運営ノウハウ

【このページ】無料ブログのススメ

【次のページ】SEOに強いはてなブログを使おう



PR:被リンク対策に無料ブログは必須。無料ブログのメリットとデメリットを理解して賢く使いこなしましょう。

Image by web*citron Designed by klee